ひるブラ ネオ&スイート 日本酒伝統の街〜兵庫県伊丹市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年11月19日(火) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:20~

オープニング、本日の内容紹介。兵庫・伊丹市からユージと北郷三穂子が中継。今回は“日本酒スイーツ”を特集する。

キーワード
伊丹市(兵庫)

ネオ!日本酒伝統の街 (バラエティ/情報)
12:21~

兵庫・伊丹市は最も古くから栄えた酒所で、酒蔵通りは江戸時代には70軒ほどの酒蔵が立ち並んでいた。

酒蔵通りでは江戸時代から酒造りに使われている地下水を無料でもらう事ができる。日本の水道水は一般的には軟水だが、この地下水はミネラルが豊富で硬水に近くなっている。

酒蔵通りにある伊丹の名水と名酒を使った「名水で柔らかく仕上げた魚介の酒かす豆乳煮込み」、「名水とお酒で煮込んだ吟醸酒のポトフ」などフランス料理を紹介。試食をしたユージはその味を絶賛した。そして、お店のスタッフ・宇津木さんはメニューの説明をした。

兵庫・伊丹市は江戸時代、日本の酒造りの最先端と言われる場所だった。その頃のお酒を再現した酒蔵でそのお酒を紹介。現代の日本酒は無色透明とイメージがあるが、江戸時代は日本酒は少し茶色がかった色だった。試飲をしたユージは「普通の日本酒よりも甘みがあり飲みやすい。例えるなら紹興酒に似ている」とその味を説明した。さらに当時の製法が書かれた造酒秘伝書が紹介された。

新しいお酒“米ビール”を紹介。米ビールには最高品種の山田錦が使われていて、その製造過程が紹介された。山田錦は兵庫県が日本一の産地となっていて、コシヒカリの2倍の値がつくこともある。そんな米ビールを試飲したユージは「フルーティー。香りを良くするためにハーブが入っていて、法律上は発泡酒である」と説明をした。そして、開発に関わっている辻巌さんが米ビールの説明をした。さらに米ビールが作られている酒蔵にはレストランがあり、この米ビールに合った料理を堪能できる。

ひるブラ番組ホームページのテロップ表示

ひるブラの次回予告テロップ。

キーワード
伊丹市(兵庫)
酒蔵通り
名水で柔らかく仕上げた魚介の酒かす豆乳煮込み
名水とお酒で煮込んだ吟醸酒のポトフ
日本酒
米ビール
山田錦
ひるブラ ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月19日 放送
  3. 次回の放送