火野正平の“にっぽん縦断 こころ旅” 2015年3月28日放送回

放送日 2015年3月28日(土) 2:10~ 3:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:10~

池田綾子が過去の放送などを背景に「こころたび」を歌った。

「こころたび」の生演奏などについてトークした。

オープニング映像。

キーワード
こころたび

春の旅 直前スペシャル (バラエティ/情報)
02:14~

145日目・高知県の桂浜の様子を紹介。

320日目・京都府の八丁浜の様子を紹介。

221日目 ・三重県の熊野灘、七里御浜の様子を紹介。火野はこの砂利がひいていく音がいいと話した。

リスナーからのお便りを紹介しつつ、1日目・京都府で撮影したミツバチの音など紹介した。

リスナーからのお便りを紹介しつつ、85日目・埼玉県で撮影したヒバリの音など紹介した。

リスナーからのお便りを紹介しつつ、240日目・長野県で撮影した居谷里湿原の音など紹介した。

音そのものが「こころの風景」。リスナーからのお便りを紹介しつつ、313日目・滋賀県の琵琶湖の様子を紹介。

リスナーからのお便りを紹介しつつ、381日目・福岡県で撮影したオートレース場の様子など紹介した。

リスナーからのお便りを紹介しつつ、384日目・福岡県で撮影した埴安神社の様子など紹介した。

322日目、福井県で偶然出会った“音”。小学校の体育館から聞こえてきた子供達の合唱の歌声。視聴者「いっこさん女性71歳」の、無邪気で大きな歌声が懐かしく心が洗われたとのコメントがテロップで紹介された。

238日目、長野県。下校時の小学生からチャランチャランと鈴の“音”が聞こえる。声をかけ質問してみたら「熊よけの鈴の音」であった。

ディレクターが今回は音をテーマに番組をつくっていくと説明した。過去の放送など番組についてトークした。音で印象に残っていることを聞くと、火野さんは海岸の砂浜と砂利浜では音が違うことに驚いたことがあったと話した。まずは過去のに行った海の音を聞いてみる。

砂浜と砂利浜の音の違いについてトークした。今回はラジオの収録スタジオなので視聴者のことをリスナー呼び、海にまつわるアンケートを取ったと話した。

紹介した自然の中の動物などの音についてトークした。番組へ届いたリスナーの声を紹介した。

パイプを通してお賽銭を入れる賽銭箱の“音について、飯塚オートのバイクや観衆の“音”について、琵琶湖の水面の“音”について、新幹線が通過する際の“音”についてなど、番組で訪ねた場所や火野自身の思い出の場所の「音の風景」を回顧し語った。

322日目「合唱の歌声」と、238日目「小学生の熊よけの鈴音」について、スタジオで回顧し語った。番組制作サイドとは違う視点で視聴者は番組を見ていると感想を述べた。361日目大阪府「街中の話し声」が何気ない音の例として流れた。録音スタッフの仕事振りに感心していると語った。

火野が食事をする場面、ナポリタンスパゲッティをすすり「むせる音」が出るのはお約束で、視聴者の「ゆきさん女性45歳」はいつも笑ってしまいますとコメントを寄せていて紹介された。同じく「ココアさん女性62歳」のお決まりのゴホゴホという音が面白い。とのコメントも紹介された。

番組の技術スタッフで録音部の“ベッツ”こと 「定別誉 公理」さんが、番組で使用している録音機材を一式用意し持参して登場。機材の説明と、撮影現場での録音時のエピソードやコツ等を紹介。視聴者の「おおたにひろしさん男性52歳」が下り坂に自転車の音が楽しくて20年ぶりに自転車を買ったとのコメントを紹介。同じく「杉江典子さん女性54歳」の走行時の自転車の車輪の音が好き、一緒に走っている感覚になる。「ゆきぱんさん女性43歳」車輪が青葉や落ち葉を踏みながら快走する音は、普段なら聞き逃してしまいそうな音を感じさせてくれる番組、「御田村智広さん男性41歳」上り坂に差し掛かった時のギアチェンジの音にこれから坂を登る覚悟が感じられる、「みきちゃんさん52歳」狙った音を見事に捉え情景に奥行きを添えている、自然の音日差しの音まで聞こえた時もある。などのコメントを紹介。日々頑張っているかいがある、と録音スタッフが寄せられたコメントに感謝した。

録音部の“ベッツ”こと 「定別誉 公理」さんが、個人的に印章に残っている“音のシーンは”の問に、83日目の千葉印旛沼で大学生が底生生物を採っている場面を挙げた。大学生が研究用に生き物を採取していた所に通りがかった。

録音部の“ベッツ”こと 「定別誉 公理」さんが、番組での音の拾い方に試行錯誤していた時期に、、印旛沼の時に撮った音がヒントとなり、ああこうやって撮ればいいんだと気づかせてくれた回であることを説明した。

キーワード
高知県
京都府
三重県
滋賀県
福岡県
桂浜(高知)
桂浜
八丁浜
七里御浜
熊野灘
ミツバチ
埼玉県
雲雀
長野県
居谷里湿原
利島一郎
琵琶湖
海津浜
福井県
千葉
千葉県
印旛沼

スタジオライブ (演技/演奏)
02:46~

心のふるさとが演奏された。

春の旅 直前スペシャル (バラエティ/情報)
02:49~

333日目の新潟県での旅の映像を紹介した。

312日目の岐阜県の映像が紹介された。 

312日目の福井県での様子が紹介された。

今回の旅のゴールと、説明が行われた。

「心のふるさと」はこころ旅に引き続き、池田綾子とともに作りたいという思いのもと作られた楽曲。こころ旅では、「探しに行こう」がテーマだったが今回は「たどり着いた先」がテーマとなっている。イメージは子守唄であり共通のふるさとを作っていけたらというおもいのもと完成した。

こころ旅について池田さんは旅の始まりのような曲と評した。平井さんが書く曲はピアノのラインということもあり自分では出さない音を用いていることが驚きだったという。だからこそ旅の始まり、冒険みたいだと話した。

58日目の福岡県での旅の様子を紹介した。

220日目の奈良県での様子を紹介。鼻歌を歌う火野正平にスタジオの注目が集まった。

172日目の山口県での様子が紹介された。

鼻歌を歌っているときはしんどいときだと火野が話した。作曲した側からすると、演者が自ら現場でテーマ曲を歌っているのは珍しく嬉しいと話した。

キーワード
新潟県
岐阜県
福岡県

スタジオライブ (演技/演奏)
03:05~

火野正平が「こころの手紙」を披露した。

エンディング (その他)
03:08~

次回の番組予告

  1. 前回の放送
  2. 3月28日 放送