キッチンが走る! 冬の温泉郷で発見!あったか〜い熱海の幸〜静岡県・熱海市〜

キッチンが走る!(キッチンがはしる!)は、2010年10月1日から2017年3月27日まで、NHK総合テレビジョンのうち、放送センター直轄の関東・甲信越ブロックと海外向けのNHKワールド・プレミアムに向けて放送されていた、料理とレジャー情報のテレビ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年1月10日(土) 10:05~10:49
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

今回の舞台は、年間500万人の観光客が訪れる温泉郷・熱海。旅人はフレンチの巨匠・吉野建。

キーワード
熱海市(静岡)

冬の温泉郷で発見!あったか~い熱海の幸〜静岡県・熱海市~ (バラエティ/情報)
10:06~

食材探しのため2人が最初に訪れたのは、七尾地区で農業を営む谷口正敏さんのハウス。ここでは牡蠣の味がするオイスターリーフやチポロット、ミニフルーツカラーピーマンなど日本では珍しいイタリア野菜が育てられていた。早期退職後、熱海に移住した谷口さんは地元のイタリア料理シェフと家族付き合いが始まり、その際タネを分けてもらったことでイタリア野菜を栽培。

今では年間30種類のイタリア野菜を育てる谷口さんが、キッチンワゴンでプレコーチェを使ったおすすめ料理を披露。最後にオイスターリーフとプレコーチェを分けてもらった。

フレンチの巨匠・吉野建を紹介。原点はフランス修行時代の師匠ジョエル・ロブションの「食材を敬え」という言葉。帰国後、小田原に初出店し、新たな店や新メニュー開発する際の決断も全て食材だった。

続いて2人が訪れたのは、江戸時代から続く季節の野菜「小かぶ」を栽培している大竹さん夫婦の畑。かつて保養所だった自宅には温泉が湧きだしていた。鎌倉時代には源頼朝が熱海の温泉地に訪れ、江戸時代には徳川家康が気に入った熱海の湯を江戸城にまで運ばせたと言われている。

正美さんが案内してくれた旅館では、温泉の蒸気を利用した蒸し場があり、ここは宿泊客も住民もみな利用していた。2人は蒸した小かぶを試食。最後に小かぶを分けてもらった。

続いて訪れたのは伊豆山漁港。2人は港にいた島さん親子の漁に同行させてもらった。86歳の静子さんは現役の海女さん。潜り始めて30分、大きなさざえ15個がとれた。熱海近海の海底には岩礁が多く、さざえが育つには最適な場所。多い時には1日40個も取れるという。

海から上がった静子さんは、猟師仲間が用意したお風呂に浸かって温まった。その後、昔から伝わるさざえの料理“さざえごはん”を調理し振る舞ってくれた。最後に2人は、さざえを分けてもらった。

熱海で集めた食材で吉野建が調理を開始。1品目はサボイキャベツなどのイタリア野菜と小かぶを、2品目はさざえとオイスターリーフを使った料理を調理した。

吉野建が食材を分けてくれた谷口正敏さんら地元民に料理を披露。1品目は“シュー・ファルシ・熱海野菜”、2品目は熱海さざえのリゾット”、3品目は旅館の蒸し場を利用し調理した“熱海の海と山の恵み”を振る舞った。

詳しいレシピは番組HPで紹介。

キーワード
七尾地区(静岡)
オイスターリーフ
チポロット
ミニフルーツカラーピーマン
サボイキャベツ
パープルフラワー
プレコーチェ
ジョエル・ロブション
小かぶ
伊豆山漁港
さざえ
さざえごはん
オレンジブーケ
シュー・ファルシ・熱海野菜
熱海さざえのリゾット
熱海の海と山の恵み
キッチンが走る!

エンディング (その他)
10:46~

エンディング映像。

テーマ音楽:One Step/moumoon

「キッチンが走る!」の次回予告。

キーワード
One Step
moumoon

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月10日 放送
  3. 次回の放送