サラメシ 「シーズン8 第30回」

『サラメシ』は、NHK総合テレビジョンで放送される、昼食をテーマにしたバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月12日(火) 20:15~20:43
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
20:15~

オープニング映像。

サラメシ (バラエティ/情報)
20:15~

一木美貴子さん(56)は仕事仲間のランチを作ってから出勤するのが日課。この日、作っていたのは煮込みハンバーグ10人分にその他の惣菜も作る。一木美貴子さんは食べるのも好きだが、作るのも好きだという。このランチを心待ちにしているのは、なんと「まんぷく」の現場。

「まんぷく」の舞台裏にお邪魔する。セットでの撮影はNHK大阪放送局のスタジオで行われており、実は一木さんは専属シェフではなく関西ことば指導を行っており、これまでも多くの作品に携わってきた。また一木さんは自らも出演しテレビや舞台で活躍してきた役者で、ある番組がきっかけで大阪弁の能力を買われての抜擢だった。以来、自分が役者だからこそ芝居に集中できるようにサポートしたいという思いがあのランチに繋がった。

ランチを作るのにも苦労があるのだという。一木さんは撮影時はテレビ局から徒歩5分の簡易キッチンがあるホテル住まい。加熱に使えるのは一口コンロとレンジだけ。ただ全てを目分量で作るので、どんどん量が増えていくのだという。昼になると控室に一木さんが料理を広げだし人が集まってくる。安藤サクラは自分の子どもにも、一木さんの作った料理から持ち帰るのだと明かした。

アプリで「社長のサラメシ」動画募集中!

キーワード
まんぷく
長谷川博己
純と愛
NHK大阪放送局
サラメシ 番組公式ホームページ
テレビクルー

さし飯 (バラエティ/情報)
20:26~

東京 中野で道行く女性に声をかけランチをご一緒させてもらうことに。一度仕事で渋谷に行ってからランチを食べるとのことだが、中野で出会った午後2時から、陽はどんどん沈み、彼女の仕事が一段落ついた時にはあたりは真っ暗になっていた。彼女は司法書士をしている井出史保子さん(41)。お店に入り注文したのは「トリュフのリゾット&牛ヒレ肉のタリアータ」で、昼は好き放題食べるのだという。実は井出さんは19歳の長女と、生まれたばかりの0歳の赤ちゃんがいるとのこと。実はこれで将来設計が変わり、前はリスクを負っても事業を拡大したいと思っていたが、仕事を増やせば責任も大きくなるので、子どもを育てる方にシフトし保守的になったと明かした。

アプリで「社長のサラメシ」動画募集中!

キーワード
中野(東京)
渋谷(東京)
トリュフのリゾット&牛ヒレ肉のタリアータ
サラメシ 番組公式ホームページ
テレビクルー

お弁当を見にいく (バラエティ/情報)
20:31~

フォトグラファーの阿部了さんが新潟長岡にある油揚げ店「豆撰」の大橋正樹さん(59)の元へ。今回の目的は「栃尾の油揚げ」。阿部さんは写真で撮影したあと美味しく堪能した。今回は油揚げを作る皆さんの覗き見をする。

まずは「栃尾の油揚げ」作りの工程を見させてもらう。使う豆は全て地元の大豆を使うのだという。この油揚げは厚みがあるので厚揚げと間違われやすいが、厚揚げではない。投入の温度と濃度、空気の量を調整することで油揚げ特有の食感が生まれる。実はこのお店を継ぐ筈だったのが大橋和子さんで、先代社長に頼まれた矢先に妊娠がわかり、代わりに2代目になると行ってくれたのが中学校の公務をしていた正樹さんで、あれから夫婦二人三脚で店を広げ今では従業員も15人になった。

プレス機にかけるなど作業工程を追う。そしていよいよ揚げていくのだが、1日約1500枚も焼くのだが、おいしい油揚げになれと思いながら油に浮かぶ油揚げを見つめる従業員達。栃尾の油揚げはふるさとを思う職人達が支える。

お待ちかねのランチを拝見。まずは事務をしている和子さんの姉の礼子さんは自家製厚揚げ和風マーボーとうふや、油揚げきんちゃく。村越美鈴さんはおでん。工場勤務の方は交代制で昼ごはんを食べており、それぞれお弁当などを食べていたが誰もが油揚げが入っていた。

社長夫婦は前の晩に残ったカレーに豆乳を加えかさ増しをし、カツの代わりに油揚げを淹れた「豆乳入り油揚げカレーライス」だった。

キーワード
豆撰
栃尾の油揚げ
長岡(新潟)
豆乳入り油揚げカレーライス
  1. 前回の放送
  2. 2月12日 放送
  3. 次回の放送