スタジオパークからこんにちは 五木ひろし

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年12月26日(金) 13:05~13:52
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

テーマ曲:HIRUKAZE/NAOTO

「ゲストへの質問・メッセージ」「スタジオ観覧をご希望の方は番組ホームページから」と番組ホームページURLのテロップ表示。

伊藤雄彦と清水ミチコが挨拶、ゲストの五木ひろしが「夜空」を歌いながら登場した。

キーワード
HIRUKAZE
NAOTO
スタジオパークからこんにちは
夜空

ゲスト 五木ひろし (バラエティ/情報)
13:08~

五木ひろしは大晦日の紅白歌合戦に初めて出場してから44年になるという。きのう発表された出場順と演奏曲を紹介、企画コーナーでは妖怪ウォッチや「花子とアン」特別編、アナと雪の女王特別編などが行われる。五木は「よこはま・たそがれ」を歌唱、今年9月に他界した作詞家・山口洋子氏を偲んでの選曲という。

五木ひろしの紅白歌合戦出場の歴史を振り返った。今年で44回目となるが、「よこはま・たそがれ」を歌った初出場についてトーク。当時は、家族や故郷についてNHK側が事前にリサーチして紹介したので、初出場は緊張と同時に感動があったと話した。初出場の映像を紹介、この時は作曲者の平尾昌晃が指揮をした。母親は、名前を紹介された時から涙で見れなかったという。

続いて思い入れがあるのは第26回の紅白で歌った「千曲川」で、初めて白組のトリを務めたという。この曲の作詞も手がけた山口洋子氏について「僕をスカウトしてくれ、名前もつけてくれた。プロデューサーでもあり、4-5年の間に60-70曲の詞を書いてもらった」などと話した。「千曲川」を歌った当時の映像を紹介した。

第33回歌合戦で歌った「契り」は、五木ひろしが作曲した曲。それまでも作曲はしてきたがペンネームを使っており、五木ひろし名義はこの曲が初めてだったという。作詞は阿久悠で、「山口洋子さんの作品と阿久悠さんの作品、両方に出会えたのは歌手人生でとても大きいことだった」と振り返った。

コロッケが五木ひろしを真似た、”五木ロボット”バージョンでの「契り」の映像をコンサート「勝手にやってすいません」から紹介。コロッケについて五木は「色々なものまねをするが、特に五木ひろしの曲を好んでくれている」「契りを選んだのはびっくりした」などと話した。

「五木ロボット」を見たあと コロッケさんに言ったことは?という3拓クイズが出題。視聴者からの「新年もご予定がいっぱいで楽しみですが、記念の年を無事に乗り切ってください」「私の母は91歳にして五木ひろしさんの追っかけです。先週転倒して入院したが、また五木さんに会いに行くんだとテレビの前にいます」などといったメッセージを紹介した。クイズの正解は「特徴をつかんでるね!」。五木は「ロボットにしてしまうという研究熱心さに感心した」と話した。

コロッケがサプライズでスタジオに登場。コロッケは「五木さんの心の広さで僕は遊ばせていただいている」「許していただけるか定かではないが、他の方も許してくださるのでありがたい」などと話した。先日コロッケの舞台に、五木ひろしがサプライズで登場し、コロッケは嬉しくて泣いてしまったという。五木は「広めてくれて嬉しい」などと話した。

五木ひろしが紅白で歌った思い入れのある曲を紹介、第53回で歌った「おふくろの子守歌」はつんくが作詞曲を手がけた。曲ができあがった際、母・キクノさんが体調が悪かったことから「最期の曲になるのが嫌なのですぐ封印した」と話した。キクノさんが他界した年にNHK側からこれを歌ってほしいとの打診があり、最初は断ったが歌うと決め、プロとして泣かずに最後まで必死に歌ったという。当時の映像を紹介した。

第65回紅白歌合戦の番組宣伝。

五木ひろしは、3人の子どもたちが成人になるまで頑張ろうと目標にしてきたが、今年で末っ子の長女・華菜子さんが20歳になったという。「僕の中ではおふくろ、女房、娘とつながっており、男親にとっては娘は特別なもの」と話した。五木が娘への”親父の三か条”として、「嫁に行くな」「世界へはばたけ!!」「ず~っと側にいてね」とした。

「ニュースハイライト2014」の番組宣伝。

五木ひろしが「桜貝」を披露した。

五木ひろしに寄せられた視聴者からの質問・メッセージを紹介。ステージでの立ち振舞が美しいが気をつけていることは?との問に「体を鍛えて一生懸命歌う」「ストレッチと腹筋は必ず。歌うときの姿勢はボクシングから」、クリスマスはワンちゃんたちとケーキを食べられましたか?には「昨日までクリスマスディナーショーで回っていたので一緒には食べられなかった」「生まれ変わったら犬になりたいくらい好き」と話した。メッセージとして「ふるさとの福井県民こぞって応援しています」「父がいつも嬉しそうに五木さんの歌を歌っていた、私にとって五木さんは父との思い出」などといった内容が紹介された。

1月5日のゲスト 堤真一

キーワード
第65回紅白歌合戦
山口洋子さん
よこはま・たそがれ
花子とアン
アナと雪の女王
妖怪ウォッチ
紅白歌合戦
平尾昌晃
千曲川
阿久悠さん
契り
勝手にやってすいません
コロッケ
五木ロボット
つんく
おふくろの子守歌
キクノさん
華菜子さん
桜貝
堤真一

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月26日 放送
  3. 次回の放送