キッチンが走る! 港町で発見!海と畑の採れたて幸づくし〜神奈川県・横須賀市

キッチンが走る!(キッチンがはしる!)は、2010年10月1日から2017年3月27日まで、NHK総合テレビジョンのうち、放送センター直轄の関東・甲信越ブロックと海外向けのNHKワールド・プレミアムに向けて放送されていた、料理とレジャー情報のテレビ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年6月5日(金) 2:55~ 3:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:55~

今回は、神奈川・横須賀市で食材探し。どぶ板通りには海上自衛隊からレシピを提供してもらったカレーライスや、アメリカの軍隊食ネイビー・バーガーは町の看板。また杉浦と一緒に旅をするのは、イタリア料理の薄公章。魚料理が得意で、イタリアンの技法を活かした創作魚介料理はプロの料理人たちからも絶大な評価を受けている。

キーワード
どぶ板通り
カサゴとイタリア香草の香り揚げ
横須賀市(神奈川)

港町で発見!海と畑の採れたて幸づくし〜神奈川県・横須賀市 (バラエティ/情報)
02:56~

一行が訪れたのは新安浦漁港の近くで早煮昆布を干していた栗山さん親子のもと。早煮昆布とは厚みがなく早く煮上がる昆布のことで、佃煮の原料やおでんの具として東京にも出荷されている。2人は昆布を育てている場所にボートで案内してもらい、収穫作業を手伝った。またここ一帯は非常に早い潮の流れが特徴で、横須賀の養殖昆布はその流れにのって海面を漂うため、日光をたっぷり浴びて緑色に育つ。

その後2人は採れたての昆布を、地元おすすめの食べ方で試食させてもらった。横須賀で昆布養殖を始めたのは父・義男さんと養殖仲間。当時、埋め立てや水質汚染などが原因で廃業していく漁師がいる中、再起をかけて取り入れたのが昆布の養殖だった。最後に2人は昆布を分けてもらった。

29歳で修行に出た薄公章は、そこでの他国若手料理人との出会いが日本を再認識するきっかけになったという。帰国した後、日本の食材を見つめなおすため全国をめぐり、四季折々の海産物こそ日本の誇りだと気づいた。

続いて一行が訪れたのは、走水漁港で漁帰りの青木さん兄弟のもと。5月はマコガレイが最盛期。兄弟は4年前、父親の許しを得て独立。自分たちの力で日本一のマコガレイを捕ろうと漁に励んでいる。その後2人は、兄弟船で捕れたマコガレイを刺身にして試食。最後にマコガレイを分けてもらった。

続いて一行が訪れたのは、林地区で作業をしていた鈴木優也さんのキャベツ畑。ここ一帯の高台では、相模湾と東京湾の潮風を野菜が浴びるため甘く育つという。鈴木さんはフェンネルやうずまきビーツなど新しい野菜の栽培にも挑戦しており、横須賀野菜が少しでも広がっていければ良いと語った。最後に2人は横須賀野菜を分けてもらった。

翌朝、集めた食材で薄公章が調理を開始。1品目はマコガレイやフェンネル、早煮昆布や横須賀野菜を、2品目は横須賀野菜を主役に、3品目は昆布を主役に使った料理を調理した

薄公章が食材を分けてくれた鈴木優也さんら地元民に料理を披露。1品目は「炙りカレイの菜園仕立て」、2品目は「横須賀野菜のオレキエッテ 海風のスープ仕立て」、3品目は「昆布のカツカレイ」を振る舞った。

詳しいレシピは番組HPで紹介。

キーワード
横須賀市(神奈川)
早煮昆布
銚子の地キンメと香り野菜の無水蒸し
走水漁港
マコガレイ
林地区(神奈川)
あやめ雪かぶ
フェンネル
うずまきビーツ
炙りカレイの菜園仕立て
横須賀野菜のオレキエッテ 海風のスープ仕立て
昆布のカツカレイ
番組HP

エンディング (その他)
03:36~

エンディング映像。

テーマ音楽:One Step/moumoon

キーワード
One Step
moumoon
  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送