のんびりゆったり路線バスの旅 瀬戸内海 夏のしまなみ海道をゆく

放送日 2012年9月8日(土) 10:50~11:20
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:50~

オープニング:都竹宏樹/「青いバス」

今回は、青山草太が瀬戸内海を旅する。

キーワード
都竹宏樹
青いバス
瀬戸内海

瀬戸内海 夏のしまなみ海道をゆく (バラエティ/情報)
10:51~

今治市に到着した青山草太は、愛媛と広島を結ぶ「しまなみ海道」を走るバスに乗り込み、大三島を目指すこととなった。

「馬島」の駅で降りた青山は、バス停の下にある周囲4キロほどの島を散策。道中、カラスから作物を守る農家の男性に出会い、どのようにして鳥が作物を狙うか説明を受けた。その後さらに散策を続けた青山は、集落を発見。このうち1軒の家にお邪魔し、近所の人たちとともに夕食を食べた。

2日目、青山は馬島を後にして、歩いて大島へと向かった。大島に到着すると再びバスに乗り、「大島営業所」で下車。周辺にあったかまぼこ屋さんを訪れ、じゃこ天やちくわを頂いた。

宮窪漁港を訪れた青山草太は、東屋で魚を捌く漁師・村上君夫さんを発見。村上さんは6人兄弟で、全員漁師をやっているという。青山は、漁から帰ってきた村上さんの兄弟たちに、その日獲れた魚を使った昼食をごちそうしてもらった。

青山は再びバスに乗り込み、伯方島で下車。その後船大工の渡辺忠一さんのもとを訪れ、船が作られる様子を見学した。渡辺忠一は木造船の魅力について、「潮に流されずローリングも少ないし、エンジンの振動も木が吸収する」と語った。

3日目、青山草太はバスに乗り込み、大三島にある「大山祇神社」の駅で下車。その後、神社内で行なわれていた結婚式を見学した。

路線バスに乗り終点の宮浦港で下車した青山は、降りた先で「櫂伝馬レース」を見学。櫂伝馬レースは、往復500mの速さを競う木造船のレースで、中学生からお年寄りまで30チームが参加するという。青山は、平均年齢69歳のチーム「宗方シルバーボーイズ」に注目したが、シルバーボーイズは1回戦敗退してしまった。

キーワード
しまなみ海道
馬島
大島
宮窪漁港
伯方島
大三島
櫂伝馬レース

エンディング (その他)
11:17~

エンディング映像。

今回利用した「せとうちバス」を紹介。

キーワード
せとうちバス
  1. 前回の放送
  2. 9月8日 放送
  3. 次回の放送