ニュースハイライト 2013

この1年間に起きたニュースを総まとめで紹介する番組。毎年12月下旬(以前は12月30日だったが、ここ数年はその前後に行われる機会が多い)、NHK総合テレビ・ラジオ第1で放送。概ね90分(19時半 - 21時)。総合テレビはNHKニュース7平日の司会者が平年担当することが多い。ゲストの出演は殆どなく、ニュース7の司会者がその年のニュースについて淡々と映像を交えながら振り返るものである。ただし、2016年以降は放送されていない。ラジオでは毎回有識者・芸能人数名をゲストパネラーに迎えての座談会形式を取っている。2010年はテレビ・ラジオとも12月28日放送であり、ラジオ版は私も一言!夕方ニュース(通常17時から19時)をメインのベースとした過去最長の6時間特番「私も一言!!ニュース2010」として23時まで放送された。2016年を最後に放送が途絶えている。JRN加盟ネット局で放送されたニュース番組。本項で詳述。ニュースハイライトは、1963年?から1993年まで、TBSラジオ(当時は東京放送が運営)をキーステーションとしてJRN加盟各局(大阪は1975年3月まで朝日放送→同年4月以降毎日放送)にネットワークして放送された夕方のラジオニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年12月28日(土) 8:15~ 9:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

“2013年あなたが一番心に残ったニュースは?”ニュースハイライト2013

2020年東京オリンピック・パラリンピック (ニュース)
08:15~

この1年の出来事を振り返り未来へ向かってどう進むのか探りたいと武田アナ守本アナがコメントした。

2020年東京五輪パラリンピック開催決定までの道のりを振り返り、竹田恒和理事長や滝川クリステルさんのプレゼンテーションの様子や開催決定の瞬間の様子、桐生祥秀選手のインタビューなどが流れる。

松村アナが東京五輪パラリンピックのメイン会場として建て替えられる国立競技場から中継で49年前に行われた東京五輪を振り返り、東京五輪招致の最終プレゼンテーションでプレゼンターを務めた佐藤真海さんをゲストに迎える。松村アナに東京五輪パラリンピック開催が決定した2013年どんな1年だったかたずねられると佐藤さんは「一言では語れないが今までにない喜びを感じた最高の1年」と答えた。

スタジオには、招致委員専属カメラマンの竹見脩吾さんが撮影した、 開催都市が発表される直前の招致委員の写真やプレゼンテーションの練習に挑む佐藤さんの写真が飾られる。

招致活動の舞台裏を、非公開で行われたプレゼンテーションの練習時から開催決定の瞬間まで、写真で振り返る。撮影した竹見脩吾さんは“日本人の絆の強さが今回の結果を生んだのではないか”と振り返った。

視聴者の方から届いているメールをスタジオの守本アナが紹介した。“招致は良かったが復興が進んでない状態では手放しで喜べない”というメールを受けて、竹田アナが国立競技場の佐藤真海さんに東京五輪パラリンピックを開く意味をどう考えてきたか問うと、佐藤さんは“2020年に向けてみんなでエネルギーを結集していく中で復興も一緒に進んでいくのではないかと考えた”と話し、竹田アナは”スポーツに救われたとプレゼンテーションで発言したがそのことを今度は日本全体でということですね”とまとめた。

キーワード
武田真一
守本奈実
竹田恒和理事長
滝川クリステルさん
桐生祥秀選手
松村正代
佐藤真海さん
竹見脩吾さん
竹見脩吾
太田雄貴選手

世界が注目 JAPAN (ニュース)
08:29~

宇宙飛行士の若田光一さんが日本人で初となる国際宇宙ステーションの船長を務める。若田さんは「全員のちからを最大限に引き出せるような舵取りをしていくことが大切。ハーモニーを大切にしてコミュニケーションをきちんととってミッションを進めていきたい」と話した。

今年公開された宮崎駿監督の作品「風立ちぬ」は世界的に高い評価を受けた。宮崎駿監督は9月に引退を表明した。引退会見で宮崎駿監督は「子どもたちにこの世は生きるに値するんだということを伝えるのが自分達の仕事の根幹になければいけないと思ってきた。それは今もかわっていない」と語った。

