Newsモーニングサテライト 2013年6月17日放送回

放送日 2013年6月17日(月) 5:45~ 6:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

今日のコメンテーターは、東京大学大学院教授の伊藤隆敏さん。

キーワード
東京大学大学院
伊藤隆敏

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式相場(ダウ、ナスダック、S&P500)先週末の終値を確認。先週はダウが100ドル以上の値動きをした日が5営業日中4日と変動の激しい相場が続いた。

現在の為替と株式先物の終値の情報。

キーワード
S&P500
ナスダック
ダウ
為替
日経先物

ニュース (ニュース)
05:46~

このあとは、サミット「3つのT」がテーマに。

アメリカFRBは18日と19日にFOMCを開催する予定。バーナンキFRB議長は先月の議会証言で、労働市場の持続的回復確認なら年内にも量的緩和縮小の可能性があることを示唆。ただ縮小の具体的条件は明確にせず、19日に発表されるFOMC声明とその後の記者会見に注目が集まっている。アメリカのエコノミストは今回のFOMCで金融政策の変更を示唆するメッセージはないと考えており、UBS銀行のサム・コフィン氏は「即座の量的緩和縮小は示唆せず、経済指標の改善が続けば検討し始めることを明確にするだけにとどまる。雇用市場以外はまだ停滞している。設備投資も弱いし、輸出も振るわず政府の財政支出削減も行われている。年内の量的緩和縮小はないとみている」と語った。

キーワード
FOMC
バーナンキFRB議長
UBS銀行

ニュース (ニュース)
05:49~

ヨーロッパを訪問中の安倍総理がハンガリーなど東欧4カ国と首脳会合を行い、日本とEUが進めるEPA・経済連携協定の早期締結に向け協力することで一致した。ポーランドのトゥスク首相と会談した安倍首相は、防衛分野でも協力することで合意。東欧4カ国との首脳会合には日本の総理大臣として初参加し、原発の新設などを進める東欧4カ国に日本が受注できるよう技術力をアピールした。

昨日、日銀の黒田総裁が東日本大震災による津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市を訪れ、水産加工会社を視察した。黒田総裁は、被災地の金融機関に向けて行っている低金利での貸し出し制度などで被災地の復興を後押ししていく姿勢を示した。

東京・品川区の大井町駅で会社員の男性が線路に突き落とされ重傷を負った事件で、警視庁は会社員の男2人を殺人未遂の疑いで逮捕した。2人の男は電車内で注意を受けたことから男性と口論になり、線路に突き落とした疑いが持たれている。警視庁の調べに対し、容疑者の一人は「殺意はなかった」と供述しているという。

任期満了にともなう静岡県知事選挙が行われ、無所属・現職の川勝平太氏が再選。川勝氏は中部電力・浜岡原発の再稼動について県民投票を実施し、是非を問うことに意欲を示した。また、南海トラフ巨大地震に備えて津波対策の強化を訴えるとともに、農林業の独自産業化を進め経済成長を遂げていくと強調した。

河本充夫がイギリス・ベルファストから生中継し、今回のG8で重要な議題となるのが貿易(TRADE)、透明性(TANSPARENCY)、税金(TAX)の3つのTだと伝えた。アメリカの議会では先月、アップルはアイルランドの子会社に利益を移して数千億円の税を回避したと厳しく追及。クックCEOは「アメリカの税制がこのデジタルの時代に追いついていない」と反論した。一方、スターバックスの現地法人がコーヒー豆を高く仕入れて税率が低い国に利益を移し、イギリスでの納税を逃れていたとして非買運動にまで発展する騒動が発生。このほかGoogleやAmazonにも税金逃れの疑いが高まっており、キャメロン首相は「租税の回避を取り締まる新しい仕組みを作る」とやる気の姿勢をみせている。EU当局者からは、租税回避や脱税によって年間約1兆ユーロ(125兆円)の税収がEU全体で失われているとの指摘も出ている。

キャメロン首相が述べる新しいルール作りについて、シェブロンのワトソンCEOが「全ての企業は世界各国の法律を自らの有利になるように利用している。それはインセンティブの当然の活用だし、正直、私たちはそうすることを求められている」と、CFRのロバート・カーン氏は「企業が法律の範囲内で活動している限り、各国にできるのは税率を同じにすることくらい。経済危機は遠のきつつあり、各国が大胆な策で一致する大義名分は薄れている」と否定的な意見を語っている。

