ひるブラ まるで動物園!飼育員の専門学校〜千葉・富里市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年11月8日(水) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

ひるブラ (バラエティ/情報)
12:20~

ポニーが引っ張るソリに乗って春香クリスティーンと高鍬アナが登場した。今日は千葉・富里市にある動物の飼育員を育てる専門学校について伝える。東京動物専門学校は全国から集った263名の生徒が東京ドーム1個分の敷地で学んでいる。230種類・1500頭もの動物を飼育しており様々な動物とふれあい生体を学ぶことで即戦力を身につける狙いがある。1年生は馬の特性を教わりながら世話の仕方を学ぶ。飼育されているニホンフクロウは人に慣れているので春香が触っても怒らなかった。飼育小屋にはニワトリやペリカン、フラミンゴ、ゴマフアザラシなどがいる。代々先輩たちが飼育しているというゴマフアザラシも人に慣れているため握手をすることができた。

更に奥へ行くと動物とのコミュニケーションのとり方を学ぶ場所がある。ミナミアメリカオットセイの輪投げが披露された。就職活動中の滝沢みなみは「小さい頃から水族館が好きで、いるかと人間の信頼関係が感じられそのような飼育員になりたいと思っている」と話した。春香も輪投げに挑戦し、ミナミアメリカオットセイがお得意のポーズを決めた。

卒業試験にも選ばれるという難しい科目「捕獲・保定」はダチョウの場合、両脇を抱え込むことで足の早いダチョウも走ることができなくなる。フラミンゴは羽や足を痛めないために女性用の黒ストッキングで包むことでケガを防止する。健康診断などでこうした技術は必ず必要になる。カンガルーの捕獲・保定のコツは角に追い込んで1人が尻尾を掴み1人が優しく胸を抱え込むことだ。高鍬アナが挑戦したがなかなか成功しないため3人がかりで捕獲した。

えさ作りはいろんな動物のえさや栄養法を学んだりする。カピバラ用のえさはわざと齧らせるため大きめにカット、マーモセットは小型なので小さく切って用意する。かき殻を野菜に振りかけたえさはエミューのもので、かきの殻は消化を促すためだった。パンにはちみつをかけたえさはキンカジューのものだった。普段は一般の人はこの学校に入れないがこの実習施設で過ごしている動物たちが1年に1回一般に公開される。

千葉・八千代市にある学校のキャンパスで毎年秋に開かれる学校祭では入場無料で動物が間近で見られる。それぞれの動物には生徒が付き添い解説を行なう。学校祭のクライマックスは動物たちのショーでこの日のために生徒たちで台本を作り、動物と練習を重ねる。

千葉・富里市の施設にも屋外ステージがあり高校生向けのオープンキャンパスで生徒たちがパフォーマーとなり定期的にショーを見せている。そこで今日は生徒とハリスホーク、ミーアキャットのショーが披露された。ミーアキャットとともに披露した田邊絹子は静岡県の動物園に就職が決まっていて「ちょっとした体調の変化も日々の観察で気づいてあげる点が難しい」と話した。

番組HP、来週のひるブラの予告が表示された。

キーワード
東京動物専門学校
富里市(千葉)
ニホンフクロウ
ニワトリ
ペリカン
フラミンゴ
ゴマフアザラシ
ミナミアメリカオットセイ
ダチョウ
カンガルー
カピバラ
マーモセット
エミュー
キンカジュー
八千代市(千葉)
番組HP
鈴木ちなみ
石塚英彦
ハリスホーク
ミーアキャット

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月8日 放送
  3. 次回の放送