サラメシ シーズン6 第25回

『サラメシ』は、NHK総合テレビジョンで放送される、昼食をテーマにしたバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月19日(木) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:20~

オープニング映像。

サラメシ (バラエティ/情報)
12:20~

チキン南蛮が社員食堂で人気な宮崎交通。整備士・運転手・バスガイドらが食堂で食べていた。

バスガイドがバスに乗らない日は歌の練習をしていた。現在こちらで働くバスガイドは10人だが、昭和40年代には300人いた。この道18年の井上由絵さん、入社時に配られる台本を紹介した。井上さんが乗務するバスに同上、この日は県内を回る定期観光バスに乗務し絶景ポイントなどを紹介した。女手一つで育ててくれた母もまたバスガイドで未だ現役。

趣のある建物でお客さんがランチタイム、井上さんは運転手とともに乗務員待機所で出前をとる。運転手・渡辺さんのサラメシは「唐揚げ定食」、井上さんは「野菜炒め定食」。乗務員食がつくコースもあるがお客さんと同じメニューのことは滅多にないとのこと。

みんなのサラメシ投稿募集中。

キーワード
宮崎交通
チキン南蛮
唐揚げ定食
野菜炒め定食
サラメシ 番組公式ホームページ

お昼何食べました? (バラエティ/情報)
12:29~

今回は栃木・宇都宮でお昼に何を食べたか聞く。コンタクトレンズ販売店勤務の女性は「昨日買ったパン」、コーヒ豆販売店勤務の男性は「焼きそば」、会社員の女性は「カレーライスにカレーパン」などと答えていた。宇都宮と言えばギョーザだが食べた人となかなか出会えず、証券会社勤務の男性が「ダブルギョーザ定食」を食べたと話した。

みんなのサラメシ投稿募集中。

キーワード
宇都宮(栃木)
パン
焼きそば
日替わりカレー
カレーパン
じゃこ天うどん 鶏天
ラーメン
油淋鶏
ギョーザダブル定食
サラメシ 番組公式ホームページ

お弁当を見にいく (バラエティ/情報)
12:29~

フォトグラファー・阿部了が今回は茨城・筑西市へ。訪れたのは電柱製造工場。迎えてくれたのは現場の管理を担当する班長の吉田誠さん。近年電柱をなくそうという話もよく聞くが、無電柱化が最も進む東京でも10%以下。その上、高度経済成長期に建てたものを安全面から建て替える必要もあるため、電柱の需要は減っていないそう。今回は、今も年間約10万本を生産する電柱製造工場のお弁当を覗き見。早速工場の中へ。普段街で見かける電柱は機械生産だが、手作業でないと作れないものもあり、連携プレーで組み上げていく。

お昼はそれぞれ持ち場の休憩室で、この日は鉄筋班を覗かせてもらう。原田さんの弁当は毎朝好物を詰めるといい今日は昆布とソーセージをぎっしり、増山さんは妻の手作りのしょうが焼き、佐川さんも愛妻弁当の混ぜご飯ともつ煮込み。

みんなのサラメシ投稿募集中。

コンクリート製の電柱が開発されたのは、今から約100年前。当時、重さが1番の課題だった。中身すべてをコンクリートで埋めると運搬も設置も大仕事なため、遠心力を使って中を空洞にしつつ、高い強度を維持する方法が編み出された。完成品は1本1本 人の手で仕上がりを検査していく。天候で品質が変わるコンクリートを、固まり方に問題がないか音で確かめることも。無事検査をパスした電柱には印が付けられ、最後に腐食防止用の底蓋を取り付けたらあとは出荷を待つばかり。

キーワード
筑西市(茨城)
電柱
サラメシ 番組公式ホームページ

あの人が愛した昼メシ (バラエティ/情報)
12:39~

静岡・伊藤にある羽田健太郎が通う天ぷら店。店主は当初彼がピアニストだと知らなかったといい、紅白歌合戦で演奏する姿を見て驚いたという。一番に注文したのは店特製のさつま揚げ、魚介や旬の野菜の天ぷらをおまかせで5種類、シメには天茶を頂いていたという。羽田さんの母が別荘の庭にアシタバを植えてよく天ぷらにしていたとのこと。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
羽田健太郎
伊東市(静岡)
紅白歌合戦
鱧のさつま揚げ
季節の天ぷら
海老の天茶
渡る世間は鬼ばかり
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月19日 放送
  3. 次回の放送