全国都道府県対抗男子駅伝 第22回

放送日 2017年1月22日(日) 12:15~15:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:15~

オープニング映像。

このあと0時30分、平和公園からスタートする。解説を務める尾方剛は「東京オリンピックに向けた選手が出てくることを期待したい」と話した。48kmを中学生から社会人までの7区間でタスキを繋ぐ。出場する都道府県、コース、注目選手などを紹介した。

テーマソング:Rainbow / ポルノグラフィティ

ライブストリーミングの告知。PC:「全国都道府県対抗男子駅伝」にアクセス。スマートフォン:アプリストアからNHKスポーツアプリをダウンロード。

キーワード
全国都道府県対抗男子駅伝
平和公園
東京オリンピック
Rainbow
ポルノグラフィティ
宮島(広島)
厳島神社
NHK 全国男子駅伝 ホームページ
NHKスポーツアプリ
スマートフォン

第22回全国都道府県対抗男子駅伝(中継) (スポーツ)
12:30~

1区は三重がトップでタスキを繋いだ。

2区は京都がトップでタスキを繋いだ。

3区は愛知がトップでタスキを繋いだ。

4区は長野がトップでタスキを繋いだ。

5区は長野がトップでタスキを繋いだ。

6区は福岡がトップでタスキを繋いだ。

長野がトップでゴールした。

長野県の優勝インタビュー。高見澤勝監督は「1、2、3区が予想以上に良かったので手応えが持てた、その後は予定通りだった」などと語った。アンカーの上野裕一郎は「10回目で優勝できて感無量、色んな人に感謝したい」などと語った。

レース結果とレースをハイライト映像で振り返った。

7区間3位となった愛知の神野大地は「勝ちにこだわって走った」とレースを振り返り、東京オリンピックに向けて「陸上人生最大の目標、しっかり頑張っていきたい」と語った。7区間5位となった京都の一色恭志は「代表として出場することが気持ちよかった」とレースを振り返り、今後挑戦するマラソンに向けて「まだまだ練習を積んでいかないといけない、今回のレースをいい経験にしたい」と語った。7区間9位となった静岡の下田裕太は「(大学の先輩と走ることが)凄さを知っているので怖かった」とレースを振り返り、東京オリンピックに向けて「学生だからできることをやってうまくオリンピックに向かっていければ」と語った。

キーワード
東京オリンピック

エンディング (その他)
15:08~

優勝した長野について、尾方剛は「想定通りというか、強かったなという印象」と話し、各個人について「色んな選手の走りが見れて良かった」と話した。今回区間新記録が2区と6区で2つ生まれた。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 1月22日 放送
  3. 次回の放送