サラメシ シーズン9「第9回」

『サラメシ』は、NHK総合テレビジョンで放送される、昼食をテーマにしたバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月23日(日) 8:25~ 8:52
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:25~

地球最果ての地、南極で働く人は何を食べているのか。

サラメシ (バラエティ/情報)
08:25~

夫は南極地域観測隊の料理番として11月25日に2回目の南極へ向かいます。もしよろしければ取材をお願いしますという投稿が来た。まずは話しを聞くために千葉・南房総の鈴木さん夫婦のもとを訪ねた。鈴木さんラ夫婦は自宅の横で多国籍のレストランを営んでいる。夫の文治さんは旅が大好きで南極料理人の一般公募に応募した。文治さんは10年前にも参加し、今回で2度目の南極だという。2018年の11月25日に出発し帰ってくるのは2020年の3月。出発日、文治さんに南極でのランチの撮影をお願いした。

南極の基地のキッチンはとても大きく立派だった。この日、文治さんが作ったのはゴーヤチャンプル、ぶり大根、自家製のキムチだった。今回の調理隊員は文治さんと関裕子さんの2人。それぞれ得意分野は違うという。文治さんが作るのは隊員31人分の食事。料理の評判は上々だった。

今回の当直は植松浩二さんと菊田勝也さん。昭和基地には大きな冷蔵庫が3つ。物資の輸送ができないので、31人分の食材をすべて持ってきた。食材の総量は約35トン。隊員たちの好みをリサーチしどの食材をどれだけ持っていくか決めるのも文治さんら調理隊員の仕事だったという。1年で全部食べきるのが原則。南極での食生活、毎週金曜日はカレーが決まりとなっている。今回のカレーはルンダンとチキンカレーだった。付け合せは冷凍野菜の素揚げだけでなく、昭和基地で育てているきゅうりを使った。娯楽の少ない南極で食事は隊員たちの大きな楽しみ。日本と変わらぬ食生活を目指して和洋中にエスニックまで、作るのはランチだけではなく、夜もつくらないといけない。隊員たちが休みの日曜日には、餃子作りのリクリエーションなどを行った。料理を作っている父の動画を見て娘さんは「天職だよ。同じくらい将来たのしめたらいいなと思う」などと話した。

アプリで「社長のサラメシ」動画募集中!

キーワード
南極地域観測隊
昭和基地
ゴーヤチャンプル
ぶり大根
自家製のキムチ
ルンダン
チキンカレー
サラメシ 番組公式ホームページ

スマホメシ (バラエティ/情報)
08:43~

東京・恵比寿でスマホに入っているランチの画像を見せてもらった。IT関連の営業をしている男性はフレンチのコースだった。広告代理店の男性3人組は中華料理だった。保険会社の女性3人組はこってりラーメンだった。

アプリで「社長のサラメシ」動画募集中!

キーワード
恵比寿(東京)
サラメシ 番組公式ホームページ

あの人が愛した昼メシ (バラエティ/情報)
08:47~

永六輔が愛した昼メシは横浜市にあるお店の「目玉焼きご飯」だった。元々は常連のシメにだしていたおまけの一品だった。永六輔はこの素朴な味に魅せられて「目玉焼きご飯」のみを食べに来ることもあったという。黄成恵さんは「上を向いて歩こうだとかいろんなモノを作って、大変な方ですよね。だからってあの人は、おくびにも一切態度に出しません。普通の一般人と同じように接してますね」などと話した。

キーワード
目玉焼きご飯
上を向いて歩こう
見上げてごらん夜の星を
横浜市(神奈川)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送
  3. 次回の放送