ニュース深読み 2014年11月15日放送回

放送日 2014年11月15日(土) 8:15~ 9:30
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
08:15~

文京区にあるフォトスタジオ「スタジオ ディーバ」には、ここ数日選挙ポスターの撮影が増えているという。自民党本部ではおととい、解散総選挙に備えて5ヶ月ぶりに選挙必勝塾が開催された。自民党の谷垣幹事長は「衆院は常在戦場であるというが、緊張感をもってのぞんでもらいたい」と話していた。

北京などを歴訪中の安倍総理大臣は消費税引き上げを1年半先送りし、国民に信を問う為、18日にも衆議院を解散する意向を表明した。これまで安倍総理は7~9月のGDP速報値などを踏まえて年内に判断すると示していたが、景気回復は足踏みしている。与野党では解散総選挙を意識した動きが加速している。自民党の政務調査会の会合では、稲田政調会長が政権公約の柱となる新経済対策に盛り込む具体的な政策の検討を急ぐ様に指示した。公明党も選挙に向けた動きを加速させている。

一方、野党民主党の海江田代表は「逃げるわけにはいかないから正々堂々と受けて立つが、今度の解散はこのままでは大義がない」と指摘している。海江田代表はみんなの党の浅尾代表と会談し、候補者競合の選挙区での調整などを加速させる方針で一致している。維新の党の松野代表代行や、次世代の党の山田幹事長などが解散総選挙にあたってコメントを出している。慌ただしさは永田町以外にも波及しており、川崎市選挙管理委員会事務局でも解散総選挙を見据えた動きが出ている。安倍首相は17日に帰国し、18日にも衆院解散を表明する見通し。

錦織圭が、トップ選手のみが出場出来るツアーファイナルで、棄権のラオニッチに代わって出場したフェレールと対戦して勝利した。ツアーファイナルは賞金も破格で、総額は約7億5000万円にもなる。錦織圭は次に世界ランキング1位のジョコビッチと対戦する。

日本テニス協会常務理事の福井烈がスタジオに登場し、錦織圭の快進撃についてフェレール戦のVTRを見ながら解説。福井烈は、錦織圭は元々ファンタジスタで多彩な攻撃を持っているが、そこに安定感と力強さが加わって素晴らしいテニスをしていると語った。その背景にはマイケル・チャンコーチの存在が大きく、基礎の練習を徹底させており、精神面も強化されているという。

錦織圭が次にツアーファイナルで戦うのは世界ランキング1位のジョコビッチ。福井烈は、錦織圭は過去にジョコビッチに勝利しており、錦織が最高のプレーをすれば勝てる可能性は十分にあるが、安定感と攻撃力が上手くマッチしないと勝てる相手ではないと語った。

マルチーズなどの子犬たちが、佐賀や群馬など各地で相次いで捨てられている事について特集。群馬県高崎市動物愛護センターの指導管理技士は「産めなくなって捨てられた可能性も十分考えられる。残念で悲しい出来事」と話している。

埼玉・桜区の秋ヶ瀬公園でも去年秋から今年夏にかけてチワワが相次いで捨てられており、管理事務所の所長は「ぜひやめてほしい、二度と無いようにしてほしい」と話す。捨てられたチワワ23匹を引き受けたという動物愛護団体「Happy Paws」代表の女性は、引き受けた中には親子で捨てられて酷く衰弱した犬もいた為、動物病院に駆け込んだという。治療にあたった獣医師によると、子犬達は極度の栄養失調に陥っていたという。

動物の虐待防止などに取り組む団体「日本動物福祉協会」の調査員は、犬が捨てられる背景の1つには、ブームに乗って犬の繁殖を続ける一部の悪質な業者の存在があると指摘した。更に指摘されるのは改正動物愛護法の影響であり、去年9月からは飼い主が身勝手な理由で引き取りを求めてきた場合に自治体が拒否出来るようになった。

安倍総理大臣は中国の習近平国家主席と首脳会談を行った。会談では戦略的互恵関係に立ち戻り、海上連絡メカニズムの実施への協議を進めていく事で一致。安倍総理大臣は12日にはミャンマーで李克強首相とも言葉を交わし、両国間の対話を促進していく事で一致した。菅官房長官は、「だんだんとそういう方向になってきたのだろう」と日中関係の改善について話している。

フィギュアスケートの羽生結弦が9日に、車椅子の乗った状態で成田空港に姿を見せた。グランプリシリーズ中国大会での練習で他の選手とぶつかりケガをした羽生結弦は、精密検査の結果全治2~3週間。

北朝鮮に女性が拉致されてから今日で37年が経つが、これを前に昨日、母校の新潟市の小学校で、女性の帰国を願う集会が開かれた。子供達は「コスモスのように」という曲を合唱した。

キーワード
文京区(東京)
解散総選挙
谷垣幹事長
安倍総理大臣
北京(中国)
消費税
GDP
稲田政調会長
井上幹事長
民主党
海江田代表
みんなの党
浅尾代表
維新の党
松野代表代行
次世代の党
山田幹事長
志位委員長
小沢代表
福島副党首
共産党
生活の党
社民党
安倍首相
錦織圭選手
ツアーファイナル
ラオニッチ
ジョコビッチ選手
フェレール
マイケル・チャンコーチ
ジョコビッチ
佐賀県
高崎市(群馬)
マルチーズ
群馬県高崎市動物愛護センター
栃木県
山梨県
埼玉県
桜区(埼玉)
チワワ
Happy Paws
日本動物福祉協会
改正動物愛護法
日中首脳会談
戦略的互恵関係
海上連絡メカニズム
習近平国家主席
ミャンマー
李克強首相
菅官房長官
羽生結弦選手
グランプリシリーズ中国大会
北朝鮮
拉致問題
コスモスのように

