新春TV放談 2018

新春TV放談(しんしゅんテレビほうだん)は、NHKが2009年以降、毎年1月初めの深夜帯などに放送するトークバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月2日(火) 22:55~ 0:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
22:55~

去年の番組を振り返りながらテレビの在り方を語り合う空前絶後のトークバラエティー。全国の10代~60代の男女1000人にアンケート調査をして、人気ドラマ・バラエティーランキングトップ10を発表。

パネリストを紹介した。民放からは日本テレビプロデューサー 小田玲奈とテレビ東京プロデューサーの伊藤隆行が参加。AbemaTVを開局したサイバーエージェント藤田晋社長も参加。

キーワード
72時間ホンネテレビ
緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦
テレビ東京
日本テレビ
AbemaTV

2017年 人気ドラマランキング (バラエティ/情報)
22:59~

24時間好きな時にドラマを見たい。今の視聴者に向け、去年動画配信サービス各社が数々のネットのオリジナルドラマを打ち出した。テレビのドラマにどんな影響をおよぼすのか?ヒャダインは今のネットドラマはクオリティも申し分ない。スポンサーもいないので忖度もないので自由にできていると語った。更に今年放送したドラマにも最終回後のオリジナルドラマがHuluで配信した。しかしそうしたことにより、高齢者が配信では見れないなどのクレームもあった。更に高橋真麻は地上波ではできないような内容もあり、それが面白いとコメント。最近では俳優もテレビは仕事として考え、ネットドラマはやりたいことがやれると言う前のめりの姿が広がっていると品田英雄はコメントした。

2017年 人気ドラマランキングを発表。

1位「Doctor-X」2位「相棒」3位「コード・ブルー」4位「陸王」5位「孤独のグルメ」6位「コウノドリ」7位「ひよっこ」8位「おんな城主 直虎」9位「過保護のカホコ」10位「科捜研の女」

2017年 人気ドラマランキングについて。2009年から始めたこのランキングでは相棒が常にトップ10入りしている。藤田社長はDoctor-Xは毎回見ていると語った。小田はシリーズものだと見方がわかっているから見やすいのではないかと語った。

藤田晋は現在ドラマを作っている。その理由にドラマが一発当たると大きいとコメント。キャスティングはオーディションと語った。地上波のドラマとの意識の違いには脚本からドラマを決めたと話した。小田玲奈は今年You Tubeでドラマを作りたいと話、年がら年中スマホで動画を見ている若い子をターゲットにして作りたいと野望を語った。

2017年 人気ドラマランキングについて。池井戸潤原作の陸王は足袋製造会社の再生ストーリー。竹山は友達が日曜の夜は月曜から頑張れるドラマが観たいと言っていたと語った。陸王で毎回泣いてしまうという小田だったが、逃げ恥には「やられた」と思ったと明かした。

2017年 人気ドラマランキングについて。長らく直球の恋愛ドラマがランクインしていないことについて竹山は「視聴率は悪いけど、10代はスマホとかで月9は見ている」と語った。品田は10代はスマホに接している時間が長く、テレビをみる時間が減っているというデータを紹介した。ヒャダインは「突然ですが、明日結婚します」は視聴率は悪かったが話題にはなっていたと語った。

恋愛ドラマについて。お仕事ドラマを作っている小田は「恋愛だけで一本もたせる勇気はない」と語った。小田のドラマ作りは「内容はお仕事ドラマだけど引っ張りは恋愛で」と解説し、4話でキスをさせることがコツだと明かした。伊藤は「家売るオンナ」でのキスシーンにびっくりさせられたと語った。

ドラマを録画で観ることが多いというアンケート結果について。小田は「どうやったらリアルタイムで見てもらえるのかということばかり考えている」と語った。天空の城ラピュタでのバルスのように共有する楽しみ方をいかに作れるかに頭を働かせていると明かした。

SNSと視聴率について。竹山はSNSですごい叩かれた番組でも視聴率は全然よくなかったりして、SNSと視聴率は連動していないと語った。小田は「前はおもしろいものを作ればスマホを置いてくれると思っていたが置いてくれないということがわかった」と語った。品田はカルテットは視聴率は奮わなかったがSNSで爆発的に盛り上がったと紹介。

ヒャダインはSNSでバズったことを評価する指標が必要だと語った。伊藤は「色んな指標を試すべきときに来ている」と語った。藤田社長は「ビジネスモデルを変えなきゃいけない時期にきている」と語った。

