サタデースポーツ 2016年4月23日放送回

『サタデースポーツ』は1990年4月から2005年12月までを第1期として放送され、その後2011年4月から第2期として放送されるNHK総合テレビの土曜日のスポーツニュース番組。サンデースポーツの姉妹編とされている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年4月23日(土) 22:00~22:30
放送局 NHK総合

番組概要

サタデースポーツ (ニュース)
22:00~

スーパーラグビーのサンウルブズは開幕から7連敗。1ヶ月ぶりの秩父宮ラグビー場での試合相手・ジャガーズは、去年のW杯4位のアルゼンチン代表11名が先発している。5点をリードされて前半を折り返したサンウルブズだが、後半は磨いてきたバックスのサインプレーや、課題とされてきたスクラムでも互角の戦いを見せる。残り10分、キャプテン・堀江翔太が反則を誘ってPGで逆転。サンウルブズリードのまま、終了間際には立川理道がトライを決めて36-28で初勝利を掴んだ。

一橋忠之と杉浦友紀が挨拶。スタジオでサンウルブズ初勝利までの道のりを振り返る。2試合目のチーターズ戦は1点差、4・5試合目のブルズ戦・キングス戦は僅差で破れていた。試合後、大野均は「7連敗しているが、その中でシーソーゲームで負けた試合も何試合かあってその経験が生きたと思う」と、反則しないことや相手より早く動き出すことをチーム全員が意識していたと語っていた。サンウルブズの次の試合は来月の7日、日本でのフォース戦となる。

ロッテとオリックスの試合。ロッテの涌井秀章は開幕から4連勝中でオリックスには去年から負けていない。対するオリックスのエース・金子千尋は今シーズンまだ勝ちがない。涌井は無失点のまま7回を迎えたが、オリックス・ボグセビックに来日初ホームランを許した。一方の金子は回を重ねるごとに調子を上げ、7回1失点でマウンドを降りた。涌井は8回でマウンドを降りたが、9回の土壇場でオリックスに追いつかれ5連勝はなくなった。試合は4-3でロッテが勝利した。

ソフトバンクと日本ハムの試合は、4-2でソフトバンクが勝利した。

西武と楽天の試合は、延長戦でも決着がつかず8-8で引き分けた。

パ・リーグの順位表を紹介した。

巨人とDeNAの試合は3-0でDeNAが勝利した。

中日とヤクルトの試合は、7-5でヤクルトが勝利した。

広島と阪神の試合は2-3で広島の勝利。広島の先発・黒田博樹は試合後、「新井の2000本安打をみなさんの声援で後押ししてほしい」とコメントした。

セ・リーグの順位表を紹介した。

ロッテの監督を務めた山本功児さんがきょう、64歳で亡くなった。山本さんは昭和51年にドラフト5位で巨人に入団し、昭和59年にロッテに移籍。打率は移籍一年目に.301をマークした。現役引退後は平成11年から5年間、ロッテの監督を務めた。山本さんが抑えに抜擢したロッテ・小林雅英投手コーチは「プロ野球選手として僕のことを作ってくれた方。残念な気持ちでいっぱい」と悼んだ。

いまスポーツの世界では、アスリートの能力や特徴をデータを使って解き明かす動きが進んでいる。日本を代表するゲームメーカー、横浜F・マリノスの中村俊輔とガンバ大阪の遠藤保仁。Jリーグでの直接対決のデータから2人の力を紐解く。今月2日、吹田スタジアムで行われたマリノスとガンバの試合では、2人はそれぞれチームの中心として力を発揮した。2人のこの試合のデータを見ると、お互いにチーム最多のパスで攻撃を組み立てていた。これをより詳細なデータで見ると、中村は技術を生かしたボールキープが特徴として表れた。3秒以上のボールキープ回数は、去年のJ1全選手の中でトップだった。中村は「中盤を制してゲームを引き寄せたいタイプ」と自らを分析する。中村のプレーを遠藤は「マークがいてもなんでもできる選手なので油断できない。一発でゲームを変えられるパスを出せる」と語った。

