時論公論 「官邸主導の“働き方改革”」竹田忠解説委員

放送日 2016年9月27日(火) 23:55~ 0:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

官邸主導の“働き方改革” (ニュース)
23:55~

働き方改革実現会議が議論をスタートさせた。今回の改革をめぐり、安倍総理大臣は「モーレツ社員が否定される社会にしたい」と述べている。年間総実労働時間のグラフを見ると年々減っているが、これはパートタイム労働者が増えたため。フルタイムで働く人達だけのグラフを見ると、平成6年あたりの2000時間(年間)が横ばいとなっている。これが、働きすぎて死んでしまう過労死問題にも繋がっている。検討が急がれるのが36協定の見直し。また、“同一労働・同一賃金”に近づけるためには、非正規の賃金を引き上げる必要があるが、正社員の年功賃金を見直すことが避けられなくなり難しい調整が必要となる。そもそも労働政策は厚生労働省の所管。通常であれば、厚生労働省の検討会で議論したあと労働政策審議会にあてて更に議論を行う。しかし。今回は安倍総理大臣自らが議長を務めるため、短期間で連合の会長と経団連の会長と議論を進めようとしている。日本の働き方の未来がここにかかっている。

キーワード
安倍総理大臣
モーレツ社員
36協定
厚生労働省
労働政策審議会
働き方改革実現会議
同一労働・同一賃金
連合
経団連

エンディング (その他)
00:04~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 9月27日 放送
  3. 次回の放送