ひるブラ 千年の草原を行く〜熊本県高森町〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月19日(月) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

千年の草原を行く〜熊本県高森町〜 (バラエティ/情報)
12:20~

今回のロケ地は熊本県高森町。今日は地元の宝や大自然の魅力などを紹介していく。

熊本県高森町の草原では妊娠しているあか牛が放牧されている。あか牛育てて50年以上のベテランたちが呼びかけると普段は寄ってくるということであったが、カメラが回っている間には寄ってくることがなかった。あか牛は一日に60kg~70kgも草原の牧草を食べると話し、あか牛が牧草をはむことで草原の草が伸びすぎない効果があるということも伝えた。

ひるブラの次回予告テロップ。

今回取材した場所までは九州自動車道「熊本IC」から60分であることを知らせるテロップと、ひるブラ番組HPのテロップを表示。

熊本県高森町の草原にある高森殿の杉と呼ばれる2本の杉の木の前にやってきた。この杉は樹齢が400年の高さ25メートルにのぼる樹木で、そのうちのひとつは幹周りが13メートルもあった。また、もう片方は枝が荒々しく、地面の中に潜り込んだあと、そこから地上に向けて枝が伸び上がっていた。

熊本県高森町の草原は地元の人達が手をかけるなどして守られている。阿蘇は雨が多く、野焼きをしないとあっという間に木が生えて森になるため、手をかけることで草原を守っていることなどを伝えた。

熊本県高森町の草原で、今の時期に見頃の植物としてウマノアシガタとクララを紹介。さらに、名前の由来となった理由などについて説明をした。また、どちらの植物も毒があるため牛が食べないと伝え、オオルリシジミはクララに卵を産みつけるために植物ごと卵が食べられることのないようになっていることなどを話した。

熊本県高森町の草原で育ったあか牛の肉質について説明したあと、ステーキをユージが食して感想を述べた。また、地元の人達にあか牛の肉をどのような料理に使用するのかをインタビューした。

キーワード
高森町(熊本)
ひるブラ ホームページ
九州自動車道
あか牛
野焼き
ウマノアシガタ
クララ
オオルリシジミ
高森殿の杉

お知らせ (その他)
12:43~

プロフェッショナル 仕事の流儀の番組宣伝。

「歴史秘話ヒストリア 富岡製糸場 世界遺産へ ~世界を魅了した少女たちのシルク~」の番組宣伝。

「あなたの声と受信料で」のお知らせ。

The Coversの番組宣伝。

プレミアムシネマの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月19日 放送
  3. 次回の放送