時論公論 2016年7月6日放送回

放送日 2016年7月6日(水) 23:55~ 0:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

実現できるのか? “最低賃金1000円” (ニュース)
23:55~

村田英明解説委員が最低賃金1000円を実現できるのか?をテーマに、なぜ今必要なのか?、実現に向けた課題は?との2点から解説。最低賃金とは企業が最低限支払わなければならない賃金のことで働く人すべてに適用される。日本の最低賃金は欧米に比べて低くなっている。最低賃金に近い時給で働く非正規労働者が全労働者の4割近い2000万人にまで増え、ワーキングプア問題が深刻化し、今回の参議院議員選挙でが最低賃金を1000円にするとの公約を掲げる政党が増えた。

最低賃金1000円実現に向けては、企業の合意、中小企業への支援、地域格差の是正の3つの問題がある。最低賃金は厚生労働省の審議会で目安が答申され、都道府県の審議会が決定する。この審議会には労使の代表が参加しているが協議は難航している。最低賃金は2007年の政労使合意以降、毎年引き上げが続いている。政府はさらなる引き上げ方針を打ち出しているが、そのためには政労使の合意が必要で、企業の合意が必要だ。

最低賃金1000円実現には中小企業への支援も必要だ。そのためには買い叩きや値引きの強要といった下請けいじめを無くす必要がある。アメリカでは最低賃金引き上げの際に中小企業への減税をしたし、フランスでは社会保険料の負担を軽減した例もある。地域格差を是正することも必要で、東京などのAランクの自治体とDランクの鳥取・沖縄などでは最低賃金だけでなく、引き上げ額に差がある。同じAランクでも東京と千葉では最低賃金に90円も差があり、最低賃金の決め方を見直す必要もあると考えられる。

キーワード
村田英明解説委員
最低賃金
参議院議員選挙
東京都
千葉県
鳥取県
沖縄県

エンディング (その他)
00:04~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送