あさイチ 地域医療・緩和ケアの現場から〜櫻井翔

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年3月27日(木) 8:15~ 8:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

井ノ原快彦が櫻井翔とともに挨拶をし「ごちそうさん」があと2日で終わってしまうという話をした。そして、ゲストが紹介された。

キーワード
ごちそうさん

櫻井翔が見る 終末期医療の現場~緩和ケアの今~ (バラエティ/情報)
08:15~

今日は櫻井翔が緩和ケアが行われている終末期医療の現場を訪ねる。

取材をした櫻井翔は緩和ケアについて「病院の治療とはまた違う形。新しい一つの選択肢を知るような機会だったので、ぜひ知っていただきたい」などと話した。そして、櫻井翔主演の映画「神様のカルテ2」の映像とともに映画の内容が紹介され、櫻井翔は「映画の中でも恩師の死と向き合ったので、そこで感じたことを取材にいかせたかなと思う」などと話した。

「自分の最期はどう迎えたい?」「家族はどう見送りたい?」FAX、ホームページからメール、携帯から。

櫻井翔が山梨・中央市にある緩和ケアを行う診療所を訪ねた。所長の土地邦彦さんは早くから緩和ケアに取り組み、11年前に診療所を開設。診療所のベッド数は19で、末期のがん患者などが入所している。

櫻井は入所して1週間という窪田さんの病室を訪ねた。窪田さんは今年肺がんと診断され、病状も進行していることから家族と相談し入所した。入所した感想を聞かれた窪田さんは「安心した」などと話した。緩和ケアでは苦痛のコントロールを行い生活の質を上げるとともに、患者の心のケアが行われる。

診療所では患者と同じく家族へのケアを大切にしている。大腸がんの夫を自宅で看ていたが、3日前に夫の入所を決めたという青柳さんは「なんとか穏やかに旅立てるように」と土地さんに相談をしていた。

この診療所では患者に家で暮らしているようにリラックスしてもらうために家族が自由に使えるミニキッチンや露天風呂などがある。さらに、食事は地元の食材を使った家庭料理で、櫻井翔も入所者とともに食事を食べた。また、かつて患者が飼っていたという猫は飼い主が旅立って以降は診療所のマスコットとなっているほか、訓練を受けた犬がアニマルセラピーで患者や家族を癒している。

取材日の朝、入所者の1人が亡くなり、櫻井翔はご遺族とともに最後の見送りに立ち会った。診療所では亡くなってもその人の人格を大切にしたという思いから顔に白い布はかけない。また見送りはスタッフ全員で行っている。

診療所で家族を看取った人が再び診療所を訪れ、今度はボランティアとして他の患者や家族を支える側に回る事もある。ボランティアリーダーの垣内さんもその一人で「本当に最後まで命を見事に燃やしたという経験をしたので、みんな同じ思いを共有して少しでもお役に立てることがあればと活動しています」と語った。櫻井翔は診療所で行われている緩和ケアを見て「旅立ちの場でありながらふるさとにもなりえる、不思議な空港だなと思いました。見送った場所ってまた帰ってくる場所にもなるのかなと思いました」と語った。

櫻井翔が見た緩和ケアについて、くわばたりえは「本当に良い場所なんだなと思います」と語り、山崎樹範が「残された方々の死に対する考え方もここで変わるんだろうなと思いました」などと語った。また、櫻井翔が診療所で行われている緩和ケアについて感想を述べ、診療所の使用料金などについて説明を行った。また、視聴者からの投稿が紹介された。そして、ここで緩和ケアに詳しい帝京大学医学部教授の有賀悦子さんが登場し、緩和ケアについて説明を行い、全国397の病院が“がん診療連携拠点病院”に指定されていることを紹介した。

「自分の最期はどう迎えたい?」「家族はどう見送りたい?」FAX、ホームページからメール、携帯から。

群馬・高崎市にある一人暮らしでも最後まで安心して自宅で過ごせるように取り組む診療所を櫻井翔が訪れた。この診療所では緩和ケアの中でも自宅でのケアに力を入れている。医師の萬田緑平さんは「とことん患者さんの意志にこだわる。こうしてくれって言われたことで僕らができることをする。徹底的に本人の希望をかなえる。本人の希望をかなえる家族をバックアップする。そんな感じでできないことはしない、できることはさせてください、それがほとんど全てです」と語った。そして、櫻井は萬田医師とともに自宅ケアへとむかい現場を取材し、自宅ケアを受けている古田さんに話を聞いた。

櫻井翔が萬田医師とともに末期がんの青木さんの家を訪れた。青木さんは入院時は食事もままならず弱っていく一方で、家に帰りたいという青木さんの願いをうけて萬田医師が自宅でのケアを始めた。青木さんは萬田医師について「おかげさまで命の恩人なんです」と話した。また、青木さんの娘は自宅での緩和ケアについて語った。萬田医師は「人生の最終章はみんな辛いと思っていますよね。好きなようにシナリオを書いて、本人が主演、家族が助演で一緒に演じてくれれば絶対最終章って拍手で終わる。ハッピーエンドになるチャンスがみんなにあるんだから支えてあげたい」と語った。

スタジオではゲストの山崎らが感想を述べ、取材をした櫻井翔が自宅での緩和ケアを行っている医師や、緩和ケアを受けている家族について語った。そして、視聴者からの投稿が紹介された。

あすの「あさイチ」の番宣テロップ。プレミアムトークは秋元康さん。

キーワード
緩和ケア
神様のカルテ2
あさイチ
紅茶
中央市(山梨)
肺がん
大腸がん
帝京大学
高崎市(群馬)
秋元康さん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月27日 放送
  3. 次回の放送