ファミリーヒストリー ▽伊東四朗〜思いがけず平氏と源氏 たどりついた喜劇の道

『ファミリーヒストリー』(FAMILY HISTORY)は、NHK総合テレビジョンにて2008年から放送されている、ドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月1日(金) 1:00~ 2:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:00~

日本が高度成長期に沸いていた昭和33年。1人の青年がコメディアンとしてデビュー。当時21歳だった伊東四朗さん。その後、てんぷくトリオを結成するとお茶の間の人気者に。さらに派手な衣装で踊る「電線音頭」は一大ブームを巻き起こした。ドラマや映画ではシリアスな演技を披露。デビューから60年、今も第一線で活躍している。

オープニングテーマ曲 横山克

今回のゲストは伊東四朗さん。緊張している、どんな人間もみんな祖先がいるわけ、必ずいるわけ、どんな人がいたのか心配ですと話した。

キーワード
高度成長期
伊東四朗
てんぷくトリオ
電線音頭
連続テレビ小説 おしん
橋田壽賀子
大河ドラマ 平清盛
藤本有紀
横山克

伊東四朗 (バラエティ/情報)
01:02~

伊東四朗さん、本名は伊藤輝男。昭和12年に東京で生まれた。父は洋服の仕立て職人だった金三郎。金三郎は明治29年、静岡榛原郡相良町で生まれた。まずは父方、伊藤家にルーツを探る。相良町は現在の牧之原市相良、駿河湾に面した港町。牧之原市史料館で1枚の古い地図を見せてもらった。輝男の曽祖父にあたる伊藤藤十の名前があった。伊藤家は城の大手門にほど近い町の一等地で暮らしていた。そこには今は伊藤家とはつながりがない人が住んでいた。ところが一軒挟んだところに伊藤家とはとうの字が違う伊東フーズというお店があった。店主の伊東潔さん13代目。輝男の家もこの家の分家だった。明治のときに縁起担ぎのような感じで藤を東に変えたという。本家が藤を東に変えたのにはルーツにまつわる理由があった。伊藤家は伊豆の伊東からなぜ相良にやってきたのか。町の歴史に詳しい河原崎陸雄さん。江戸時代に書かれた文書が残されていた。相良は昔は人が住んでいない砂原であったという。徳川家康が相良にタカ狩りに来たようで結局相良に御殿を作った。徳川家康は相良に町をつくろうと近隣に立て札を立て住人を募集した。その中で7番目に来たのが伊藤家だという。

伊藤家のルーツがある伊東市へ。伊東市には地名から伊東を名乗る伊東一族が平安時代から暮らしていた。朝廷から伊東を領地として賜り、最初に伊東を名乗ったのがこれもと。大化の改新で知られる藤原鎌足の流れを組むと伝わっている。伊東一族では多くの場合、東の字が使われている。しかし時に同じ人物が藤の字を使うことがあった。伊東氏は藤原氏の子孫でもあるため、藤の字を書く場合もあるということだった。さらに有力な武家としてその後も活躍を続けたという。平安時代、伊東一族は平清盛に仕える。伊東家は海を主体にして広がった一族。相良に一族漁が盛んだった。しかし波が荒いため港には適していなかった。

江戸時代に相良藩主となった田沼意次が川の河口に港を建設。すると相良は江戸と大阪の中継地として栄えた。そんな相良で明治29年に生まれたのが輝男の父・金三郎。役所で金三郎の戸籍を調べたところ意外な事実がわかった。金三郎は藤田初次郎の二男として生まれ、伊藤家に養子に入っていた。明治始めの地図で調べると藤田初次郎の家は伊藤藤十の家のほど近くにあった。その場所を訪ねてみると現在の当主も藤田初次郎さんだった。この辺では長男が生まれたとき前の人の名前をつける、そういう習慣のようなものがあったそう。現在の初次郎さんと輝男はいとこ同士ということになる。

