ひるブラ 遊び心いっぱい!手作り水族館〜愛知・蒲郡市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月23日(月) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

ひるブラ (バラエティ/情報)
12:20~

きょうは、テニスコート2面分の面積しかない、日本で4番目にちいさい竹島水族館を紹介する。

竹島水族館では入館者数が右肩上がり。人気の秘密をさぐる。キーワードは「手作り」と「深い」だ。

竹島水族館の人気の秘密をさぐる。入場料500円と格安だ。そのうえ、ユニークPOPで生態をわかりやすく説明している。テングハギ、ジョーフィッシュ、ウツボなどを紹介した。館長によると、資金力のない水族館なので創意工夫でおもしろくしている、という。

アクセスJR東海道本線「蒲郡駅」下車徒歩15分。詳しくは番組HPで。

次回予告

竹島水族館で販売されているお土産を紹介した。グソクムシせんべい、ウツボサブレ、の2点。利用客の要望にこたえるかたちで商品化したという。

竹島水族館では魚にエサやり体験ができる。100円のエサと300円のスペシャルエサが用意されていて、300円のほうはウミガメが横取りするほどのおいしさだった。

竹島水族館では一部の深海生物にタッチできる。この日はタカアシガニとオオグソクムシだった。スタッフによると、複数の生物を用意していて負荷がかからないようにしている、という。秋元才加はオオグソクムシをさわった。

竹島水族館では、貴重な深海生物の展示がされている。名前のわからない生物まで展示されている。まず見てもらうことが大事、ということで展示しているそうだ。

竹島水族館では多くの深海生物を展示している。展示している深海生物のほとんどが、地元漁師からわけてもらったもので、数が日本一多い。そんな竹島水族館から全国の水族館へ提供されている深海生物がタカアシガニだ。タカアシガニをあげるかわりに、熱帯魚などをもらっている。竹島水族館に届いたばかりの深海生物も見せてもらった。

キーワード
竹島水族館
蒲郡市(愛知)
蒲郡駅
東海道本線
ひるブラ
磯山さやか
モト冬樹
グソクムシせんべい
ウツボサブレ
ウミガメ
タカアシガニ
オオグソクムシ
ングハギ
ジョーフィッシュ
ウツボ
  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送
  3. 次回の放送