サキどり↑ 副業解禁で働き方が変わる!?

『サキどり↑』(Sakidori)は、NHK総合テレビジョンにて2011年4月10日から2017年3月26日までされていた日曜日朝の情報番組である。公式サイトによると、「最先端の現場で見つけてきた、暮らしを良くする『種』となる『サキどり』情報」について、司会やゲストが話をかわして「明るい未来のヒント」を探るというもの。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月8日(日) 8:25~ 8:57
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:25~

今回のテーマは「副業」だ。多くの企業が副業を禁止している。大手製薬会社の山田邦雄会長は「会社の仕事に食い込まない限りは第2の仕事を持ってください」と語った。大手製薬会社広報の吉本有希さんは「新しい自分の能力が引き出されるかもしれない」と語った。若い人達の間では一つの生き方に縛られない人が増えている。

ジョン・カビラは「私も会社員をしながらラジオDJをしていた」と語った。日本では多くの企業が副業を禁止している。インターネット上アンケートで副業をしている人は15%。

キーワード
山田邦雄
副業

副業解禁で働き方が変わる!? (バラエティ/情報)
08:27~

人気のハンドメード作家である門田広子さんを訪問。門田さんは自宅でハンドメード作品を作っている。リアルなチョコレートドーナツに見える作品を作っている様子を紹介。門田さんは「組織だと色々なところを通過しないといけないが、自分の描いたアイデアを形にできるのがいい」とハンドメードの良さを語った。ネット上のハンドメードマーケットで販売している。登録作家は20万人以上。巨大マーケットだ。利用方法は簡単。決められたフォーマットに情報を打ち込むだけ。利用者のお気に入り数は1万以上だ。サイトを立ち上げた阿部雅幸さんは、「月に400万円以上を売り上げる方もいます」と語った。

ハンドメード作家はアトリエに集う。ハンドメードサイトが運営している。作家が勉強会に参加する様子を紹介。 商品の価格設定や、利用者への対応、作家同士の交流、売れない時の心の持ち方などを学校の授業のように教えていた。作品の撮影方法もレクチャー。

スタジオにハンドメード作品が登場。変わったネックレスが登場。片桐仁らは驚いた。千秋が手にとったのは折りたためる照明。赤ちゃん用のおもちゃもハンドメードで作られている。製作キットまで販売されるようになった人気作品となった。西川英彦は「愛が鍵。最愛の人にはハンドメードを贈りたいもの」と語った。片山千恵子は「ハンドメードのものはより大切にしようと思う」と語った。西川は「海外のサービスもどんどん日本に紹介されている」と語った。

ハンドメードママ集団であるドリームマムプロジェクト・総合プロデューサーの岩見さんとメンバーの田坂さんが大阪樟蔭女子大学にやってきた。田中愛子教授からオリジナル包丁ケースを依頼されていた。その試作品をチェックした。大手自動車メーカーの販売代理店からもオファーがあった。コンセプトカーを作りたいと考えているため自動車の共同開発をすることになったのだ。営業取締役の小西敏仁さんは「女性が購入に関わる方がほとんど。共感してもらうためにお手伝いしてほしいと思った」と語った。吉田さんは「後ろの子どもと会話出来るモニターがほしい」と語った。

西川は「自信をつけさせることが大事」と語った。千秋は「自己満足で作るならアマチュア。売るならプロとして売れるものを作らないといけない。お金のことを言うのはカッコ悪いというが、プロデューサー的な人が数字だしてなんぼとしなければ」と語った。西川は「3Dプリンターなどが出てきているのでハンドメードはもっと広がっていくのではないか」と語った。

