BSコンシェルジュ 山形発地域ドラマ“私の青おに”〜村川絵梨・木南晴夏〜

『BSコンシェルジュ』(ビーエスコンシェルジュ)は、NHK(総合テレビおよびBS1・BSプレミアム)で放送されている情報・トーク番組。愛称は「びぃコン」。NHK衛星放送局制作。番組では、NHK-BS(BS1・BSプレミアム)で放送される番組の出演者とトークを交えながら番組を紹介する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月13日(金) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:20~

浜田広介の「泣いた赤おに」は赤おにと青おにの友情を描いた絵本だが、山形・高畠町を舞台にドラマ「私の青おに」として蘇る。背景に浜田広介記念館の映像。

キーワード
浜田広介
泣いた赤おに
高畠町(山形)
私の青おに

BSコンシェルジュ (バラエティ/情報)
12:21~

きょうは山形・高畠町文化ホール ステージにて収録。18日放送の山形発地域ドラマ「私の青おに」に出演した木南晴夏と村川絵梨がゲストとして登場した。高畠町は「泣いた赤おに」が誕生した地でもあり、木南晴夏と村川絵梨は高畠町を訪れた際の印象として、瓜破石庭公園などをあげた。ドラマ「私の青おに」は「泣いた赤おに」がモチーフになっている。

18日放送の「私の青おに」のあらすじを伝えた。物語の舞台は山形・高畠町で、「泣いた赤おに」の続編を作ろうという町のプロジェクトに参加した女性と、彼女を学生時代にいじめから救った友人との再会物語である。

「私の青おに」は「泣いた赤鬼」の続きのようなイメージだが、村川絵梨と木南晴夏が演じる女性がそれぞれ赤おにと青おに的存在。2人は役作りにあたって意識した部分や、

「私の青おに」の舞台となったのが高畠町。ドラマにも登場する料理の数々は地元の人たちが作ったもので、「玉こんにゃく」など地元の食材がふんだんに使われていた。また高畠町のワイナリーの醸造責任者がワイン指導を行った。また出版記念イベントのシーンでは高畠町のみなさん約280人が参加した。

「私の青おに」では、地元を離れて働く女性と地元で実家を継ぐ対象的な2人の立場が描かれている。村川絵梨と木南晴夏は共に大阪から上京した時の気分などについて語った。「風のハルカ」の画像。

高畠町文化ホールのステージに、高畠町の店主たちが結成したチンドン隊「四五六座」が登場し、高畠町でドラマが行われた感想を述べた。

「私の青おに」では地元の方が作った料理が登場したが、実際に作った高橋初子さんが登場し「玉こんにゃく(米沢牛入り)」について語った。また木南晴夏にワイン指導をした川邉久之さんも登場し、どんなアドバイスをしたかなどを語った。また村川絵梨と木南晴夏は、地元の人と作り上げたドラマについての感想を述べた。

キーワード
高畠町(山形)
高畠町文化ホール
私の青おに
瓜破石庭公園
泣いた赤おに
浜田広介
風のハルカ
玉こんにゃく
山菜の煮物
四五六座
玉こんにゃく(米沢牛入り)

びぃコン通信 (その他)
12:39~

バークレイズ ATPワールドツアーファイナルの番組宣伝。

「BS番組の詳しい内容はこちらへ!」のテロップ表示。

100年インタビュー「長嶋茂雄」の番組宣伝。

キーワード
NHK BSオンライン

エンディング (その他)
12:41~

山形発地域ドラマ「私の青おに」に出演した村川絵梨と木南晴夏が作品の見所を語った。

キーワード
私の青おに
  1. 前回の放送
  2. 11月13日 放送
  3. 次回の放送