ひるブラ ひるブラ特選 東京ものづくりの町

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月29日(火) 12:20~12:41
放送局 NHK総合

番組概要

ひるブラ特選 東京ものづくりの町 (バラエティ/情報)
12:20~

今回は、木の町:新木場やジュエリーの町:御徒町といった、これまでの放送の中から東京のものづくりのすごさを選りすぐりでお伝えしていく。

木材の町:東京・新木場から中継。この町は世界中からいろんな木が集まる流通の拠点であるが、現在は、木で出来た手作りの自転車など木のグッズが次々と生まれている。

新木場には木の良さを活かす伝統の技がある。原木で仕入れて加工する問屋には数少ない木挽き職人がおり、東出さんに木挽き作業をしている様子をみせてもらった

ひるブラの次回予告テロップ。

今回取材した場所までは「新木場駅」よりバス10分であることを知らせるテロップと、ひるブラ番組HPのテロップを表示。

新木場にある材木問屋で樹齢1200年~1300年の木の板などを見たあと、木を選ぶエキスパートの鴨川さんにいい木を選ぶ方法を聞くと、木の生えていた場所・環境など見ていることなどを話した。

新木場には木の良さを活かす伝統の技がある。原木で仕入れて加工する問屋には数少ない木挽き職人がおり、東出さんに木挽き作業をしている様子をみせてもらった。

材木問屋で樹齢1200年~1300年の木の板などを見たあと、木を選ぶエキスパートの鴨川さんにいい木を選ぶ方法を聞くと、木の生えていた場所・環境など見ていることなどを話した。

予算に応じて自分好みの宝石をチョイスしてジュエリーを作ることができる御徒町の問屋を訪れた。店内には数百円から数百万円するような世界の宝石が集まっており、ここで鈴木ちなみが宝石を選んでアクセサリーを作ってもらった。

宝石シティー御徒町のルーツは江戸時代にあった。御徒町近くには徳川家ゆかりのお寺や神社がひしめきあっており、上野東照宮など建物を彩る豪華な装飾品などを作るために貴金属の加工技術が発展。この高い技術に注目した江戸の女性たちの宝飾品へのニーズに応えるため職人の腕が上がっていったのがルーツだとされている。

宝石シティー御徒町には幅広い世代の人から注目されているお店がある。それは職人の腕を活かした宝飾品のリメイクをしているジュエリー工房で、リメイクする作業を見せてもらった。

東京・御徒町には全国でも珍しいジュエリー作りを教える学校がある。日本宝飾クラフト学院では、現役の職人が生徒に対して、原石の加工から鋳型づくりなどの技術を教えていた。

ひるブラの次回予告テロップ。

御徒町まではJR「御徒町駅」下車 徒歩すぐであることを知らせるテロップと、ひるブラ番組HPのテロップを表示。

東京・御徒町には原型を3Dプリンターで作ってジュエリーを生み出している会社がある。そこでひるブラのロゴなどを使用した髪留めなどを作ってもらい、鈴木ちなみが装着した。

宝石シティー御徒町のルーツは江戸時代にあった。御徒町近くには徳川家ゆかりのお寺や神社がひしめきあっており、上野東照宮など建物を彩る豪華な装飾品などを作るために貴金属の加工技術が発展。この高い技術に注目した江戸の女性たちの宝飾品へのニーズに応えるため職人の腕が上がっていったのがルーツだとされている。

また、東京・御徒町には原型を3Dプリンターで作ってジュエリーを生み出している会社がある。そこでひるブラのロゴなどを使用した髪留めなどを作ってもらい、鈴木ちなみが装着した。

東京・御徒町には全国でも珍しいジュエリー作りを教える学校がある。日本宝飾クラフト学院では、現役の職人が生徒に対して、原石の加工から鋳型づくりなどの技術を教えていた。

宝石シティー御徒町には職人の腕を活かして宝飾品のリメイクをしているジュエリー工房がある。店内に入り、リメイクする作業を見せてもらった。

東京・御徒町などの取材VTRを見てトーク。東京をブラブラしていると、伝統のワザをつかった新しいものが次々見つかるなどと話した。

ひるブラ番組HPのテロップを表示。

千葉・白子町での取材VTRを見てトーク。VTRを見た古坂大魔王が料理をせがむもこの場にはなく、その場にあったトマトを食して感想を述べた。

ひるブラ番組HPのテロップを表示。

キーワード
新木場(東京)
御徒町(東京)
木挽き
新木場駅
ひるブラ ホームページ
宝石
上野東照宮
日本宝飾クラフト学院
御徒町駅
3Dプリンター
白子町(千葉)
トマト
  1. 前回の放送
  2. 7月29日 放送
  3. 次回の放送