時論公論 2016年1月27日放送回

放送日 2016年1月27日(水) 0:00~ 0:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:00~

オープニング映像。

春闘 賃金の底上げをどう図るのか (ニュース)
00:00~

今回は春闘の課題について考える。連合は「月例賃金」の引き上げにこだわり、経団連は「年収ベース」で賃金を引き上げたい。NHKが行った調査によると、主要企業100社のうち、賃上げを検討しているのは54社でベア検討は18社。連合新年交歓会ではベア2%程度を基準としており、日銀の黒田総裁は「強い追い風が吹いている」と労働者側に奮起を促した。春闘の賃上げの要求は物価の動向を踏まえて決められているので、物価が伸び悩んでいるので去年を上回る要求を打ち出せていない。

春闘の統一要求は、デフレ時代に高い目標を掲げられない。今年の春闘の目標は「脱・トリクルダウン型春闘」である。中小の組合を支える体勢づくりが課題となる。経営者は発想の転換を要求されており、企業を成長させるために賃上げが必要である。そのポイントは「優秀な人材の確保」「付加価値の高い商品・サービス開発」である。

キーワード
春闘
連合
NHK
神津会長
黒田総裁
デフレ

エンディング (その他)
00:09~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 1月27日 放送
  3. 次回の放送