ひるブラ 西荻アンティークが“新しい”〜東京都杉並区西荻窪〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年4月28日(月) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

西荻アンティークが“新しい”〜東京都杉並区西荻窪〜 (バラエティ/情報)
12:20~

東京・西荻窪のアンティーク街から中継。現在、アンティークは通な人の世界だけでなく若い女性はオシャレなインテリアや雑貨として楽しんでいる。今回はそんな新しいアンティークの拡がりを紹介していく。

東京・西荻窪がアンティーク街となったのには街の成り立ちが関係していた。西荻窪は昭和の初め高級住宅街として開発されていた。そこに住んでいた人たちが都心へと転居する際に近隣の人に売却したのがアンティーク街の始まりといわれている。

西荻窪のアンティーク街にあるお店に入店。店内にある古いトランクはトランクとしてではなくテーブルとして使用、万年筆のインクを入れていた瓶は花瓶として使用するなど、ちょっとしたアレンジでオシャレに使うことができることなどを伝えた。

アンティークが若い女性たちに人気となっている。それは西洋だけに限らず和のものにも拡がっており、台所で使われていた釜のフタを飾り棚にしたりしている。

若い女性に人気のでているアンティークは家のリフォームにも使われてきている。レトロガラスをランプに使用したり、ガラスの建具に手を加えるなどして部屋をオシャレにすることができる。

破損したアンティークを再生させるワザを持つ人が西荻窪にいる。堀西眞美さんはただ修復させるだけでなく金継を使って骨董品をグレードアップさせることも可能で、手を加えた骨董品を見せてもらった。

沖縄国頭村で暮らす人のお宅に訪問。訪れたお宅にはアタイグヮーと呼ばれる家庭菜園があり、ニガナやハンダマなどが栽培されていた。家庭菜園は各家庭で栽培するものが違い、ご近所の方々が自慢の野菜を持ち寄っていた。

秋元らは、奥様方が調理してくれた「野草の天ぷら」や「テナガエビのから揚げ」などを試食した。

ひるブラ番組HPのテロップ表示。

来週のひるブラの番宣テロップ。

明日のひるブラの番宣テロップ。

西荻窪のアンティーク街まではJR中央本線「西荻窪駅」下車 徒歩15分であることを知らせるテロップと、ひるブラ番組HPのテロップを表示。

キーワード
西荻窪(東京)
アンティーク
金継
ニガナ
ハンダマ
国頭村(沖縄)
野草の天ぷら
テナガエビのから揚げ
ひるブラ ホームページ
JR中央本線
  1. 前回の放送
  2. 4月28日 放送
  3. 次回の放送