あさイチ プレミアムトーク 中園ミホ

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月5日(金) 8:15~ 9:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

今日のゲストは「花子とアン」の脚本を務める中園ミホさん。井ノ原快彦と有働由美子の毎日の朝ドラ受けの会話について話し、中園ミホさんは「朝ドラ受けあっての朝ドラ」等と話した。中園ミホさんへの質問・メッセージはFAXか番組ホームページで募集。また、中園ミホさんが視聴者の方々に「赤毛のアン」との出会いはいつ、どこでだったか、を尋ねそのメッセージも募集した。

キーワード
花子とアン
あさイチ

あさイチ (バラエティ/情報)
08:17~

千葉県美浜区のショッピングモールにある介護施設がオープンした。こちらは老犬ホームで中には24時間対応の動物病院も併設されており、動物用CTスキャンも完備されている。さらにWebカメラも設置されており、愛犬の様子をリアルタイムで確認できる。こうした施設が登場している背景にはペットの寿命が延びていることがあり、人間に換算すると超高齢化となっている。

そんな老犬介護の悩みを抱えている田中さんは出かける時はいつも後ろ髪を惹かれる想いだ、と話した。田中さんは愛犬のソックスちゃんを犬のデイサービスの介護に預けており、その日は全部で10匹介護されていた。老犬スタッフのノウハウを勉強したスタッフが面倒を見てくれる。こちらのデイサービスではハーブ入りの足湯やストレッチもしており、歩くのが難しそうなソックスちゃんは少し歩けるようになっていた。

老犬介護についてスタジオでトーク。食事の栄養バランスや医療の発達によってペットの寿命は延びており、こういったサービスは需要が高まっている。しかし、国民生活センターによるとサービスが高額であるため、返金を巡るトラブルなどには注意が必要、とされている。また、ペットの介護サービスを選ぶ時のポイントは第1種動物取扱業であることと、飼育環境がよいことである、と説明した。

キーワード
美浜区(千葉)
国民生活センター

プレミアムトーク (バラエティ/情報)
08:27~

「花子とアン」の脚本化である中園ミホさんは10代の時に両親が他界しており、OLや占い師、ギャンブラーなどの職業を経験していた。脚本化を目指したのは29歳の時の大失恋がきっかけで、転機は34歳の時。「ハケンの品格」や「ドクターX~外科医・大門未知子~」などヒット作品を連発した。

執筆場所に札束をおいているという中園ミホさんはその理由について、執筆中など逃げたいと思った時に現金が大好きなので朝ドラ1週間分のギャラを置いておくとエネルギーが沸いてくる、などと話した。

「朝ドラの仕事は大変そうなので絶対にしたくない、と言っているのをテレビで聞いたことがあって、「花子とアン」を担当しているのに驚いた」という視聴者からのメッセージを紹介し、中園さんは「未だに引き受けた覚えが無い」と話し、お酒に酔って記憶がないだろうから受けたことにしとこう、とされたのではないかと疑いを持っている、と話した。また、今回はプロデューサーや演出家に助けられた、歴史オタクの方のメモが面白かった、などとも話し、「花子とアン」に役として出演していた「木場朝市」の名前は「あさイチ」が由来であることも話した。

「朝ドラの仕事は大変そうなので絶対にしたくない、と言っているのをテレビで聞いたことがあって、「花子とアン」を担当しているのに驚いた」という視聴者からのメッセージを紹介し、中園さんは「未だに引き受けた覚えが無い」と話し、お酒に酔って記憶がないだろうから受けたことにしとこう、とされたのではないかと疑いを持っている、と話した。また、今回はプロデューサーや演出家に助けられた、歴史オタクの方のメモが面白かった、などとも話した。

「花子とアン」に登場する男性達のシーンが映像で流れた。その映像を見た後、中園ミホが「私はありありとその人物を思い浮かべないと書けない」などと話し、朝ドラに関しては完全に役者へのあてがきであることなどを話した。また、「花子とアン」の中で有働由美子は加納伝助のセリフに一番愛情を感じる、などと話し、中園ミホはおじいやんが一番好き、などと話した。