キーワード
安倍首相
EU
EPA・経済連携協定
首脳会合
トゥスク首相
ハンガリー
ポーランド
黒田総裁
東日本大震災
石巻市(宮城)
警視庁
大井町駅
品川区(東京)
殺人未遂
川勝平太
静岡県知事選
南海トラフ巨大地震
津波
中部電力
マケイン上院議員
アップル
クックCEO
スターバックス
Google
Amazon
G8
ワトソンCEO
シェブロン
ベルファスト(イギリス)
キャメロン首相
CFR
ロバート・カーン

今週の予定 (バラエティ/情報)
05:55~

G8首脳会議開催やFOMC開催など今週の主な予定を伝えた。

伊藤隆敏がFOMCについて「5月22日以来、世界のマーケットが荒れている。あの時の出口戦略についてのバーナンキ議長の言及が本心だったの言い間違えたのか。良い条件が繋がれば出口が見えてくるとうい話だが、条件の方は取り上げられず、最後の部分だけが強調されたのかもしれない」と語った。

キーワード
G8首脳会議
FOMC
消費者物価指数
貿易統計
全国百貨店売上高
黒田総裁
中古住宅販売件数
製造業PMI
EU財務相理事会
出口戦略
バーナンキ議長

東京市場 株と為替の見通し (ニュース)
05:57~

現在の為替の情報。

現在の各国の為替情報。

SMBC日興証券の野地慎が、今日の為替の見通しについて解説。欧州時間では95円前後での推移が続いていたが、ニューヨーク株式市場の下落に合わせる形でドル円も値を下げ94円台前半で取引が終了。今週行われるFOMCをにらんでポジション調整が中心となりそうだが、ここ数日は東京市場参加者の円売りポジション解消が多くみられているので、ドル円の上値がおさえれることが予想されるという。注目ポイントはアメリカの長期金利動向。高値からのドル円の下落局面では、アメリカの10年債利回りの上昇がみられている。通常アメリカの長期金利上昇は円安ドル高の材料だが、ここ数週間は逆の動きが起きている。FOMCでQE3の早期縮小が否定されれば円安に動く可能性があるが、いずれにしてもアメリカの長期金利に注目が集まるとのこと。

キーワード
為替
SMBC日興証券
ニューヨーク株式市場
FOMC
東京市場
QE3

エマージングトピックス (ニュース)
05:59~

野村総研モスクワ支店の岩田朗さんと電話中継。モスクワの中心部に丸亀製麺モスクワ1号店が2月にオープンし、日本の店と同じ味が楽しめるということでモスクワに駐在にする日本人やロシア人から人気を集めているという。7月にはさらに2店舗がオープン予定。日本食は安心・安全というイメージがありとても人気だが、丸亀製麺のような大手チェーン店が進出したのは初めてなので、日本の外食産業は大いに注目していると思われるとのこと。

ロシアの今年の成長率の見通しが2.4%に下方修正されたことについて、岩田朗さんは「成長ポテンシャルの大きなロシアに対する国際社会の期待度は以前高いことから、日系企業だけでなく欧米・中国・韓国の企業など外国企業の事業は拡大する方向。日本企業のさらなる進出を見越して、不動産仲介のスターツコーポレーションが3月にモスクワに海外拠点を設けている」と語った。

来年開催されるソチ五輪について岩田朗さんが「オリンピックを前に世界陸上選手権など国際的なスポーツイベントが目白押しです。プーチン大統領は2017年のサッカーコンフェデレーション杯と2018年のワールドカップの準備をし、実施することに関する法律に署名をしている。大会関係者や選手のビザなし制度を導入し、大会帰還中の外国人観光客もビザなしを進める見通し。4月の安倍総理の訪ロをきっかけに日露の関係も変化しており、さらに多面的な良好関係につながっていくよう期待したい」と語った。

キーワード
野村総研
モスクワ(ロシア)
トーポリ
丸亀製麺モスクワ1号店
丸亀製麺
スターツコーポレーション
ソチ五輪
世界陸上選手権
ユニバーシアード
ラグビーワールドカップ
プーチン大統領
サッカーコンフェデレーション杯
ワールドカップ
ビザ
安倍総理

日経朝特急 (ニュース)
06:02~

日本経済新聞の記事を紹介。日本とEUは電気機器や自動車など主要工業品の安全基準を相互承認する。輸出先の国での認証手続きを不要にし、日本国内でEU基準の審査も出来るようにするという。

