目撃!日本列島 “復興”はしたけれど…

放送日 2015年3月14日(土) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

東日本大震災の被災地・宮城県の職員が向かったのは福岡・玄海島。玄海島は、10年前の大地震で壊滅的な被害を受けたが、わずか3年で異例の早さの復興を遂げた。

キーワード
福岡県
宮城県
玄海島

復興の島で ~福岡県西方沖地震 玄海島の10年~ (バラエティ/情報)
11:32~

福岡県西方沖地震をで壊滅的な被害を受けた福岡県・玄海島。復興対策検討委員会が福岡市に住宅地の債権を求めた。 市は、集落の土地すべてを市と国の予算で買い上げ、一旦更地にし、港近くのには公営の集合住宅を建設。戸建て希望の人には斜面の土地を割り当てるという計画を説明。 しかし、この計画には先祖代々の土地を手放すことに、すべての住民が同意する必要があった。しかし、わずか3週間で全ての住民が同意した。2年後に集合受託が完成し、引っ越しは島のみんなで手伝った。 次の年には住宅街も再建を終えるという異例の早さだった。

玄海島で80歳を超え、1人暮らしを始めた男性。今、島の4軒に1軒が一人暮らしだという。地震が起きてから、人が変わってしまったと話した。アンケート調査でも復興後、付き合いが減ったと答えた人が6割いたという。

中学卒業で高校進学を期に、親と一緒に玄海島を離れる男性。介護福祉士の母親は雇用の問題で、福岡・博多区の病院に毎日定期船で通っていて、息子の高校は通学に1時間半かかるため、居住を決めたという。

福岡・博多区にあるお寺に毎月来て島の将来を案じている玄海島に住む男性。島を盛り上げる機会を無くしたくないと、地元の役場と相談し、イベントの開催を目指すことになった。

中学卒業で高校進学を期に、親と一緒に玄海島を離れる親子は、新しく住む家を訪れ、自分の部屋に島の友達と写した写真を飾った。 男性は、「1ヶ月に1回は帰りたい」と話した。

中学卒業で高校進学を期に、親と一緒に玄海島を離れる親子は、。

キーワード
福岡県
玄海島
福岡県西方沖地震
博多区(福岡)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月14日 放送
  3. 次回の放送