時論公論 【出演】NHK解説委員

放送日 2018年5月9日(水) 23:40~23:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:40~

オープニング映像。

イラン核合意 アメリカ離脱の衝撃 (ニュース)
23:40~

トランプ大統領はイラン核合意からの離脱を表明し、イランに過去最大級の経済制裁を行うと発表した。同合意はウラン濃縮活動など、イランの核開発を大幅に制限する代わりに関係国が経済制裁を解除するものだったが、トランプ大統領は「核開発制限に期限があること」、「弾道ミサイルの開発は未制限」、「イランはアメリカがテロ組織とみなす組織を支援している」といった3点を挙げ、合意には欠陥があると批判していた。今回のアメリカの離脱表明をめぐって、サウジアラビア、イスラエルは支持を表明している。なお、経済制裁に関しては具体的な中身は不透明。いずれにせよ、高橋祐介解説委員はイランに対する圧力で交渉を優位に進める、トランプ流の強気のディールが見えるという。

イランの原油などの輸出先で一番の得意先が中国で、アメリカがイランに対する経済制裁に同調するよう呼びかけても、応じない可能性があり、アメリカの影響力の減少に繋がりかねないという。渦中のイランのロウハニ大統領は核合意にとどまる意向を示しているが、国益が尊重されていないと判断すれば、ウラン濃縮の再開も辞さないという。イラン国内では保守強硬派が巻き返しにはかることも予想され、イラン核合意の枠組みが破綻するかもしれない。

イランの原油などの輸出先で一番の得意先が中国で、アメリカがイランに対する経済制裁に同調するよう呼びかけても、応じない可能性があり、アメリカの影響力の減少に繋がりかねないという。渦中のイランのロウハニ大統領は核合意にとどまる意向を示しているが、国益が尊重されていないと判断すれば、ウラン濃縮の再開も辞さないという。イラン国内では保守強硬派が巻き返しにはかることも予想され、イラン核合意の枠組みが破綻するかもしれない。また、高橋氏は核合意からの離脱に北朝鮮がどう判断するのか、米朝首脳会談の焦点になると語った。さらに出川展恒氏は中東地域での軍事的緊張が高まることを危惧していて、アメリカが日本に対イラン制裁に協力するよう求めてくると、日本企業は対応に苦慮することになると語った。

キーワード
トランプ大統領
イラン核合意
弾道ミサイル
ネタニヤフ首相
テルアビブ(イスラエル)
金正恩朝鮮労働党委員長
ロウハニ大統領
原油
ウラン濃縮
サウジアラビア
イラン

エンディング (その他)
23:49~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月9日 放送
  3. 次回の放送