「花子とアン」の登場人物である花子と蓮子の友情が見えるドラマのシーンが映像で流れた。中園ミホさんは若い頃は女の友情は信じていなかったが50代半ばになって本当に女の友情はある、と思い今回は女の友情を中心に据えようとした事を話した。また、花子と蓮子の出会いは恋愛と同様に書いたことや、今は腹心の友と呼べる人がいること、なども話した。

中園ミホさんの人生を10代、20代、30代で見ていく。10代の時は両親が他界していたが、父が亡くなった時は父の死よりも母が打ちひしがれていた事が辛かった、と話し、母が亡くなった時は本当に辛くて、派手に遊んでいたそうだが良く覚えていない、と話した。

20代はOLになったがダメなOLで自主的に辞めた後、占い師となったそうだ。その時は脚本よりもはるかに真面目に勉強しており、政治家や企業のトップがいるところでアシスタントもしたこともあったため、人間ウォッチングが出来てよかった、などと話した。そうした経験が今の脚本に活かされていることを語った。

キーワード
ハケンの品格
ドクターX~外科医・大門未知子~
あさイチ
花子とアン

ニュース (ニュース)
09:00~

全国の天気予報。

円相場、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)の値動きを紹介した。

キーワード
円相場
日経平均株価
東証株価指数(TOPIX)

プレミアムトーク (バラエティ/情報)
09:05~

中園ミホは30代の時にシングルマザーとなっており、中園ミホは「当時は悩んだが、人生の中で一番最良の決断だったと思う」と出産について語った。今までの人生で色々な人が自分に説教してきたが全然変わる事が出来ず、でも息子と対面した時から変わった、などと話し脚本家をやっていこうと思ったそうだ。子どもを産んでから誰かに助けを求めることをせざるを得ないようになり、周りの方々に助けてもらった子育て出来ている、ということを話した。また、子育てをしながら仕事をどのようにしているか、も説明した。

中園ミホさんがこれまでに書いてきた作品として「ハケンの品格」や「ドクターX~外科医・大門未知子~」が挙げられる。「ドクターX」の主人公の決め台詞は松本薫のロンドン五輪での言葉を聞いて「カッコイイ」と思って使った、と話した。また、「ハケンの品格」については取材と称して飲み会を開くそうだが、その時に派遣の方々に話を伺って、「どういう人だったら首切られないで言いたい事が言えるだろう」と思って主人公のキャラクターが出来た、と話した。

視聴者から「「あさイチ」の中で占いをして欲しい」というメッセージが届き、有働由美子に関して占いをした。「純粋で潔癖でカッコイイ、女らしいところもある、でも有働さんが好きな男性が華やかでで女の人にモテル人が好き」と診断し、手相診断から晩婚で結婚する、と話した。

キーワード
ハケンの品格
ドクターX~外科医・大門未知子~
松本薫
ロンドンオリンピック

グッチ裕三のイチオシ音楽 (バラエティ/情報)
09:20~

プリシラ・アーンがベスト・アイ・キャンを演奏した。

キーワード
ベスト・アイ・キャン

グリーンスタイル (バラエティ/情報)
09:33~

趣味の園芸の番組宣伝。

趣味の園芸のテキストの紹介。

キーワード
趣味の園芸

エンディング (その他)
09:49~

視聴者からのお便りを紹介。番組冒頭に中園さんが募集した「赤毛のアン」との出会いなどに関するお便りで「中学一年生の時に親友と競って読んだ。」、「大人になってから赤毛のアンを読んだ。小学校の図書ボランティアに参加して赤毛のアンを増やしてもらった」などを紹介した。また、「タケシが一番好きで、タケシの裏話はありませんか?」などという質問に対し、「幸せになって欲しい」などと答えた。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月5日 放送
  3. 次回の放送