BSコンシェルジュ プレミアムドラマ“そこをなんとか2”〜本仮屋ユイカ〜

『BSコンシェルジュ』(ビーエスコンシェルジュ)は、NHK(総合テレビおよびBS1・BSプレミアム)で放送されている情報・トーク番組。愛称は「びぃコン」。NHK衛星放送局制作。番組では、NHK-BS(BS1・BSプレミアム)で放送される番組の出演者とトークを交えながら番組を紹介する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年8月1日(金) 12:20~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:20~

弁護士バッジはヒマワリをモチーフにして作られており、自由と正義の信念などの意味をもっている。そんな弁護士の奮闘を描いたドラマ「そこをなんとか2」がBSプレミアムで8月3日から放送される。

キーワード
BSプレミアム
本仮屋ユイカ
ひまわり

プレミアムドラマ“そこをなんとか2”〜本仮屋ユイカ〜 (バラエティ/情報)
12:21~

本日のゲストはドラマ「そこをなんとか2」で主演を演じる本仮屋ユイカさん。話をもらった時、本仮屋さんは「やっと来たか」という気持ちなどがあったなど話した。

「そこをなんとか2」のストーリーを紹介。本仮屋さんが演じるのは弁護士3年目になる女性。1話では特許を巡った裁判で高額な成功報酬が狙えて主人公は期待を膨らませていた。しかし、裁判では不利な状況に追い込まれていく。

ドラマ「そこをなんとか2」で主演を演じる本仮屋ユイカさんに役を演じた感想を聞いた。役を演じてみて人生のターニングポイントに関る仕事でタフでないとできないと話し、主人公に関してタフで人懐っこいなどと話し、少しずれている所が自分に似ているなど共通点があるなど話した。

2012年放送の「そこをなんとか」から主人公の口癖などを紹介。「そこをなんとか」の主人公・楽子は幼少の時に父親が多額の借金を抱え失踪。家族を守ってくれたのは弁護士で弁護士を目指すようになっていった。

主人公の口癖となっている「そこをなんとか」。そんなセリフには「これがきっかけで相手の本心をきけるのではないか」と話した。

「そこをなんとか」の登場人物について紹介。楽子の上司は大友康平が演じており、先輩は市川猿之助が演じている。アニ弁は楽子がいきずまった時に的確なアドバイスをしてくれている。また、「そこをなんとか2」では楽子の前に井上芳雄が演じるエリート弁護士が現れ、楽子の前に立ちふさがる。

井上芳雄が演じるエリート弁護士について、本仮屋さんは楽子からすればとても嫌な相手だが、本心をそのままぶつけられる相手であると話した。また、市川猿之助が演じるアニ弁について、楽子に大きな存在だったなど話した。

キーワード
BSプレミアム
本仮屋ユイカ
大友康平
雛形あきこ
鈴木浩介
渡部豪太
特許
そこをなんとか
市川猿之助
川畑要
内山理名
井上芳雄

びぃコン通信 (その他)
12:40~

8月2日に放送される「グレートトラバス」の番組宣伝。2日の放送は第3集目で鳳凰山~白馬岳をを渡り歩く。

「迫力満点!究極の動物エンターテインメント~シンガポール 動物園の舞台裏~」の番組宣伝。

キーワード
鳳凰山
白馬岳

エンディング (その他)
12:42~

「そこをなんとか2」の見所について現実にうまくいかない所もあるが、明るく頑張る所もあるなど話した。

キーワード
そこをなんとか

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月1日 放送
  3. 次回の放送