日本経済新聞の記事を紹介。法人税収に占める製造業の割合が、バブル崩壊後の最低水準に低下している。2011年度の法人税収のうち製造業の割合は28.6%で、20年前に比べて9.1ポイントの下落。国際競争の激化や円高を受けた生産拠点の海外移転が背景にあると考えられる。伊藤隆敏が「法人税率を下げることによって日本にとどまってもらうことが重要だし、また日本に入ってくる企業もある」とコメント。

日本経済新聞の記事を紹介。新興国でドル建て債務が急増している。調査会社の集計によると、中国やロシアを含む183カ国が1~5月に発行したドル建て債権は1年前に比べて43%増加。新興国通貨が上昇し、ドル建ての資金調達が有利になっていたためと考えられる。しかし足元では新興国通貨が急落しており、新興国の債務負担が膨らむ可能性がある。伊藤隆敏が「どっちに振れても文句を言う人はいる。新興国は自国通貨建ての債権を出せるようにすることが重要だと思います」とコメント。

日本経済新聞の記事を紹介。15日夜、トルコの警察当局はイスタンブール中心部でエルドアン首相への抗議活動を続けるデモ隊数千人を強制排除した。警官隊がデモ隊に向けて催涙弾を打ち込み、負傷者も発生。強行姿勢を見せる首相に対し、デモ隊側は強く反発している。

キーワード
日本経済新聞
バブルが崩壊
円高
法人税
新興国
ドル建て
エルドアン首相
イスタンブール(トルコ)

天気予報 (ニュース)
06:05~

今日の全国天気予報と週間予報。

BGM:B・J・THOMAS「RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD」

このあとは、アメリカ“完全禁煙”の波紋。

キーワード
B・J・THOMAS
RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD
アメリカ

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:07~

このあとは、運営方針の見直しに着手。

イラン大統領選挙で当選した穏健派で知られるハサン・ロウハニ新大統領について、長らく停滞していた核問題の解決に新たなチャンスが生まれたと報じている。一方で専門家らは欧米とイランが歩み寄らない限り、問題は解決しないとしている。

現在の金融市場は金融政策の動向に左右されているが、景気回復にともなって企業業績が株価を牽引するオールドノーマル(正常な姿)になると報じている。その場合、債券利回りは上昇し、インフレ率は2%に留まれば10年債の利回りの正常な水準は5%の見通し。またオールド・ノーマルは世界中の株や債権などの売りを引き起こすが、正常化に戻すための必要なステップ。(バロンズ)

ニューヨークの不動産大手が全米に展開する自社の賃貸マンションで全ての場所を禁煙にしたという。ニューヨーク市では他の部屋からのタバコの煙が入ってきたとの苦情が多く、今回の全面禁煙に繋がったと見られているがプライバシーの侵害との声も出ている(ニューヨーク・タイムズ)

伊藤隆敏は景気回復にともなって企業業績が株価を牽引するオールドノーマルについて、「日本でも起こるだろうが2年は遅れるだろう」とコメント。

キーワード
ハサン・ロウハニ新大統領
イラン大統領選挙
イラン
バロンズ
ニューヨーク(アメリカ)
ニューヨーク・タイムズ

伊藤隆敏 解説 (ニュース)
06:12~

このあとは、“顧客サービスの真髄”

東京大学大学院教授で国際金融が専門のハーバード大博士こと伊藤隆敏を紹介した。今月7日に公的年金基金・運用改革の有識者会議の座長起用された伊藤隆敏はGPIFの調整をすることが役割であると説明。現在GPIFは約112兆円となっており、5年に一回見なおすことになっていて最近に短期資産・外国債券・外国株式・国内株式・国内債券が見直されたと解説した。そして現在の資産構成割合の内訳を紹介した。2008年にも議論はされており、伊藤隆敏が経済財政諮問会議の議員だったとき専門委員会を設け、レポートを作成しており、今回の会議でも参考資料となると述べた。

東京大学の伊藤隆敏が「ガバナンス強化と責任関係の明確化」について解説。ベビーファンドの改革後の運用例のグラフを例に、ベビーファンド同士を競わせたり、額を増減させる方法などを示した。また、投資の基本は分散させることだと言い、このような改革をすれば日本に運用のプロが集まってきて活性化につながるとした。

キーワード
東京大学大学院
公的年金
外国債券
株式
経済財政諮問会議
東京大学
ベビーファンド

リーダーの栞 (バラエティ/情報)
06:21~

オイシックスの高島宏平社長が会社立ち上げの頃から読んでいるという「小さなスーパーの世界一のサービス(ファーガル・クイン:かんき出版)」を紹介した。「小さなスーパーの世界一のサービス」には顧客志向の重要性が書かれていると語った。「小さなスーパーの世界一のサービス」を参考にして高島宏平社長はひと月に一度は客の自宅を訪問して自社のサービスの評価を直接伺い改善していると述べた。

紀伊國屋書店調べのビジネス書最新ランキングが発表(6月7~13日)。

このあとは、東京市場の株価は?

