時論公論 「移転延期 築地ブランドはどこへ」合瀬宏毅解説委員

放送日 2016年11月7日(月) 23:55~ 0:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

オープニング映像。

移転延期 築地ブランドはどこへ (ニュース)
23:55~

11月7日は豊洲新市場が開場となる日であった。しかし地下水のモニタリング調査の結果、予定されていた盛り土が無かったり、基準を超える有害物質の検出、建物の耐震性への懸念などで、移転は先行きが見えない状態が続いている。移転の延期は、事業者だけでなく80年に渡って築いてきた“築地ブランド”にも影響を与えている。そもそも豊洲への移転を決めた背景には、築地市場の水産物取り扱い量が減少していることが挙げられる。理由は、スーパーなどの場外取引の増加。また、施設が老朽化しており、トラック輸送の物流にも対応できていない。先月行われた専門家会議では、環境基準を上回るベンゼン・ヒ素、さらに国の指針の最大で7倍の水銀が検出されたことが報告された。平田健正座長は、今後2年間の調査が必要、調査方法も含め検討予定としている。合瀬宏毅解説委員は、小池知事は豊洲の安全性問題を検証するとともに、移転が伸びた場合の措置をどうするのか、多方面に目配りをした対応する義務があると述べた。

先週金曜日の放送で、グラフの文字に誤りがあったとして訂正した。「世界の再エネ充電容量」ではなく、「世界の再エネ発電容量」が正しい。

キーワード
築地市場
豊洲新市場
小池知事
築地(東京)
平田健正座長
豊洲(東京)
ベンゼン
ヒ素
水銀

エンディング (その他)
00:04~

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHK解説委員ホームページ
NHKオンデマンド

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 11月7日 放送
  3. 次回の放送