広島平和記念式典 平成30年

広島平和記念式典(ひろしまへいわきねんしきてん)とは毎年、広島市の主催により、広島県広島市に原爆が投下された8月6日の原爆忌に広島平和記念公園で行われる、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するための式典である。なお正式には「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」という。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月6日(月) 8:00~ 8:38
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

平成30年 広島平和記念式典 (ニュース)
08:00~

平成30年広島平和記念式典の会場の様子が伝えられた。ICANは様々な戦略を立てて各国の代表に直接働きかけてきた。活動を強く後押ししてきたのは被爆者の切実な訴えでICANは、平和賞の受賞は被爆者の存在があってこそのものだとして、授賞式に被爆者を訴えた。

高校生平和大使は集めた署名を毎年、国連に提出している。平成30年広島平和記念式典の会場では参列者が慰霊碑に花を捧げる。松井市長は今年の平和宣言で、日本政府に対して、核兵器のない世界の実現に向けた対話と協調を進めるための役割を果たすよう求める予定となっている。

ハプチョン原爆資料館が紹介された。ハプチョン原爆資料館は韓国の被爆者が建設を望まれて開館された。日本の資料館と比べると展示品の数は多くはないが、当時の遺品なども展示されている。また広島平和記念資料館の資料館では、昨年度も資料館を訪れる外国人観光客の数を更新した。

平成30年広島平和記念式典の会場の様子が伝えられた。会場では黙祷が捧げられた。また平和宣言で広島市長の松井市長は「世界の指導者は被爆地に集い、その惨状に触れ核兵器廃絶に向かう道筋だけでもつけてもらいたい」と語った。

平成30年広島平和記念式典の会場の様子が伝えられた。会場では松井市長による平和宣言が行われた。松井市長は「私たちは『ヒロシマ』を『継続』して語り伝えなければなりません」と語った。また「核兵器の廃絶を人類共通の価値観にしていかなければなりません」と語った。

平成30年広島平和記念式典の会場の様子が伝えられ、会場では平和への誓いが読み上げられた。

平成30年広島平和記念式典の会場の様子が伝えられた。安倍晋三内閣総理大臣は挨拶で、唯一の戦争被爆国として核兵器のない世界の実現に向けて粘り強く努力を重ねていくことは我が国の使命であると語った。

キーワード
ICAN
ノーベル平和賞
サーロー節子
国連
松井市長
平和公園
ハプチョン原爆資料館
広島平和記念式典
新開美織
米廣優陽
安倍晋三内閣総理大臣

エンディング (その他)
08:37~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送