広島平和記念式典 平成29年〜広島平和公園から中継〜

広島平和記念式典(ひろしまへいわきねんしきてん)とは毎年、広島市の主催により、広島県広島市に原爆が投下された8月6日の原爆忌に広島平和記念公園で行われる、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するための式典である。なお正式には「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」という。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月6日(日) 8:00~ 8:38
放送局 NHK総合

番組概要

平成29年 広島平和記念式典 (ニュース)
08:00~

広島市の平和公園で行われている、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」のもようを伝えた。原爆投下地点となった相生橋、平和公園に保存されている原爆遺構などを紹介した。

原爆死没者名簿の奉納が行われた。広島市の松井一実市長、遺族代表が奉納を行った。名簿には今年5530人の氏名が加わり、30万8725人となった。

会場に参列する80か国以上の国の代表の姿を紹介した。今年国連で核兵器禁止条約が採択されたなど、核兵器に関する国際社会の動きを紹介した。

被爆者として国際社会への働きかけを行った、広島市の箕牧智之(としゆき)さんを紹介。今年6月には、核兵器禁止条約の交渉が行われているニューヨークでデモに参加。国連本部に署名300万人分を提出するなど働きかけた。条約には被爆者の努力に言及する文言が盛り込まれたという。

広島平和記念式典の会場から、参列する安倍首相らの姿を紹介した。核兵器禁止条約については、日本政府は米国の核の傘の下にあることを考慮し、交渉や働きかけには加わらなかったと紹介した。

国連の中満泉事務次長は、国連の軍縮のトップに日本人から初めて就任。核兵器禁止条約の交渉に参加しなかった米国などの核保有国、その同盟国と、条約の採択を目指す国連加盟国の橋渡しを行った。緊密な意識共有を行い、条約が双方の対立を深めないよう働きかけたという。

広島平和記念式典の会場では、広島市議会議長・永田雅紀氏の式辞が終わった。

広島市長、広島市議会議長らの献花のもようを伝えた。広島市長・松井一実氏について、核兵器禁止条約については政府に締結促進を要望する方針と紹介した。安倍首相らの姿とともに、日本政府は条約交渉に参加しなかったと伝えた。

広島市内で行われている慰霊祭のもようを紹介。「中島本町 町民慰霊碑」は、公園ができる前の市街地で亡くなった被爆者の慰霊のため建てられた。慰霊碑の「平和乃観音」は疎開などで被爆を免れた住民らの出資で建てられたという。元住民の濱井徳三さんに話を聞いた。

原爆で消失した広島市・中島本町は、映画「この世界の片隅に」でも描かれた。監督による緻密な聞き取り取材によりアニメ映像として再現されたという。元住民の濱井徳三さんに話を聞いた。元住民らによる慰霊祭はこのあと午前9時から行われるという。

広島平和記念式典の会場、平和公園に映像を戻した。原爆投下時刻の午前8時15分を迎え、参列者による黙祷が行われた。会場では「平和の鐘」が鳴らされた。市内各所での黙祷のもようをあわせて紹介した。

広島市長・松井一実氏が平和宣言を読み上げた。広島市の核廃絶への取り組みとその理念などを紹介し、日本政府に対しては各国の橋渡しを行いこれを推進すること、被爆者に寄り添った支援を行うことなどを要望した。

小学生代表の2人が「平和への誓い」の宣誓を行った。広島市立大芝小学校6年・竹舛直柔(なおなり)くん、広島市立中筋小学校6年・福永希実(のぞみ)さん。宣誓のもととなった、2人と家族や被爆体験者らとの交流のエピソードを紹介した。

内閣総理大臣・安倍晋三が挨拶を行った。核兵器を持つ国と持たない国の橋渡しを行う決意、核兵器不拡散条約(NPT)の運用に関する主導などの国際貢献を行うこと、原爆症の認定など国内での援助の取り組みを進めていくことなどを述べた。

広島平和記念式典の会場から中継した。広島県知事による挨拶が始まった。原爆慰霊碑の文字を紹介、市民が核廃絶に向け心を新たにする日を迎えたと紹介した。

キーワード
平和公園
広島平和記念式典
相生橋
松井一実市長
核兵器禁止条約
箕牧智之さん
ニューヨーク(アメリカ)
安倍首相
永田雅紀
松井一実氏
中島本町 町民慰霊碑
この世界の片隅に
中島本町(広島)
平和の鐘
松井一実
安倍晋三
核兵器不拡散条約
  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送
  3. 次回の放送