時論公論 「天皇陛下生前退位本格議論へ」鎌田靖解説委員

放送日 2016年9月1日(木) 23:55~ 0:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

生前退位 本格議論へ (ニュース)
23:55~

「天皇陛下生前退位」について鎌田靖解説委員が解説。憲法で天皇は日本の象徴とされているが、象徴の定義は曖昧であるため、天皇陛下は具体的な務めを日々模索し国民の期待に応えようとされていた。その強い責任感が「全身全霊」という表現をなされた。また皇室典範に退位に関する規定がないため、生前退位を認めるためには「退位強制のおそれ」などの懸念を払拭する必要がある。日本大学古川隆久教授は「象徴としての務めに決まりはない。公務を減らすことも検討。政治利用とならないよう議論すべき」とコメントした。

「天皇陛下生前退位」について鎌田靖解説委員が解説。退位の要件や退位の手続きについて議論が必要になる。また退位後の天皇の地位をどうするべきか、新しい天皇との関係についてどうするべきか考える必要がある。新たな象徴天皇の在り方として受け入れることは十分可能だが、天皇陛下がこう思われているからという結論ありきの議論ではなく、あえてお気持ちとは切り離し、冷製な議論が必要。

キーワード
天皇陛下
日本大学
古川隆久教授

エンディング (その他)
00:04~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月1日 放送
  3. 次回の放送