スタジオにて植田萌子らが紹介した「小さなスーパーの世界一のサービス」についてトークした。

5位は「雑談力が上がる話し方(斎藤孝:ダイヤモンド社)」・4位は「今やる人になる40の習慣(林修:宝島社)」・3位は「いつやるか?今でしょ!(林修:宝島社)」・2位は「不格好経営 チームDeNAの挑戦(南場智子:日本経済新聞社)」・1位は「伝え方が9割(佐々木圭一:ダイヤモンド社)」。

キーワード
オイシックス
紀伊國屋書店
ビジネス書最新ランキング
東京市場
かんき出版
ファーガル・クイン
小さなスーパーの世界一のサービス
斎藤孝
林修
南場智子代表取締役社長
佐々木圭一
宝島社
日本経済新聞社
雑談力が上がる話し方
今やる人になる40の習慣
いつやるか?今でしょ!
伝え方が9割
不格好経営 チームDeNAの挑戦

ニュース (ニュース)
06:25~

アメリカFRBは18日と19日にFOMCを開催する予定。バーナンキFRB議長は先月の議会証言で、労働市場の持続的回復確認なら年内にも量的緩和縮小の可能性があることを示唆。ただ縮小の具体的条件は明確にせず、19日に発表されるFOMC声明とその後の記者会見に注目が集まっている。アメリカのエコノミストは今回のFOMCで金融政策の変更を示唆するメッセージはないと考えており、UBS銀行のサム・コフィン氏は「即座の量的緩和縮小は示唆せず、経済指標の改善が続けば検討し始めることを明確にするだけにとどまる。雇用市場以外はまだ停滞している。設備投資も弱いし、輸出も振るわず政府の財政支出削減も行われている。年内の量的緩和縮小はないとみている」と語った。

キーワード
FOMC
バーナンキFRB議長
UBS銀行

NYマーケット (ニュース)
06:27~

NY株式相場(ダウ、ナスダック、S&P500)先週末の終値を確認。

キーワード
S&P500
ナスダック
ダウ

東京市場 株と為替の見通し (ニュース)
06:28~

株式先物の情報。

このあとは、きょうの天気は?

日経平均株価の今日の見通しを大和証券の木野内栄治が解説した。注目ポイントはG8首脳会談であるとし、裁定買い残の推移を例に株式の持久面での心配は少ないのではと説明した。

キーワード
大証先物
日経先物
日経平均
大和証券
G8
裁定買い残

天気予報 (ニュース)
06:31~

今日の全国天気予報と週間予報。

BGM:B・J・THOMAS「RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD」

このあとは、NYで大行列!

キーワード
RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD
B・J・THOMAS
NY(アメリカ)

きょうの予定 (バラエティ/情報)
06:34~

今日の予定として、「G8首脳会議」・「5月 首都圏マンション市場動向」・「4月 第3次産業活動指数」と紹介した。

キーワード
G8
第3次産業活動指数
首都圏マンション市場動向

エンディング (その他)
06:34~

「モーサテ」など6つの経済番組を配信中。詳しくは「テレビ東京ビジネスオンデマンド」で検索!

明日の「Newsモーニングサテライト」の予告テロップ。

いまニューヨークで人気がある「クロナツ」を紹介。「クロナツ」は1日250個限定で1人2個までの販売となっており、毎朝長蛇の行列ができている。

伊藤隆敏が今日の経済視点として「刺さったまんまの三本の矢」と発表し、この三本の矢がうまくいくかによってアベノミクスがさらにうまくいくかどうかが決まるのだと解説した。

キーワード
モーサテ
テレビ東京ビジネスオンデマンド
ニューヨーク(アメリカ)
クロナツ
アベノミクス
  1. 前回の放送
  2. 6月17日 放送
  3. 次回の放送