キーワード
Amazonプライム・ビデオ
Hulu
剛力彩芽
「フェイス」 サイバー犯罪特捜班
雨が降ると君は優しい
玉山鉄二
佐々木希
Netflix
炎の転校生 REBORN
ジャニーズWEST
火花
又吉直樹
愛してたって、秘密はある。
野島伸司
ドクターX~外科医・大門未知子~
相棒
高校教師
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
陸王
人間・失格
孤独のグルメ
聖者の行進
コウノドリ
ひよっこ
おんな城主 直虎
過保護のカホコ
科捜研の女
#声だけ天使
AbemaTV
池井戸潤
竹内涼真
役所広司
山崎賢人
横内謙介
逃げ恥
突然ですが、明日結婚します
家売るオンナ
天空の城ラピュタ
カルテット

2017年 ワイドショーが超絶フィーバー! (バラエティ/情報)
23:28~

2017年のワイドショーを激論。2017年の新語流行語大賞には忖度が選ばれた。更に不倫や暴言暴力などを振り返る。ヒャダインは今年エンタメ不足でヒット曲も無かったとコメント。今年は週刊誌などが自らネタをとりワイドショーへ売る傾向が多かった。紙媒体が売れない代わりにそれで儲かったのではとテリー伊藤は述べた。小田玲奈はワイドナショーが好きと語り、みんなが我慢していることを言ってくれるのが好きとコメント。高橋真麻はワイドショーを見ていてこっちの不倫は報道してこっちは全然しないなど、事務所の力関係が如実に伝わるとコメントした。

藤田晋はabemaTVでもワイドショーは放送しており、地上波との差別化するようにニュースをラップで伝える番組もあるとコメントした。伊藤隆行は深夜に行う生放送のワイドショーの企画を出した事があると話し、千原ジュニアがそれに賛同した。

出演者が休憩している映像が流れ、テリー伊藤と藤田晋が名刺交換していた。

キーワード
忖度
ワイドナショー
松本人志
おはよう、たけしですみません。
ビートたけし
太田光
水道橋博士
NEWS RAP JAPAN

2017年 バラエティー番組を徹底分析 (バラエティ/情報)
23:36~

2017年 人気バラエティーランキングを発表。2016年はトップ10のうち6本が日本テレビがランクイン。2017年も上位に日本テレビが3本ランクイン。

2017年 人気バラエティーランキング1位:世界の果てまでイッテQ!2位:ブラタモリ3位:月曜から夜ふかし4位:ザ!鉄腕!DASH!!5位:マツコの知らない世界6位:アメトーーク!7位:水曜日のダウンタウン8位:ホンマでっか!?TV9位:Youは何しに日本へ?10位:鶴瓶の家族に乾杯

2017年 人気バラエティーランキングについてトーク。アメトーーク!はすべての回でトップ10入りをしている。出演者は面白い番組にマツコの知らない世界や世界の果てまでイッテQ!などを挙げ、日本テレビ好調の背景にバラエティー総合演出の古立善之の存在があるとしたが、改編などもなかったため若い人が育つチャンスがないなどと話した。

テレビ東京の番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の内容は池の水を抜くだけと言うシンプルなもの。しかし何が出てくるかわからないワクワク感が視聴者の心を鷲掴みにした。伊藤隆行はNHK大河ドラマとイッテQ!の裏番組と言うことで、なんかやれと言われ、振り切ったものをやろうと思い、去年の7月にとある事件のニュース映像で警察の人が池の中を捜索している映像を見てこれで行こうと思ったとコメントした。しかし面白そうで通した結果上司にやめろとまで言われ、面白そうだけで何が悪いとカチンと来て意地になっていたと語った。更に映せない物も出てくると話した。

支持されるバラエティーのトレンドについてトーク。テレビ東京の伊藤隆行プロデューサーは日本テレビとの共通点に「汗をかく」などと述べた。

この3年のランキングは同じ6番組がランクインしているが、2017年に初のトップ10を果たしたのは水曜日のダウンタウン。ユーチューブよりの企画が多く、説を検証するものは手法の幅が広がるなどと話した。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?は出川哲朗が旅先で「充電させてもらえませんか?」とお願いしながら電動バイクで旅をする番組。テリー伊藤はこの番組を絶賛。出川哲朗を単体で出すのはスゴイと語った。千原ジュニアはテレビ東京で度々この企画よく通ったなと思う番組があるとコメントした。ヒャダインは今の視聴者は嘘が嫌いなのでそういう先の見えない番組が受けるとコメントした。