明治35年、金三郎が6歳の時、藤田家に1人の女性がやってきた。縁戚の伊藤やす。夫と息子を次々と亡くし、跡継ぎがいなかった。そこで頼ったのが藤田家だった。こうして金三郎は伊藤家の養子となった。そのころ、やすは夫の残した魚屋を営んでいた。やすは従業員を雇い、店を切り盛りした。金三郎は跡継ぎとして大事に育てられた。当時の金三郎について聞いているのは金三郎の孫で輝男のおい、山崎慎一郎さん。慎一郎さんは母親から金三郎の 幼いころの話をよく聞かされたという。明治末の港町・相良。何軒もの料亭が立ち並び、三味線の音などが流れていた。金三郎も幼いころから三味線を習い、芸事が好きな少年に育っていった。

時代は大正へ。成長し店を継いだ金三郎だったが商売に身が入らなかった。三味線を持って遊びに行ってしまう人で家業が傾くのが早かったのではないかと慎一郎さん。新たな仕事を求め、相良を離れた。知り合いを頼り向かったのは静岡・掛川市。かつて東海道の宿場として栄えた町。当時の金三郎について長男の妻・伊藤ちよさんが伝え聞いているそう。金三郎が仕立ての修業をしたという 三河屋を訪ねるとそこにはパン屋があった。当時の職人たちの写真が残されていた。大正10年、金三郎25歳のとき、縁談が持ち上がった。相手は熊井はつ、のちに輝男の母となる女性だった。

伊東四朗さんのトーク。今見たのは全部初だった。おやじさんの写真、おふくろが出てきたあの写真知らない、1回も見たことがない、どこにあったんだろう。もっと不思議なのは俺の甥っ子がなんで俺のルーツを知ってるのか。東の方の伊東もまんざら縁がないわけじゃなかった。今「東」にしているのも変じゃない。「藤」の方がかたいからということで「東」にしただけだった。なんとなくいろんなものが繋がっていますねなどと話した。

母方・熊井家に迫る。JR掛川駅近くにある母・はつの実家は代々薬局を営んでおり、輝男のいとこである現在の店主・弘司さんは亡くなった人達の名前が書かれた巻物を見せてくれた。最も古い名前が1835年に亡くなった源太で、輝男の5代前の先祖。電話帳で熊井姓の登録件数を調べると全国でも長野県が圧倒的が多く150件を超えた。中でも熊井姓が多い2つの集落が見つかり、その一つは塩尻市の片丘。ここはかつて熊井郷と呼ばれた村があり、戦国時代には熊井城も築かれたが1545年に武田信玄によって攻め落とされた。この城主が村の名前から熊井を名乗った。城近くには子孫が7世帯暮らしているが輝男の母方との繋がりは見つからなかった。

長野市・大岡地区には現在10軒の熊井家が暮らしている。一族の歴史に詳しい貞勇さんによると古い家系図が残されており、初代は源義経に仕えていた熊井太郎という武将で、平家物語にも登場し千人力を発揮したと記されている。武士として生きた熊井一族は江戸時代始めに大阪の陣で豊臣方に付き敗れる。その後農民となり長野・大岡で暮らした。子孫の名前には特徴があり、「源」の字を代々使ってきた。輝男の母方の先祖も2人が「源」の字を使っている。江戸時代の終わりに長野を離れ静岡・掛川へやって来たのが輝男の5代前の源太だった。明治に入ると源太の長男・九八が美術商を営む。扱っていた品が一つだけ残っており、勝海舟直筆の書と言われている。

柔弱は剛強に勝つ。ものごとは柔軟に対処せよという意味。才次の代で店を閉じ、源吉は幼くして奉公に出る。源吉が奉公に出たのは伊東家が暮らしていた相良だった。奉公先の大平薬局は今も相良で営業を続けている。店主は小山平太郎さん。明治時代、源吉が働いていた当時の大平薬局。相良には全国から薬が集まり大勢の客で賑わっていた。その後、源吉は掛川に戻り、熊井太陽堂という薬局を開く。明治34年、源吉が26歳のこと。開業した翌年に源吉は結婚。長女のはつが生まれる。輝男の母。源吉は沢山の日誌を残している。人に金を貸した記録が残っていた。返済されていないものもあった。人柄が良く、信頼も厚かった源吉は大正9年、国勢調査の調査員に選ばれた。