天気予報 (ニュース)
08:43~

小樽の中継映像、全国の天気予報を伝えた。

キーワード
小樽(北海道)

深読みコーナー (バラエティ/情報)
08:44~

今日の深読みコーナーでは、年金の運用について特集。安倍首相は先月「将来の安定的な年金給付にむけて、機動的に見直す事が必要」と発言しており、127兆円もの年金マネーを運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は国内株や外国株への投資を増やす方針を打ち出した。運用が変わる事で年金はどうなってしまうのか、とことん深読みする。

今週の深読みコーナーでは、ゲストの林家正蔵、佐伯チズ、専門家らをスタジオに迎え、GPIFによる年金運用などについてトークしていく。まずは徳永圭一アナウンサーによるプレゼンでスタート。年金は20歳以上の人が原則納めており、その人の老後の為に取っておく訳ではなく、今の高齢者に支給される。国民年金法には「生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によってお防止」という主旨の事が書いてある。今は少子高齢化が進むが、かつては現役世代の方が多く、将来の為の積み立ても出来ていた。この年金マネーを預かっているのがGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)であり、その額はなんと127兆円。

GPIFは、従来は投資の60%を債券にあてる手堅い運用をしていたが、高齢化社会になってきた事で年金財源を賄えなくなってきており、国の有識者会議が「収益を最大化する様に」と提言。そこで、運用の株の比率を50%に上げる事にしたが、大きなリターンが期待出来る反面、リスクも大きい。

視聴者から届いた「国民から集めた年金財源を運用するなら、もっと国民の意見を聞くべき」というご意見を紹介。林家正蔵も「株が下がったらどう責任を取るのか凄い心配」と同調した。株の運用に反対の立場だという駒村康平は「多少株にウェートを乗っけていかなきゃいけないとは思うが、五分五分までやって大丈夫なのか」、国の有識者会議でGPIF改革を提言した熊谷亮丸は「これからインフレになっていくと国債も安全ではない、分散投資をする事でリスクは減る」と話した。GPIFが扱っているのは民間の人の年金であり、共済年金はまた別だという。

熊谷亮丸は、今回の年金運用の改革案には、運用の中身、組織の改革を一体でやっていくという柱があると話した。駒村康平は、運用を失敗した場合の責任は取りようがなく、失敗した場合にどうするかは決まっていないと話した。熊谷亮丸は、あたかも政府が指示を出して株を買えといっている様な誤解が一部にあるが、具体的な数字の中身はGPIFの中の運用委員会が決めていると話した。

「そもそも国民生活の基板たる年金の信用がない。今はとにかく年金に対する信用を高めることが急務である」という視聴者からの意見を紹介。徳永圭一アナは、街で年金について聞いてみると、「毎年受給額はは減り、介護保険や後期高齢者保険料で苦しい」「年金は年々少なくなっており、約束と違う」「受給年齢が更に上がって、もらえない内に死んでしまうかもしれない」「老後の生活設計として全く当てにならないのでは?」などの不安意見が出ている事を紹介した。来年から始まっていくマクロ経済スライドに不安を感じている人もいるという。

徳永圭一アナによると、若い世代からは「そもそも自分が年をとった時、年金は制度として残っているのか?」「ハナからもらえるとは思ってない」等の意見が出ており、年金不信が広がっている。熊谷亮丸は、年金制度は見かけ上は100年安心だが、若者は損をするし、本当に安心かはちょっと微妙なのだと話した。

駒村康平は、30年後に物価・賃金が同じだと仮定した場合、現在の年金受取額から2割や3割減らす事で制度を保たせる事が出来るが、国はどうすれば良いか議論していると話した。竹田忠解説委員によると、国民年金は厚生年金とは違い、本来は自営業の人を対象にしている為に支給額が少なく、国民年金だけで老後を豊かに暮らすのは非常に難しい。かつては民主党政権が最低保証年金を作ろうとしていたが、税を多く払う事に大して反対意見が噴出した為に頓挫している。

熊谷亮丸は、これまで日本は中福祉・低負担だと言われてきたが、今は福祉レベルが高くなった反面、その分の負担を国民がしていない状況だと話した。一方、視聴者からは「少子化・高齢化が進む事は予想できたはずなのに、なぜ何の対策もとってこなかったのか甚だ疑問」という意見が届いた。竹田忠は、現在国民年金に入っている人は非正規雇用や無職の人が多く、厚生年金に入れるシステムを作らなければいけないと話した。こんな状況の中、いま国では「年金給付額を更に抑制」「保険料の納付を65歳まで延長」「パートへの年金適用拡大」などの案が検討されているという。

今週の深読みコーナーでは、ゲストの林家正蔵、佐伯チズ、専門家らをスタジオに迎え、GPIFによる年金運用などについてトークしていく。まずは徳永圭一アナウンサーによるプレゼンでスタート。

エンディングテーマ:「フカヨミ feat. 初音ミク」八王子P

キーワード
安倍首相
年金
国民年金法
インフレ
共済年金
GPIF
マクロ経済スライド
厚生年金
民主党
少子化・高齢化
フカヨミ feat. 初音ミク
八王子P
  1. 前回の放送
  2. 11月15日 放送
  3. 次回の放送