ひるブラ 湖上を舟でのんびり旅〜滋賀・近江八幡市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月20日(水) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

滋賀 近江八幡市 秋風吹いて、のんびり湖上旅! (バラエティ/情報)
12:20~

水路をゆく舟の上からモデルの鈴木ちなみと高木優吾アナウンサーが挨拶した。スタジオゲストは古坂大魔王。舟がいる場所は滋賀県近江八幡市の西の湖で、舟による水郷めぐりが人気という。夜に月を眺める観光船もある。船頭の小嶋正治さんが「船頭さん」の童謡を歌ってくれた。

西の湖に生える水草の「よし」を紹介。1か月に1メートル育つといい、冬に刈り取ってかやぶき屋根やよしずなどに加工される。刈り取った後には原っぱを焼く「よし焼き」が行われ、灰が次の年に育つよしの肥料となる。

西の湖から見える景色を紹介。後ろに見える低い山は「安土山」で、織田信長の安土城が築かれた。湖をゆく舟は物流にも使われたという。

西の湖をゆく舟は「田舟」。昔は田んぼでとれた米を乗せて湖を運ぶのに使われたといい、米20俵を乗せて運べるという。舟の後ろについた櫓(ろ)を使ってこぐ技術は習得に3年を要するといい、鈴木ちなみが体験した。

西の湖をゆく舟だけで見られる景色があるといい、船頭さんに連れて行ってもらった。着いた場所は湖の上に浮かぶ「権座」(ごんざ)という農地で、サッカーコート3つ分ほどの広さで米や大豆を育てている。西の湖には7つの島があったが、干拓などが進み1つを残すのみとなった。農地にある酒米の田んぼを紹介、湖には「よし」も生えるため稲刈りの前によしを刈り取る作業が行われる。

西の湖の「権座」の手入れをする東房男さんに話を聞いた。農作業用のコンバインは舟を横につないで運び込むといい、昔は重い牛などを同様の方法で運んでいたという。権座は重要文化的景観地区に指定されており、後世に残していきたいと答えた。

西の湖の「権座」の酒米で作った日本酒をいただいた。1年に3000本限定で作られるという。続いて大豆は東京の豆腐屋さんが味の濃い豆腐に仕上げたといい、何もつけずに試食した。

続いて舟に戻り、郷土料理の「かしわのじゅんじゅん」を紹介。地鶏や野菜を煮込んだ鍋で、権座の大豆で作った豆腐も入っていた。舟が浮島を離れたところで鍋を試食した。

来週の予告。来週は宮城・登米市から、ゲストは照英と優木まおみ。

キーワード
近江八幡市(滋賀)
西の湖
船頭さん
よし
安土山
田舟
権座
日本酒
豆腐
じゅんじゅん
登米市(宮城)
照英
優木まおみ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月20日 放送
  3. 次回の放送