時論公論 「世界自然遺産“登録延期”の課題」土屋敏之解説委員

放送日 2018年5月18日(金) 23:40~23:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:40~

オープニング映像。

世界自然遺産“登録延期”の課題 (ニュース)
23:40~

鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄の本島北部と西表島は世界自然遺産への登録を目指している。しかしその調査を行っているユネスコの諮問機関「IUCN」からは、これら4島の登録延期を勧告した。国や地元自治体には予想外のことだったという。そこで今回はその理由について解説する。報告書では多くの課題が指摘されている。

最大の課題と言われているのは日本政府が設定した推薦地そのものが不適切で見直しが必要だということだ。推薦地は24地域に細分されており小さな飛び地は除外すべきだとしている。他にもあらたに推薦地に加えるべき所も指摘されている。さらに外来種への対策推進、観光客などの管理、モニタリングなどが求められている。こうした課題を解決するには時間がかかる見通しだ。世界自然遺産になったらそれで終わりというわけではないということを理解する必要があると解説された。

キーワード
ユネスコ
世界自然遺産
IUCN
鹿児島県
沖縄県
奄美大島
徳之島
西表島
アマミノクロウサギ
ヤンバルクイナ

エンディング (その他)
23:49~

エンディング映像。

解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURL。NHKオンデマンドの告知テロップ。

キーワード
NHKオンデマンド
解説委員室ホームページ

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月18日 放送
  3. 次回の放送