あさイチ イチおし 旬の初ガツオ!徹底活用術

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年5月23日(水) 8:15~ 8:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

オープニングの挨拶と、今日の朝ドラについてトーク。

キーワード
朝ドラ

イチオシ 旬の初ガツオ!徹底活用術 (バラエティ/情報)
08:15~

今日は、今が旬の初がつおについて特集。料理のバリエーションが少ないかつおだが、かつおの産地・高知には謎の万能調味料があり、これは色々な料理に合うという。今日はこのかつおの超活用術を大公開。

今回は、かつお料理の質問やお悩み、エピソードを募集。FAXや携帯サイト、ホームページからメールにて受付中。

文教大学の教授・中島滋さんが、かつおがダイエットの強い味方になりうることを紹介。かつおに含まれるヒスチジンという成分がカギとなり、教授の実験でラットにこのヒスチジンを多く含むエサを与えたところ、エサを食べる量が減ったという。ヒスチジンは食事で取り込んだものが脳に入ると、酵素の働きでヒスタミンに変わり、このヒスタミンが満腹中枢を刺激することでおなかがいっぱいと感じるのだという。さらに交感神経を刺激し内臓脂肪を燃焼させる働きもある。

かつおをどのように食べればヒスチジン効果を得られるのか、教授がいきつけの店で紹介。刺身、たたき、煮物、かつお節など、どんな料理にしてもヒスチジンは摂れるのだという。

かつおのパワーをまとめておさらい。ヒスチジンで肥満防止効果があり、DHAとEPAで脳を元気にし血液をサラサラにする効果、そしてアンセリンで疲労回復といった効果がある。

1世帯あたりのかつおの消費量が全国一の高知は、今まさにかつおが活気を呼んでいる。高知にはかつおの調味料があり、それはかつおがたっぷりと入った食べるラー油。

今女性に人気の、しょうがを加えたかつおラー油の作り方を川島昭代司さんが紹介。焼き節のかつおを1cm角に切り、刻んだにんにくを油で揚げ、ごま油とサラダ油を混ぜて120℃で熱し、ここにかつおと生にんにくを加える。さらにたまねぎと青ねぎ、しょうがを加え、しょうがを揚げ、火が通ったらすべて取り出し、味噌と合え、唐辛子などを混ぜ合わせる。そして使った油をかけて熱し、しょうゆとみりんで味をととのえ完成。

スタジオにこの食べるラー油が用意され、出演者が試食。

かつお料理に悩む主婦2人が、謎の男のもとを訪ねた。謎の男とは、漁師から水産庁職員に転職した上田勝彦さん。上田さんが、2人に塩かつおの作り方を紹介した。かつおは流水でさくを洗い流し、水分をふき取って塩をまぶし10分置くだけ。

この塩かつおを使った簡単料理を紹介。鹿児島のかつお料理「つかんまぜ」は、大根と塩かつおを塩で味をととのえ、酢であえるだけ。そして「炊かず飯」は、塩かつおをみじん切りにして酒をふり、これを炊き上がったごはんにしょうがのみじん切りとともに加えてまぜ、三つ葉をちらして完成。塩かつおを使って「かつおカレー」もつくることができる。

上田勝彦さんがスタジオに登場。塩かつおを出演者にふるまい、またその場で「塩かつおの野菜炒め」を調理し、出演者が試食した。

上田勝彦さんが、鮮魚店でかつおの見分け方を紹介。2つのタイプがあり、部位の違いで脂ののりや味が変わってくる。あっさり味は背側、脂がのっているのは腹側。背側はしょうがをつけて食べるとまた違った味に変わる。

視聴者から寄せられた、かつおに関するメッセージを紹介。

キーワード
かつお
あさイチ
ヒスチジン
ヒスタミン
DHA
EPA
アンセリン
食べるラー油
カツオ・ラー油
水産庁
塩かつお
炊かず飯
つかんまぜ
かつおカレー
塩かつおの野菜炒め

お知らせ (その他)
08:54~

「サクラサイト詐欺 撲滅キャンペーン」の案内。電話相談の受付番号(消費者ホットライン)が表示された。

キーワード
消費者ホットライン

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月23日 放送
  3. 次回の放送