「サキどり↑」のホームページとツイッターの紹介テロップ表示。

大阪・生野区にある大手製薬会社が今年2月副業を解禁した。山田邦雄会長は「第2の仕事を持ってください」と語った。この製薬会社の吉本有希さんは「東北の復興支援で漁業とか今までの企業で働くのと全然違働き方が違ったりとかそこに行った社員の成長が本当にすごくて、彼ら自身が自立した人になっていくのを目の当たりした。社外で得られる経験が人を成長させる」と語った。目薬と胃腸薬が主流だったこの会社はスキンケア市場に参入。旬の野菜にこだわったレストランもオープン。多角化で始めた事業の売上は全体の7割にのぼる。人事部マネージャーの矢倉芳夫さんは「枠を飛び越えて、自分も成長しようとか自分の可能性をもっと広げることが一番の狙い」と語った。

ジョン・カビラは「私も会社員をしながらラジオDJをしていた」と語った。日本では多くの企業が副業を禁止している。インターネット上アンケートで副業をしている人は15%。

東京・丸の内で伊藤哲弥さん(33歳)の様子を紹介。伊藤さんが勤めるのはスマートフォンのアプリ開発会社。営業やマーケティング担当の正社員として伊藤さんは働いている。伊藤さんは六本木でもう一つの仕事をしている。出版関係の仕事をしている。企業PRのフリーペーパーを担当している。伊藤さんが今の働き方に至るには2つのきっかけがあった。大学卒業後にカナダに留学した。伊藤さんは「カナダの仕事観は会社に属してという意識が日本人のロイヤリティーとか忠実さとは少し違う」と語った。さらに帰国後に就職後したベンチャー企業でリーマン・ショックを経験。会社は倒産した。そこから本業とは別のキャリアを積むことを考えた。伊藤さんが勤めるアプリ開発会社の社長である星野栄輔さんは「私達がやっているアプリサービスは半年前最先端だったものがどんどん変わっていく。彼には激しく変わっていく中をキャッチアップしながら、私達のプロジェクトにフィードバックしてもらいたい」と語った。

ジョン・カビラは「私も会社員をしながらラジオDJをしていた」と語った。日本では多くの企業が副業を禁止している。インターネット上アンケートで副業をしている人は15%。

ゲストのレッド吉田は会社員経験があるが「僕が就職した時代は、終身雇用が当たり前という感じだった。9時から働いて6時まで仕事して残業した」と語った。厚切りはその残業などの考え方に「なぜなんですか」と語った。厚切りは「決まった成果を出せばあとは自分の仕事。本業という言い方が好きじゃない。」と語った。レッド吉田は「副業反対です。本業を全うしないと」と語った。番組が実施したアンケートで意見は割れた。69歳の男性は「現役時代を振り返ると副業をする時間も気力も体力もなかった」とした。42歳の男性は「スキルアップしたい」、37歳の女性は「趣味の延長で副業してみたい。会社以外に人脈が広がりそう」という意見を寄せた。時代とともに仕事に対する考えは変わる。高度経済成長期に就職した人は、終身雇用で退職する人が多かった。時代は変わりバブル崩壊を経験。そんな時代に就職した人は、道はでこぼこ。グローバル化の壁も現れた。リーマン・ショックもあった。こういった時代だからこそ副業が注目される。

新しい働き方・キャリア形成を研究しているというゲストの石山恒貴が紹介された。石山が「今まで副業というと不況で工場が稼働しなくなった。その分賃金を稼ぐというようなものが多かった。しかし、能力開発のための副業に変化し始めた」と語った。レッド吉田は「給料を低くを抑えるために副業解禁にしている感じがする」と語った。石山は「確かにそういった流れの副業解禁もありました。しかし、今は変わってきている。時代変化が激しい。高度経済成長期も会社が永久の不滅とはいえなかった。むしろ、会社は長期雇用の努力をしようとしつつも社員に能力を高めてもらうことを考えた方が現実的」と語った。「副業に興味はある。しかし会社に禁止されている」という声が紹介された。石山は「勤務時間外は社員が何をしようと本来自由。情報漏えいなども心配もあった。しかし企業も考え方が変わってきた」と語った。

