時論公論 「領土交渉は動いたか・日ロ首脳会談」石川一洋・岩田明子解説委員

放送日 2016年9月2日(金) 23:55~ 0:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

領土交渉は動くのか 日ロ首脳会談 (ニュース)
23:55~

ウラジオストクより。日ロ首脳会談は日本時間の午後5時から3時間を超えて行われた。今回の首脳会談はソチ首脳会談をうけて年末のプーチン大統領の訪日に向けて日露関係に弾みをつけるのが狙い。安倍総理は平和条約交渉についても話し合いが行われ具体的な道筋をつけることができたと話している。通訳を交えた2人だけの会談は1時間近くにわたった。リオ五輪での柔道の話題で盛り上がり、プーチン大統領は日本のメダルの多さを讃え、安倍総理からも、ロシアの出場があったからこそ価値があると応じたとのこと。プーチン大統領は12月15日に山口県で首脳会談を行うことで合意した。公式訪問という位置づけで共同声明などを発表したいとしている。領土交渉についてはプーチン大統領の訪日に向けて大きな方向性を出したいと考えウラジオストクでの対談に臨んだ。プーチン大統領は、領土は取引しない、第2次大戦の結果は動かさないと述べている。今回の会談ではソチでの合意を確認したうえで平和条約締結の際、島民の地位や権利などに具体的な議論を呼びかけた。

解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

執行管轄権について。執行管轄権とは公権力がどのように行使されるのかというものだが、それが主権が確定していない時にどちらの国が行うのか。これまでの話し合いではすべてここでストップしていた。安倍総理は、例えばある島が返還された時にロシアの軍事拠点をどう扱うかなど安全保障の面で具体的な議論を進めたいと考えている。安全保障分野についてプーチン大統領と腹を割った話が必要だと考えているためだ。実際にロシアと中国の戦闘機に対する緊急発進の件数は増えており、米露の対立の先鋭化や中国の海洋活動の高まりなど安全保障環境は深刻さを増している。ただ、日米安保条約の議論に波及するだけに日本の外交の力量が問われることになる。ロシアは北方領土問題について、日本が返還すれば米軍が利用するのではないかという不信感があり、それが領土交渉の壁となっている。

安倍総理はソチでの首脳会談でロシアとの8項目の経済プランを提案した。これは日本がロシアの発展に直接関わる対ロシア関与政策で、ロシアと良き善隣関係を築きたいという政治的な意思だ。プーチン大統領は領土と経済の取引は行わないとしながらも両国にとって利益になるような妥協を見出したいとしている。ウラジオストクはロシアにとってアジア・太平洋への窓であり、安倍総理はここを日ロのゲートウェイとする構想を抱いている。安倍総理はエネルギーや経済協力について大きなプロジェクトをすすめるため、世耕経済産業大臣にロシア経済分野協力を新たに兼務させたうえで日本側の責任者とする議論の枠組みを設けた。安倍総理は3日フォーラムで日ロ関係について政策演説を行う。安倍総理はこれから毎年ウラジオストクで首脳会談を行うことを提案する予定だ。

キーワード
リオ五輪
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド
プーチン大統領
安倍総理
ウラジオストク(ロシア)
山口県
世耕経済産業大臣

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月2日 放送
  3. 次回の放送