遠藤には、中村とは対象的な特徴がみられる。ピッチ上での走行距離はチーム3位の11.112km。その動きをトレースすると縦横無尽に走り回っていることがわかる。さらに、ピッチの至るところで繰り出されたパスの数は100本。うち31本がワンタッチパスだ。遠藤はできるかぎりボールを速く動かして、さらに自分も動いていくことでゲームを作っていた。遠藤は「なんとなくフラフラしながら相手の一瞬のすきをつく。敵の目線を変えていくのは大事なことだと思う」と話す。それを示すプレーを紹介した。遠藤は「ミュージカルでいう演出家。見えないところで実は試合を決めているのが僕の仕事と思う」と自らを分析。そんな遠藤を中村は「やりにくさは(簡単には)伝わらないところ。(遠藤に)自由にやらせてもいいと思っていたら、結局攻撃が始まったのは遠藤のところということが多い」と語った。

「スポーツ データ・コロシアム 司令塔対決」の番組宣伝。

キーワード
サンウルブズ
スーパーラグビー
ジャガーズ
立川理道選手
堀江翔太主将
チーターズ
キングス
ブルズ
大野均選手
ロッテ
オリックス
涌井秀章
金子千尋
ボグセビック
日本ハム
ソフトバンク
楽天
西武
DeNA
巨人
中日
ヤクルト
広島
阪神
黒田博樹投手
小林雅英投手コーチ
山本功児さん
横浜F・マリノス
ガンバ大阪
吹田スタジアム

Today’s SPORTS (ニュース)
22:22~

北米・欧州・アジアの三大陸がチームで戦うフィギュアスケート3大陸対抗戦で、シングル・ショートプログラムに出場した宇野昌磨は、4回転フリップを国際スケート連盟公認の大会で初めて成功させた。宇野は、その後の連続ジャンプも決めて自己ベストを上回る105.74をマークした。また、宮原知子は安定感のある演技で73.28をマーク。64ポイントを獲得したアジアチームは、シングルショートプログラム部門で優勝した。

ゴルフの国内女子第2ラウンドに登場した熊本・菊陽町出身の笠りつ子は実家が被災し、「ふるさとに元気を」と単独首位でスタートした。きょうはバンカーのピンチも小技でバーディーチャンスに変え、これを決めた。スコアを4つ伸ばした笠は首位をキープ。被災地へ優勝を届けたいと最終日に臨む。熊本市出身の上田桃子順位を17位に下げたが最終日で巻き返しを目指す。

国内男子第3ラウンドに登場した永野竜太郎は、被災した熊本・益城町の出身。先週は優勝を争って3位だった。パープレイの永野は13位に後退。「ギャラリーの方から頑張れと言ってもらえるのは嬉しい。自分の後押しにもなっているので最善を尽くして明日プレーしたい」と気持ちを入れなおした。

キーワード
フィギュアスケート3大陸対抗戦
宇野昌磨
4回転フリップ
宮原知子
伊東(静岡)
笠りつ子
菊陽町(熊本)
熊本市(熊本)
益城町(熊本)
上田桃子
永野竜太郎
野田(千葉)

サタデースポーツ (ニュース)
22:25~

スペイン・バルセロナで開かれている大会で3連覇を目指す錦織圭は、去年2回敗れているフランスのペールと対戦した。錦織は最後まで集中を切らさず、2-0のストレート勝ち。決勝に進出した。

J2の試合結果、なでしこリーグ1部、NBL、bjリーグの試合結果を紹介した。

あすのサンデースポーツは「広島 新井貴浩 2000本安打まであと3」「前田健太 3勝目は?」「ロアッソ熊本 巻誠一郎 ふるさとへの思い」「柔道男子100キロ超級 五輪代表争い 七戸×原沢」。

五輪を目指す男子100キロ超級・七戸龍のTomorrow SongはU-DOU&PLATY「For di Future feat.かりゆし58」。世界選手権2年連続の銀メダリストの七戸は、重量級のエースとして挑んだ今月2日の選抜体重別選手権でライバルに敗れて五輪代表が遠のいた。七戸が初めて世界選手権代表になったのは3年前、27歳でつかんだ五輪出場のチャンスだった。今月29日、最後の選考大会・全日本選手権へ。

キーワード
錦織圭
バルセロナ(スペイン)
ペール
新井貴浩
広島
前田健太
ロアッソ熊本
巻誠一郎
FordiFuturefeat.かりゆし58
U-DOU&PLATY
全日本選手権
世界選手権
  1. 前回の放送
  2. 4月23日 放送
  3. 次回の放送