のんびりゆったり路線バスの旅 スペシャル「九州・筑後川 四国・吉野川」

放送日 2016年7月17日(日) 0:50~ 2:03
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:50~

今回の旅の舞台の筑後川を旅をしたのは青山草太と野間口徹。吉野川を旅したのは内田朝陽と松田悟志。

オープニング曲:青いバス/都竹宏樹

今回路線バスの旅人紹介。内田朝陽と松田悟志は吉野川へ。野間口徹と青山草太は筑後川を旅した。旅のVTRを見て語り合う“スタジオ”は昭和41年式ボンネットバス。

キーワード
筑後川
青いバス
都竹宏樹
吉野川
青山草太
野間口徹
内田朝陽
松田悟志

のんびりゆったり路線バスの旅 (バラエティ/情報)
00:53~

野間口と草太チームは筑後川の源流から河口までたどる143キロの旅をする。旅の始まりは熊本・南小国町の黒川バス停。ここから流れにそって有明海まで行く。バスの中で杖立と岳の湯がいいと話を聞き別々の温泉を楽しむ事にした。野間口は岳の湯へ向かった。

野間口は岳の湯へ向かった。岳の湯は標高700メートルの山里に約30世帯が暮らしている。それぞれの家庭には温泉があり蒸気釜もあるという。蒸したての芋をもらい野間口は「おいしい 甘い」とコメントした。こたつには電気がなく蒸気を暖めている。

草太は杖立に向かった。杖立温泉の歴史は1800年以上と言われている。出会った人に共同浴場「薬師湯」があると聞き連れて行ってもらうことになった。草太は温泉に入りのんびりした時間を過ごした。

野間口と草太はバスの中で合流した。杖立温泉の旅館には熊本と大分の県堺のある旅館があ。バスは日田の街へ向かった。かつて商人たちは川の流れを活かし杉などを下流域へ運び財を成した。2人は豆田町を散歩し生活道具を売るお店によった。そこの主人、石丸文雄さんの妻に見ていってほしいものがあると誘われ母家を尋ねた。そこには3世代の分のお雛さまが飾ってあった。

松田と朝陽チームは吉野川の河口から最上流のバス停を目指しを旅をする。バスが走っない区間があるので中流域のバス停の近く、穴吹駅まで列車で移動した。朝陽は5年前徳島でバス旅をした。帰ってから行っておけば良かったという場所をみつけたという。その場所「うだつの町」に向かった。朝陽らは安政3年に創業した呉服屋を尋ね藍染めの作務衣を買った。

呉服屋をあとにし次に朝陽らは酒屋「正木 酒店」を訪れそこで地元の方々とお酒を飲んだ。お酒を飲んでいていた大西さんは80歳だが未だに理容師を現役でしている。正木酒店では毎日、大戸をおろして店じまいをしていた。

2日目総合支所前からバスに乗車した。池田でバスを乗り換え上流へ向かった。朝陽にはどうしても再会したい人たちがいるので会いに行き誕生日のプレゼントを渡した。出会いのきっかけはバスの中から見つけた燕の巣であった。別れを告げ更に上流へと向かった。

朝陽チームは大歩危峡で下車し、川の流れを見て「川の表情が全然違うね」などとコメントした

2日目、草太チームはバスに乗り有明海を目指し西へ向かった。杷木町でバスを乗り継ぎ更に西へ。鵜飼で有名だという原鶴温泉で下車。鵜飼は5月から10月までで今はオフシーズンであった。川を歩いていると鵜の水浴びをさせていた臼井信郎さんと出会った。臼井さんは鵜匠の六代目だという。

吉井営業所からバスにのり、牧で下車した。芽キャベツを収穫している高山ハルミさんと出会った。筑後川沿いの泥は石がなく土が良いから肥料をあまりやらなくていいという。高山ハルミさんは「今は農業に助けられている」などと話した。

野間口徹はハルミさんのところの野菜をロケ以降ずっと取り寄せているという。松田悟志は「下西おばあちゃん達との別れは改めて見ても涙が出そうになってくる」などと話した。

3日目、寄り道をしかずら橋へと向かった。かずら橋は追ってから逃れられるため切って落とせるよう、かずらで作ったのが始まりとされている。朝陽らは、ビクビクしながら橋を渡った。

大歩危からはバスが途切れている地域があるので迎えに来てもらえる高知の民宿に泊まることにした。民宿のオーナーの安達さんは東京に住んでいたが、大富町の眺めに心を奪われ移住した。朝陽らは夕食作りを手伝った。朝陽は野菜の天ぷら食べ「うわ、これうまー」と感動していた。

3日目、草太チームは有明海へと向かった。途中久留米ロードレース大会が開催されていた。草太らはお酒で有名な青木島で下車し蔵元へ向かった。酒蔵を見学し、酒を飲み比べてみた。3杯のみ野間口は「これは美味い。私もう酔っ払っておりますので」などとコメントした。その後、スタジオとなっている秘密の部屋に行き皆で踊りをした。

草太チームはバスにのり有明海に最も近いゴールの大川橋に到着した。筑後川昇開橋は日本最古の可動式鉄橋だという。草太らは有明海を眺め「つながった」などとコメントした。

朝陽チームは元山町で下車し散歩した。食料品店を訪れ、暖まりながらかき揚げを食べ会話を楽しんだ。バス乗り田井へ向かった。田井から終点の長沢までは小さなバスが結んでいる。朝陽らは長沢のゴールに到着した。ここから20キロ先に登山口があり1200メートルの地点に吉野川の源流点がある。

松田はVTRを見て「じーんとなってしまう」などと話した。青山草太は「僕達が何時間か一緒にいて感じたこと以上に、いろんなことがあった上で、そこに何十年生きて今言えている言葉って本当じゃないですか」などとコメントした。

キーワード
筑後川
南小国町(熊本)
岳の湯
杖立
幸野川橋梁
杖立温泉
薬師湯
穴吹駅
吉野川
うだつの上がる町並み
正木酒店
杷木町(福岡)
原鶴温泉
鵜飼い
芽キャベツ
大根
かずら橋
大富町(高知)
久留米ロードレース
大川橋
筑後川昇開橋
野間口徹
青山草太
内田朝陽
松田悟志

エンディング (その他)
02:02~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月17日 放送
  3. 次回の放送