伊藤隆行は番組作りの心構えで掲げているのは「脱・企画の保険」テレビマンが使う業界用語にある「企画の保険がかかっていない。」と言う言葉が異常に多い。保険は視聴率を取るための説得材料で、タレントの起用や演出手法などがあってこそ通る。だが企画の保険となると、企画自体が丸くなってしまうのでそういうタイムテーブルが今多くなってきている。この言葉が横行しているせいで似たような番組しかないのでは?とコメントした。

フジテレビが長寿番組めちゃ×2イケてるッ!、とんねるずのみなさんのおかげでしたが今年3月で終了すると発表した。高橋真麻は過去の栄光からフジテレビが考え方を変えるのが遅かった。過信がいつまでもあったとコメントした。カンニング竹山はフジテレビは今低迷していると言われてるが、今年来年には生まれ変わるのでは?とコメントした。

バラエティー番組を作る上で厳しい環境がある。視聴者からは規制がかかりすぎなどの意見があった。カンニング竹山は視聴者の意見に過敏になりすぎている。制作が作りたいものがなんでも出来ていないのでは?とコメント。伊藤隆行は面白さが分かる人に更に面白いものを作らなきゃいけないテレビもあるなどと答えた。

去年話題になった72時間ホンネテレビ。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演し、三日間の累計視聴数は7400万以上だった。出演した竹山は「番組はテレビを撮っている人だらけだったのでワクワク感はあった」とコメントした。小田玲奈は「24時間テレビはきっちりタイムテーブルがあるが72時間テレビは伸びたり、同じことをしているがテレビとは見方が違う。」とコメントした。72時間ホンネテレビを視聴した人は1000人中42人。藤田晋はそれに対し「 地上波には勝てるとは思っていないが、新しいメディアで多くの人に見せられることが可能だとわかった。」とコメントした。

藤田晋は72時間テレビのときはスポンサーが殺到したとコメント。しかし企画によってはスポンサーが入りづらいものもあるとコメント。収入はスポンサーなり課金なりで獲得はできると述べた。さらに毎年200億円の赤字も出している。今は視聴者を増やし、なんとかなるだろうと思いやっていると語った。

動画配信サービスでは過激な内容のバラエティー番組が注目を集めた。藤田晋は「自社の若手の社員もテレビを見なくなっているがAmazonプライムビデオの番組の話をしている。それはテレビの人も危機感を持ったほうがいい。」とコメントした。ヒャダインはネット配信サービスに対し「よしもとの大御所が配信サービスに参入してきたのもあって面白いしいい流れだ。」とコメントした。竹山は「今後ネット配信でもクレームをつけられ規制がかかるのでは?」とコメント。藤田晋は「クレームを言う人がテレビだけではなくスポンサーに行くようになったのがきつい。そのことを考えるとスポンサー頼りのテレビは限界。」とコメントした。

地上波バラエティーに対し伊藤隆行は挑んで挑めないこともない領域は結構あるとコメント。千原ジュニアはドラマをこの間撮ったが、違法の闇金の金貸しなのにノックの回数でコンプライアンスに引っかかると言われたとコメントした。竹山は「100%は嫌わないので嫌われてもいい。誰に対してテレビを作るのかなどをもう一回考えるべき。」と語った。

キーワード
2016年 人気バラエティーランキング
2017年 人気バラエティーランキング
日本テレビ
鶴瓶の家族に乾杯
Youは何しに日本へ?
ホンマでっか!?TV
水曜日のダウンタウン
アメトーーク!
マツコの知らない世界
ザ!鉄腕!DASH
月曜から夜ふかし
ブラタモリ
世界の果てまでイッテQ!
緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦
テレビ東京
大河ドラマ おんな城主 直虎
古立善之
出川哲朗
出川哲朗の充電させてもらえませんか?
藤井健太郎
ユーチューブ
千原ジュニアの田舎でみやげ話を探す話
人志松本のすべらない話
にけつッ!
フジテレビ
めちゃ×2イケてるッ!
とんねるずのみなさんのおかげでした
72時間ホンネテレビ
稲垣吾郎
草なぎ剛
香取慎吾
ツイッター
Amazonプライム・ビデオ
HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル
今田×東野のカリギュラ
The Bachelor
戦闘車
今田耕司
東野幸治
ダウンタウン
亀田興毅に勝ったら1000万円
亀田興毅

エンディング (その他)
00:10~

2018年テレビに期待することにテリー伊藤は清宮と大谷に頑張って欲しいとコメント。ヒャダインはネットテレビもテレビを作っている人が作っているので全てをダメにしないように地上波を力入れたほうがいいとコメント。伊藤隆行「素直に面白いは面白いと伝えていったほうが日本人にはいいに決まっている。」とコメントした。

  1. 前回の放送
  2. 1月2日 放送