ファミリーヒストリー 中山エミリ〜ルーツは地中海・マルタ島 日本への帰化〜

『ファミリーヒストリー』(FAMILY HISTORY)は、NHK総合テレビジョンにて2008年から放送されている、ドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年7月31日(金) 22:00~22:48
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

世界遺産の地中海・マルタ島。明治29年マルタ島から日本にやってきた女優の中山エミリの曽祖父。中山エミリは イギリス人の曽祖父の1/8だけ受けている。現在妊娠中のエミリは自分のルーツを知っておきたいと思うようになった。番組で歴史を追った。曽祖父は名門の家に生まれながら単身で来日。そこで16歳の女性と出会った。その後戦争に巻き込まれる。この日中山エミリは家族のルーツと初めて向き合う。

キーワード
マルタ島

中山エミリ~ルーツは地中海・マルタ島 日本への帰化~ (バラエティ/情報)
22:04~

中山エミリの曽祖父ロジャーイングロット。マルタ島を生まれ。コスピークア教区協会に1871年にロジャーが洗礼を受け父が医者だったと事が記されていた。この協会の聖母マリアの絵のモデルがイングロット家の人々がモデルになってる。マルタ中央銀行の総裁ヨセフボニーチはロジャーの兄のひ孫。イングロット家は17世紀までイギリス・ノリッジで暮らしていたが18世紀初頭マルタにやってきた。マルタ国立公文書館で140年前の選挙名簿にロジャーの父の名前があった。当時イングロット家が住んでいた家を紹介。マルタ大学にロジャーの在学証明書が残されていた。当時ロジャーは相次いで父と母を亡くした。そして日本に行けば1英語教師の仕事があると896年マルタを後に横浜港に向かった。

ロジャーはカトリック築地教会の紹介で英語教師の仕事を探すと鹿児島尋常中学校 造士館から英語教師になって欲しいとの申し出があった。明治30年ロジャーは鹿児島に赴任する。鹿児島県立図書館に残されていた鹿児島と縁のある偉人をまとめた本「郷土人系」にロジャーの言葉が残されていた。ロジャーは勉強熱心な日本が気に入った。その後ロジャーはいったんマルタ島に帰国した。明治35年再び日本にやってきて岡山で英語教師の職につく。岡山に来て数年が経ったある日教会であったエミリの曾祖母の中山安乃に一目惚れをした。

中山エミリは「マルタ島だったというところまでは聞いた事はあるが12人も兄弟がいた事が初めて知った、ボンベイの人に日本の話しを聞いていなかったら我が家は今日本にいない事になっているのでボンベイの人ありがとうと思う」と語った。

中山家が暮らしていたのは島根・松江市。中山家の本家は現在保育園を経営してる。江戸時代の初め中山家は武士をやめ塩問屋になっている。その家に生まれた安乃は小学校を卒業すると親元を離れ岡山の女学校に入学する。そこで英語教師をしているロジャーと出会い親の反対を押し切りロジャーと結婚した。安乃の書いたレシピが孫の渡部さんの家で見つかった。レシピにあったハトのパイを実際に再現した。その後ロジャーは英語教師の実力が認められ各地の学校に招かれた。昭和2年には勲章が授与された。昭和4年ロジャーは京都・舞鶴にやってきて元海軍機関学校の英語講師として招かれ昭和14年2回目の勲章を貰った。

中山エミリは「一目惚れってステキ、情熱的な面が見えたのでかっこいい」などと語った。

4人の子どもが生まれ皆イギリス国籍だった。三男として生まれたのが後の中山エミリの祖父ジョージ。三男のジョージだけは英語をしゃべろうとしなく日本人になろうと必死だった。20歳で第一早稲田高等学院に入学。昭和12年日中戦争が始まると欧米諸国をとの対立が深まる。国内で反英運動が起こりジョージは特高に尾行されスパイの容疑をかけられる。昭和15年イギリス国籍を捨て日本に帰化することにした。その後太平洋戦争が始まり早稲田大学を卒業したジョージは満州電信電話株式会社に入社。

満州の首都新京にやってきたジョージは満州電信電話株式会社に入った。ラジオ放送もになっていた当時アナウンサーだった森繁久彌。その頃山形から働きに来ていたエミリの祖母・八重子と結婚。しかしソ連軍の侵攻により満州は大混乱に陷る中エミリの父中山重治が生まれた。昭和21年親子3人はようやく佐世保に 辿り着きその後東京で暮らす。ジョージは電気機器の会社に就職。昭和53年エミリが誕生した。エミリは16歳で芸能界にデビュー。その1か月後突然自宅で倒れ79歳で亡くなった。

中山エミリは「仕事を応援してくれてたのはあまり知らなかったのでもっといろいろ見てもらえたら良かった」と語った。

中山エミリの曽祖父ロジャーイングロットのふるさとマルタ島。住宅街の一角に旧日本海軍戦没者慰霊碑があり日本はオーストラリアの攻撃を受け日本へ59人が戦死した。昭和6年日本海軍の軍人たちが献花のためマルタ島を訪れ。ロジャーは戦争で疎開し移り住んでいた山口で78歳で亡くなった。明治35年に再び日本に来て40年間マルタ島に帰ることはなかった。中山エミリのファミリーヒストリー遠く離れた日本で力強く生き抜いた家族の歴史があった。

キーワード
ロジャー・イングロット
マルタ島
セラチーノ イングロット通り
コスピークア教区協会
ルービン
ピーター・ポール・イングロット
マルタ中央銀行
ノリッジ(イギリス)
マルタ国立公文書館
マルタ大学
スエズ運河
ロジャー・アントワネット
ボンベイ(インド)
カトリック築地教会
拓殖大学
加納久宜
郷土人系
中山安乃
松江(島根)
勲五等瑞宝章
舞鶴(京都)
海軍機関学校
勲四等瑞宝章
安乃
ウィリアム
エリザベス
エドワード
ジョージ
日中戦争
特別高等警察
満州電信電話会社
森繁久彌
八重子

次回予告 (その他)
22:47~

「ファミリーヒストリー つるの剛士 」の番組宣伝。

キーワード
つるの剛士
  1. 前回の放送
  2. 7月31日 放送
  3. 次回の放送