家庭では次々と子供をもうける。はつは明るく利発な少女に育った。はつは実科女学校に入学。当時は女性が女学校に進学するのも珍しい時代だった。はつは卒業時に優秀な生徒として表彰される。その後は師範学校に通い教師を夢見ていた。叔母のまつが縁戚の伊藤金三郎との結婚を勧めた。18で教師を夢見ていたはつに結婚する気はなかった。伊藤ちよの元にはつが残した史記がある。「口一つきいたこともなく、考えて見れば無謀な話。」と記されていた。そこでは、はつは金三郎の姿を見に行ったというが、思い描いていた人とは違いがっかりしたという。しかし、大正10年しぶしぶ結婚する。はつは、夫のことを甘やかされて育ったせいか自我の強いわがまま者だった。と記している。

伊東四朗はVTRを見て縁というものがどこほどすごいものか。それによってその人の人生が変わる。縁ってすごいと感想を述べた。

洋服の仕立て屋で働いていた金三郎とはつ。しかし金三郎は仕事に身が入らず、東京への憧れがあった。半年後2人ははつの叔母・松井せんを頼って上京。2人はせんの家に住み込み仕事を手伝った。上京から2年後の大正12年8月上野駅のそばに家を建てたが、1ヶ月後に関東大震災に被災。上野公園に逃げたが、そこには50万人が押し寄せていた。2人は地震発生から3日目、鉄道省が被災者を避難させるため無賃列車に乗り込み東京を脱出。静岡・掛川にたどり着いた2人ははつの父・源吉の元に身を寄せる。その後金三郎は近所に家を借り、洋服の仕立て屋を再開。震災の翌年には長男の祥蔵が誕生。しかし金三郎は働く意欲をなくし生活費に困ったはつは父に金を借りた。

震災から3年後、一家は再び上京し下谷区西町で暮らす。しかし金三郎は相変わらず仕事に身が入らない。貧しい暮らしの中でも金三郎が足繁く通ったのは歌舞伎座。昭和12年伊東四朗こと輝男が誕生。輝男が生まれたのは下谷区竹町。今も昔ながらの商店街が残る下町。2階が家族の生活の場兼金三郎の仕事場だった輝男が4歳の時、太平洋戦争が勃発。着る物は配給制と成り洋服は売れなくなり生活はますます苦しくなる。兄たちは家計を救けようと小学校を出ると働きに出た。その頃の輝男の楽しみは兄たちに連れられ浅草で芝居を見ること。当時大人気だったのは榎本健一。

昭和20年3月10日、東京大空襲が発生。伊藤家は縁の下の防空壕で暮らした。伊藤家の家は焼夷弾の直撃を受けず戦火を免れた。伊東四朗は自分らで掘る防空壕で首だけ出てるからお隣と挨拶が出来た。危なくなると親父はミシンの上だけとって逃げたと話した。

昭和20年4月、東京では空襲が続いたため伊藤家は掛川に疎開し終戦を迎える。当時輝男は小学2年生でいじめられていたが、有名人のものまねをすることで人気者になった。しかし小学3年生のある日、遊んでいたトロッコが暴走、脱線。輝男は左頬を車輪にぶつけ骨にまで達する大怪我を負った。終戦から翌年、中国に出征していた兄・祥蔵が復員。喜劇が好きだったためアマチュア劇団を立ち上げ、輝男も子役として出演した。そして中学校の文化祭の劇で幕が閉まったのに取り残されたことが大ウケしたことで笑いに目覚める。その頃6歳上の兄・豊次は上京し働きながら学校に通っていた。豊次は輝男を進学校に通わせるため中学3年の途中に東京に呼んだ。希望する高校ではなかったが、高校に入学。金三郎とはつも面倒を見るために上京した。いとこの飯田和子さんは当時の伊藤家について、明るい良い家庭。明るい伯母しか記録にないと話す。輝男は高校卒業後就職を考え試験を受けるが、頬に傷があることから面接で落とされ続け就職を諦めた。伊東四朗はどこか受けてくれたら定年まで務めていた。事故がなかったらここに座っていることはないと話す。

