ひるブラ “噴気の里”鰻(うなぎ)温泉〜鹿児島・指宿市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年3月14日(火) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

ひるブラ (バラエティ/情報)
12:20~

今日は鹿児島・指宿市のうなぎ温泉の魅力を伝える。地上へ温泉の熱が蒸気として上がり別名「噴気の里」とも呼ばれていると伝えた。うなぎ温泉は江戸時代からの湯治場で現在41世帯64人が暮らしていて鰻池のほとりにある地区だ。かつては鰻の養殖も盛んだった。

鹿児島・指宿市のうなぎ温泉に西郷どんが1か月も滞在した話も残されている。浴場の造りはシンプルで浴槽が1つだが水道の蛇口をひねると地熱で温まった湯が出てくる。小山アナは入浴すると「熱さを通り越して痛いくらいだ」とコメントした。地元の人が楽しむ時は下から湧いている熱い湯を足すことができる。

鹿児島・指宿市のうなぎ温泉地区では噴気を利用した天然のかまど「スメ」がほとんどの家庭に作られ、半数以上が今も使われている。90度以上の噴気で作られた蒸し卵を試食した鈴木は「プリッとふっくらしている、塩気もついている」とコメントした。また噴気の熱で水道水を温めて風呂場で使える給湯器も紹介された。風呂場や脱衣所も天然の熱で床暖房のような効果を発揮していて脱衣所では天然乾燥機として洗濯物や大根を干したりしている。更にお宅の方には高温の噴気を取り込んだビニールハウスがあり天然の温室で南国フルーツが育てられていた。床下の温泉成分が凝固してできた湯の花も天日干しにして入浴剤として活用している。

中火のスメで1時間蒸した「特製スメおこわ」を試食した鈴木は「炊飯器で炊くよりふっくら感じる」とコメントした。また強火のスメで作られた「丸鶏のスメ蒸し」についてはホロホロで肉が潤っていると伝えた。更にとんこつスメ仕立て、さねん団子なども紹介された。アクセスなど詳しくは番組HPまで。

あすのひるブラの番組宣伝。

キーワード
指宿市(鹿児島)
鰻池
西郷どん
鰻温泉
マンゴー
ドラゴンフルーツ
特製スメおこわ
丸鶏のスメ蒸し
とんこつスメ仕立て
さねん団子
番組HP
山川駅
塚地武雅
鈴木あきえ
姶良市(鹿児島)
  1. 前回の放送
  2. 3月14日 放送
  3. 次回の放送