アスリートの魂 終わりなき探究 弓道 増渕敦人

アスリートの魂(アスリートのたましい)は、NHK総合テレビジョン→NHK BS1で放送されているスポーツドキュメンタリー番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年10月16日(木) 1:30~ 2:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

日本大学弓道部。かつてそこに的中の怪物と呼ばれた男がいた。現在は高校の教師・増渕敦人だ。増渕は過去に天皇杯で優勝するが翌年、全て的に当てるが惨敗、「ただの的当て」と酷評された。正しい打ち方について、考え始めた。

キーワード
弓道
日本大学
天皇杯

終わりなき探究 弓道 増渕敦人 (バラエティ/情報)
01:33~

栃木県宇都宮市に住む増渕。車のナンバーも弓道と一緒の9。この日は大会に出場した。増渕は見事矢を的中させ優勝した。しかし試合後「まだ自分の射ができていない」と語った。

増渕は高校で保健体育を教えている。お昼ごはんは妻が作ってくれたサラダのみ。頭にあうのはつねに弓道の事ばかりだ。栃木県立宇都宮中央女子高校の弓道部を指導している。

増渕は平成4年に29歳という史上最年少で天皇杯を優勝している。ところがその翌年、全ての矢を当てたにもかかわらず予選敗退。審査員の一人に「ただの的当て」と酷評された。

弓道は戦で用いられた弓術に始まり、武士の精神統一を目的とするものとして進化した。その極意が正射正中。吉本清信は「的にとらわれると正しい射が崩れてしまう。正しくひいて正しくあてるのが求めている姿」と語った。

増渕は「とにかくあてる射しかできなかった」と当時を振り返った。挑んでも挑んでも結果が出ず、44歳のとき、打ち方を迷い弓を落としてしまう。

埼玉県川越市の道場に有段者の仲間を集め、フォームの修正を行った。長年染み付いてフォームを直すのは容易ではなく、肉体改造も行った。増渕は「自分の弓道理論を捨てるからとにかく自分をゼロから作り作り上げたい」と語った。

増渕は「ゴルフは景色がかわる、弓道と比べたらずっと楽しい、でも自分にあってる競技は弓道」と語った。

増渕は練習の成果を確認するため、普段は参加しない市民大会に参加した。しかし目指していたことが全く出来ず、午後の試合を棄権して家に帰ってしまった。

増渕は「緊張状態で自分をコントロールすることができなかった」と語り、練習場で練習を続けた。試合の緊張状態を再現するために、教え子全員に携帯で写真を撮影させながら練習をした。天皇杯はあと1ヶ月にせまっていた。

米沢市に向かった増渕。天皇杯で3回優勝した岡崎廣志に会うためだ。岡崎は「遠くをイメージして大きな遠くの大きな世界にまで戻る。とことん伸びる。矢なんてどこいってもいい」とアドバイスをした。そして天皇杯がスタートした。

明治神宮で天皇杯が開かれた。一射目は勝負が決まる大事な局面だ。しかし一射目はわずかに的を外してしまう。プレッシャーを抱えて挑んだ2投目は見事的中させた。3射目は外してしまい、あとがなくなった。そして放った4射目は見事的中させた。しかし、型の審査で敗れてしまい、予選敗退となった。増渕は「自分では打たれ強いタイプだと思ってますので何度跳ね返されてもいってやろうと思ってます」と語った。

埼玉県川越市の道場に有段者の仲間を集め、フォームの修正を行った。長年染み付いてフォームを直すのは容易ではなく、肉体改造も行った。増渕は「自分の弓道理論を捨てるからとにかく自分をゼロから作り作り上げたい」と語った。

キーワード
弓道
宇都宮市(栃木)
天皇杯
蒙古襲来合戦絵巻
千代田之御表 御的場始
川越市(埼玉)
米沢市(山形)

エンディング (その他)
02:13~

エンディング映像。「アスリートの魂」のホームページアドレスがテロップ表示。

キーワード
アスリートの魂 ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 10月16日 放送
  3. 次回の放送