サラメシ シーズン7 第20回

『サラメシ』は、NHK総合テレビジョンで放送される、昼食をテーマにしたバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月31日(火) 20:15~20:43
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
20:15~

オープニング映像。

お弁当を見にいく (バラエティ/情報)
20:15~

今回阿部了が訪れたのは福岡・博多にあるおにぎり成形機を開発した会社。全国で売られているコンビニおにぎりの8割がこの会社の機械だという。部品製作を見学した。

最近主流になってきているというのが手で握ったようなおにぎりが作れるマシン。型押しでなく、ご飯をシート状にして具材を包み込むという。

正午、工場で働くの方々のお弁当を拝見した。新入社員に今後の目標などを伺った。

「みんなのサラメシ」投稿募集中!投稿はホームページで。

キーワード
不二精機
サラメシ

ランチ 五七五 京都編 (バラエティ/情報)
20:24~

京都の街角でランチ五七五を伺う。「食べ比べ してはいるけど いつもの所」、「ひるごはん 今日一日の モチベーション」、「おひるごはん たくさん食べても 太らなない」などを紹介した。

「みんなのサラメシ」投稿募集中!投稿はホームページで。

キーワード
サラメシ

病院の調理師に昼がきた (バラエティ/情報)
20:29~

大阪・東淀川区の病院で入院患者の食を支える厨房を紹介。病状に合わせて調理方法が細かく指定されているという。調理師の佐々木淳也さんと高藤信二さんには毎週末、特別な仕事があるという。

金曜日、佐々木さんと高藤さんがコックコートのまま訪れたのはホスピス緩和ケア病棟。管理栄養士とともに一つ一つ病室を訪ねて回った。リクエスト食という取り組みで週に1度土曜日の夕食は決められた食事でなく、本人が食べたいものを提供するという。翌日、2人はこの日通常業務を離れてリクエスト食に専念する。高藤さんは和食の担当。人気の茶碗蒸しは6人からオーダーがあったが、症状に合わせて作り分ける。佐々木さんが手がけたのは中華のアラカルト。守備範囲の広さを見込まれて洋食・中華・B級グルメまで担当している。以前はお祭りのりんご飴が食べたいとのリクエストもあったという。

午後2時すぎ、作業の合間をぬって昼食。佐々木さんは毎日カップ麺をストックしており、この日はカップ焼きそばとおにぎり。高藤さんは手作り弁当派だという。作っている途中でリクエストが無しになったりと切ない時もよくあると話した。午後6時の夕食時間。リクエスト食は器も盛り付けも特別。主菜・副菜あわせて30品を配膳した。30分後、喜んでもらえたという声が看護師から伝えられた。

「みんなのサラメシ」投稿募集中!投稿はホームページで。

キーワード
淀川キリスト教病院
東淀川区(大阪)
サンマ
ビーフカツ
海鮮ちらし寿司
お造り
中華アラカルト
お子様ランチ
たこ焼き
鍋焼きうどん
すき焼き
サラメシ

あの人が愛した昼メシ (バラエティ/情報)
20:38~

作家・佐木隆三は実録犯罪小説やルポルタージュを数多く発表し、日本のノンフィクションノベルを切り開いた。館長を勤めた文学館の近くにあるイタリアンに通い「ワタリガニのトマトパスタ」を愛したという。シェフが忘れられないのは、店が経営難で移転した後も変わらずに来てくれたことだと話した。

キーワード
佐木隆三
北九州市(福岡)
ワタリガニのトマトパスタ
  1. 前回の放送
  2. 10月31日 放送
  3. 次回の放送