就職できなかった輝男は兄が通っていた大学の生協でアルバイトを始め、仕事が終わると喜劇を見るため劇場をハシゴする生活を送っていた。元浅草フランス座の支配人・松倉久幸さんはしょっちゅう来ていた。最初はお金を払っていたが、コメディアンと仲良くなって裏の楽屋から入るようになった。その頃楽屋に出入りする輝男に目をつけたのが、当時大人気だった喜劇役者の石井均。ある日石井から喜劇に出るよう言われ、21歳で正式に一座の役者となり伊東四朗になった。しかし3年後に一座は解散。四郎は三波伸介・戸塚睦夫とてんぷくトリオを結成。しかし人気は出ず、キャバレー周りをして食いつなぐ日々。そんな中、金三郎が病に倒れ昭和40年に死去。

そして間もなくテレビの普及とともにトリオブームが到来、てんぷくトリオも徐々に人気が出始め、当時最高視聴率60%を超えた「てなもんや三度笠」に出演。伊東は体を張った芸を身につけると一躍人気者に。昭和44年には演技力を評価され大河ドラマ「天と地と」に出演。昭和58年には「おしん」に出演。小松政夫は真面目な人。長くコンビのような時代が続くが、自分はちゃらんぽろん、伊東さんは徹底的な完全主義。なんでも出来る本物の喜劇役者と話す。

伊東は波乱万丈。今でもコンプレックスなのは修行時代がなかったこと。基礎がないと思っている。何か違うことをやらないとダメ。いろんな人に会っているが、無駄な人はいなかった。見せてもらって脳みそが満ち足りた感じがすると話した。四郎の活躍を誰よりも喜んだはつは伊東の出る番組を見るのが一番の楽しみだったが、平成5年89歳で亡くなる。平成13年伊東は長年の功績が認められNHK放送文化賞を受賞。それを祝って兄が四郎に黙って新聞に投稿。伊東は80歳を越えた今も舞台に立ち続ける。三宅裕司はすごいところは生きざまが全部すごいけど、経験が体に入っているので、そのときの劇場の大きさで稽古場から芝居が劇場の大きさに合わせている。若い頃しかできないものを超越した人間味として深いもののあるコントが見たいので、90歳でコントライブをやるといったらやると話した。

テーマ曲「Remember me」くるり。

キーワード
東京都
相良(静岡)
駿河湾
伊東フーズ
相良町 始めの事
徳川家康
伊東市(静岡)
伊東市文化財管理センター
藤原鎌足
平清盛
御前崎(静岡)
田沼意次
てんぷくトリオ
伊藤金三郎
掛川市(静岡)
熊井はつ
白河法皇
大河ドラマ 平清盛
源太
武田信玄
片丘(長野)
熊井太郎
源義経
弁慶
平家物語
源吉
熊井九八
勝海舟
長野市(長野)
掛川(静岡)
大平薬局
松井せん
金三郎
はつ
関東大震災
本郷(東京)
上野公園
祥蔵
東上野(東京)
銀座(東京)
台東(東京)
太平洋戦争
榎本健一
東京大空襲
田端義夫
岡晴夫
おおスザンナ
豊次
新宿区(東京)
電線音頭
石井均
週刊朝日
三波伸介
戸塚睦夫
てなもんや三度笠
朝日新聞
市川崑
天と地と
連続テレビ小説 おしん
みごろ!たべごろ!笑いごろ!!
NHK放送文化賞
死ぬか生きるか! 魔がさした記念コントライブ
Remember me
くるり

エンディング (その他)
02:12~

「ファミリーヒストリー」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
02:12~

「鶴瓶の家族に乾杯」の番組宣伝。

土曜ドラマ みかづきの番組宣伝。

有田Pおもてなすの番組宣伝。

よるドラ ゾンビが来たから人生見つめ直した件の番組宣伝。

BS4K・BS8K放送の紹介。「岩倉光昭の世界ネコ歩き」がBS4Kに登場。動物写真家の岩倉光昭が従来のハイビジョンとの違いを語った。超高精細映像や広色域技術、立体音響が魅力。放送を見るにはチューナーや対応テレビが必要。詳しくはホームページにて。

「美の壺 番外編」の番組宣伝。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組宣伝。

ジャンプ女子ワールドカップの番組宣伝。

「第53回 スーパーボウル ペイトリオッツVSラムズ」の番組宣伝。

キーワード
BS4K
BS8K
  1. 前回の放送
  2. 2月1日 放送
  3. 次回の放送