大阪・生野区にある大手製薬会社が今年2月副業を解禁した。山田邦雄会長は「第2の仕事を持ってください」と語った。この製薬会社の吉本有希さんは「東北の復興支援で漁業とか今までの企業で働くのと全然違働き方が違ったりとかそこに行った社員の成長が本当にすごくて、彼ら自身が自立した人になっていくのを目の当たりした。社外で得られる経験が人を成長させる」と語った。目薬と胃腸薬が主流だったこの会社はスキンケア市場に参入。旬の野菜にこだわったレストランもオープン。多角化で始めた事業の売上は全体の7割にのぼる。人事部マネージャーの矢倉芳夫さんは「枠を飛び越えて、自分も成長しようとか自分の可能性をもっと広げることが一番の狙い」と語った。

東京・渋谷で約30の企業がブースを設けて社会人が別の仕事に出会えるイベントが開催された。ある人材派遣会社は、アフター5や休日を利用して、ベンチャー企業の経営に参画できるサービスを運営。サービス発案者の秋山貫太さんは「これまでは転職するか現職にとどまるかの2択だったが、新たな機会を提供出来たと思っている」と語った。1年半で登録者数は15000人を超えた。イベント参加者は「自分が生きていくことに対して、危機感を感じていたので違う世界も見てみたいと利用した」と語った。企業の側も社外のアイデアを積極的に取り入れようとしている。ネットで手作りの動画を配信するユーチューバーと提携しているベンチャー企業は、ユーチューバーを企業に紹介するサービスをしている。しかし、悩みは営業活動。ユーチューバーによる広告の利点をうまくアピール出来てなかった。動画広告会社社長である渡邉拓さんは「広報やマーケティングをどうするかの知恵を借りたい」と述べた。この呼びかけに興味を示す大手広告代理店勤務の渡辺大和さんがいた。渡辺大和さんは渡邉拓さんと打ち合わせ。ユーチューバーによる広告の利点のアピールについて「制作費の安さ」「動画を見た人の数字がリアルタイムで分かるので効果を把握しやすい」などを強調することが話し合われた。

石山恒貴は「会社で働くこと自体が学びですが、それと複合して外でも学ぶという時代なのではないか」と語った。パラレルキャリアという本業以外に仕事を持つことや非営利活動などに参加することが注目されているということを石山が説明した。

「サキどり↑」のホームページとツイッターの紹介テロップ表示。

♪「This is your time/Change」

キーワード
ハンドメード
IKEJIRI INSTITUTE OF DESIGN
ハンドメイド
ドリームマムプロジェクト
大阪樟蔭女子大学
3Dプリンター
サキどり↑ 公式twitter
サキどり↑ ホームページ
山田邦雄
副業
ロート製薬
生野区(大阪)
スマートフォン
リーマン・ショック
丸の内(東京)
六本木(東京)
カナダ
高度経済成長期
終身雇用
バブル崩壊
YOUTUBE
ユーチューバー
渋谷(東京)
パラレルキャリア
サキどり!公式ホームページ
サキどり↑公式Twitter
This is your time
Change

エンディング (その他)
08:53~

「サキどり↑」のホームページとツイッターの紹介テロップ表示。

ハンドメードママ集団であるドリームマムプロジェクトのメンバーがついにお店をオープン。オーナーは後藤亜矢子さん。心をつなぐハンドメード。自宅から世界に広がり続ける。

♪「Celestial/Tori Kelly」

♪「This is your time/Change」

明日に向かってそれぞれのスキルを磨くサラリーマン。ユニークな求人サイトが登場した。「副業OK」などの項目が選べる求人サイトだ。伊藤哲弥さんは、副業先の会社でその仕事ぶりと働き方は評価されている。

キーワード
サキどり!公式ホームページ
サキどり↑公式Twitter
ハンドメイド
ドリームマムプロジェクト
Celestial
Tori Kelly
This is your time
Change
副業
YOUTUBE
ユーチューバー
渋谷(東京)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月8日 放送
  3. 次回の放送