キッチンが走る! 開拓の村・暮らし支えた野菜で感動料理〜群馬県赤城山麓〜

キッチンが走る!(キッチンがはしる!)は、2010年10月1日から2017年3月27日まで、NHK総合テレビジョンのうち、放送センター直轄の関東・甲信越ブロックと海外向けのNHKワールド・プレミアムに向けて放送されていた、料理とレジャー情報のテレビ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年1月24日(火) 15:15~16:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
15:15~

今回の舞台は、群馬県の昭和村。料理人は濱田美里で、昭和村の開拓の歴史を料理で表現するという。

テーマ音楽:One Step/moumoon

オープニング映像。

キーワード
昭和村(群馬)
moumoon
One Step

開拓の村・暮らし支えた野菜で感動料理~群馬県赤城山麓~ (バラエティ/情報)
15:17~

氷点下の中、杉浦太陽と濱田美里は、昭和村での食材探しの旅を開始。昭和村は昼夜の寒暖差が大きいことから野菜作りが盛んで、都会の食卓を支える一大産地となっているという。畑で作業をする人を発見した2人は、地元でしか出回らないキャベツを早速試食した。

キャベツを栽培していた綿貫利彦さんは、昭和村が野菜の一大産地として知られるようになったおよそ20年前に、父親から畑を受け継いだという。杉浦らは、綿貫さん一家から、霜に当たって甘みが増したキャベツを購入した。

濱田美里が料理の道を志したのは、学生時代、世界30カ国をめぐって様々な食文化に触れたことがきっかけだという。濱田はこの10年、日本全国を旅して周り、土地土地の知恵や工夫を多くの人に伝えるため、新しい料理を発信している。

杉浦太陽ら2人は、ほうれんそうを栽培する畑に訪れ、畑の人に勧められるがまま、ほうれんそうの茎の部分を試食。2人は揃って、「甘い」と感想を述べた。この畑の代表である星野高章さんは、7ヘクタールの農園を持っており、星野さんのもとには、全国から農業を志す若者たちが集まってきているという。

星野さんは、畑がある土地について、土の下に軽石の層があるため、水はけが良く、野菜に適していることや、かつては痩せ地だったため、昔の人たちが土地の開拓をするのに苦労したことなどを話した。杉浦らは、この畑からほうれんそうを頂いた。

杉浦太陽らは、昭和村の開拓に携わったという武井さん夫婦を訪ねた。戦後、国の開拓者募集に応じた夫の忠雄さんは、入植の翌年に結婚し、同じ頃入植した230世帯とともに、山の林を切り開き、石だらけの荒地を開墾していったという。武井さん夫婦を含めた入植者たちは、種をまいて100日で食べることのできる蕎麦をはじめに作り、水も電気もない生活の中で、村づくりも自力で行った。

武井きくさんが、杉浦太陽らのために「そば」を振舞った。食事中、武井さん夫婦は開拓時代の思い出について、米は買わなければ無かったが、買う金もなかったことなどを話した。昭和40年代には都市で野菜の需要が急増し、60年代には村に高速道路が通るようになったため、次第に村の暮らしは変わっていったという。その頃武井家で重宝されていたのは、手早く食事が出来る「こうじ漬け」で、杉浦らはこれも試食。その後、大根、そば、こうじを武井さんから頂いた。

杉浦太陽は、食堂を営んでいるお店へと入り、店の手作りこんにゃくを試食。幼い頃神奈川県から入植してきたという、店員の山田真由美さん・博子さん姉妹は、かつては水が貴重であったことや、雨水でも育つこんにゃく芋は村の大切な収入源だったことを語った。その後、杉浦は、山田さん姉妹からこんにゃくをもらった。

濱田美里は、昭和村の開拓の歴史を料理で表現するべく、これまでにもらった食材を使って調理を開始した。試行錯誤を重ねた濱田は、食材の良いところをどうやれば生かしきれるのかについて悩むこととなった。

料理のお披露目貝当日、杉浦太陽と濱田美里は、まず1品めの調理を開始。ほうれんそうの甘みを引き出すために油で揚げたり、葉っぱの風味を際立たせるために松の実と一緒にすりつぶすなどの工夫をして、ほうれんそうの甘みと風味を存分に活かしたプレートを完成させた。

濱田美里らが2品めの調理を開始。輪切りにした大根を油で揚げ、余分な油を落とした後に和風だしで煮込み、その後塩こうじで味付けするなどの工程を経て、完成した。

濱田美里らが3品めを調理。細かく刻んだそばを、鳥ひき肉、くるみなどと混ぜ、それをキャベツの中に詰め込んで火を通すという工程を経て、料理が完成した。

昭和村の開拓の歴史を表現した料理を、綿貫茂雄さんや山田真由美さんなど食材の提供者にふるまうお披露目会が開始。1品めは「霜あたりキャベツのロースト」で、提供者からは「1個くらいたべられちゃうんじゃないですか」などと感想が述べられた。

2品め、「揚げ大根の塩こうじ煮」が食材提供者に振舞われた。食べた人からは、「こうじが入るとまた味が違う」などの感想が述べられた。

3品め、「ほうれんそうとこんにゃくの昭和村仕立て」が、食材提供者に振舞われた。食べた人からは、「最初こんにゃくの味で、後からほうれんそうの甘みに変わる」などと感想を述べた。

キーワード
キャベツ
昭和村(群馬)
ほうれんそう
蕎麦
大根
そば
こうじ漬け
こうじ
こんにゃく
松の実
にんにく
オリーブオイル
塩こうじ
キャバ悦
鳥ひき肉
みそ
くるみ
霜あたりキャベツのロースト
揚げ大根の塩こうじ煮
ほうれんそうとこんにゃくの昭和村仕立て

エンディング (その他)
15:57~

エンディング映像。

次回予告 (その他)
15:58~

キッチンが走る!の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月24日 放送
  3. 次回の放送