上原浩治投手が大リーグで活躍し、日本人選手で初めてワールドシリーズの胴上げ投手となった。

体操の世界選手権で17歳の白井健三選手が日本選手で史上最年少の金メダルを獲得した。新技の名前は「シライ」と名付けられた。

サッカー日本代表は世界最速でワールドカップ出場を決めた。

今年6月、富士山が世界遺産に登録されジェットマンも空から祝福した。観光客は「とても美しい。富士山は世界中の人がしっているわ」などと話した。

キーワード
若田光一
国際宇宙ステーション
宮崎駿監督
風立ちぬ
上原浩治投手
大リーグ
ワールドシリーズ
白井健三選手
シライ
世界選手権
ワールドカップ
サッカー
世界遺産
ジェットマン
富士山

日本経済の一年 (ニュース)
08:32~

安倍首相のアベノミクスにより日本経済には明るさが見えてきた。経済再生のカギは金融政策、財政政策、成長戦略という三本の矢。目指したのはデフレからの脱却。タッグを組んだのは日銀の黒田総裁。日銀は異次元の金融緩和で潤沢な資金を供給し、市場は大きく円安に転じた。5月には約4年ぶりとなる1ドル100円台となり、円安と共に株価も上昇。今月約6年ぶりに16,000円台を回復した。

アベノMIXという曲が出てきたり、投資熱が高まりセミナーが活況だったりの状況が起こっている。また、円安がすすんだことで輸出産業を中心に業績が回復する企業も出てきた。トヨタ自動車の豊田章男社長は「スタートラインに立てた。やっと前を向いていける」、日産自動車のカルロス・ゴーン社長は「アベノミクスで日本は世界の中心に戻った」などと話した。個人消費も回復基調にある。

10月1日首相官邸で安倍首相は来年4月からの消費税率引き上げを表明した。安倍首相は「現行の5パーセントから8パーセントに引き上げる決断をした」と話した。消費税率引き上げによる落ち込みを下支えする目的で5兆円規模の経済対策を打ち出し、企業業績の改善を賃上げに反映させるよう異例の要請をおこなった。

中小企業にも明るい兆しが出てきている。大田区の金型工場では自動車関連の受注が増え冬のボーナスは平均で8パーセントアップした。 一方、愛知県豊田市などの地方の中小企業からは景気回復はまだ感じられないという声も上がっている。原材料価格が円安で高騰しており、機械を動かすための潤滑油は約10パーセント値上がっている。こうした要因で従業員の賃金を引きあげる余裕がない。愛豊鍛造の竹内正次社長は「給料もあげたいのが本当の気持ち。中小企業にも恩恵がある政策をとってほしい」などと話した。

7月の参議院選挙では3年ぶりに衆参のねじれが解消。そんな中、安倍首相が打ち出したのは“決める政治”。安倍首相は集団的自衛権の行使容認を巡り政府の有識者懇談会で議論再開し、国家安全保障会議を発足。その背景にあるのは沖縄尖閣諸島問題。中国の領海侵入は今年合わせて53日にのぼり、広い範囲に防空識別圏を設定され中国側の指示に従うように要求された。

12月の党首討論で大きな焦点になったのは「特定秘密保護法案」。政府は各国と情報交換をする為、外交や防衛などの分野で秘密漏えいを防ぐための法整備が必要だと主張。一方野党は秘密の範囲や知る権利が侵害されるのではないかと問題点を指摘。政府与党は日本維新の会・みんなの党と修正協議を行い合意したが、国民の間でも賛否の声があがっていた。しかし、自民公明の賛成多数で成立した。

政権発足から1年が立ち、安倍首相は靖国神社を参拝。現職首相の靖国参拝は7年ぶりだった。

視聴者から寄せられた意見を紹介した。

キーワード
アベノミクス
三本の矢
デフレ
黒田総裁
安倍首相
アベノ☆MIX
トヨタ自動車
豊田章男社長
日産自動車
カルロス・ゴーン社長
首相官邸
消費税
豊田市(愛知)
大田区(東京)
山口代表
秦剛報道官
防空識別圏
菅官房長官
尖閣諸島問題
日本維新の会
特定秘密保護法案
海江田代表
民主党

相次いだ異常気象 (ニュース)
08:46~

9月に埼玉・越谷や栃木・矢板などで相次いで発生した竜巻。猛威を捉えた動画などが、各地の視聴者から多数寄せられた。竜巻の被害者は「家の中にいても飛んでくる物が刺さる」「風と砂が回っている感じで怖かった」と話した。他にも大雨で浸水した京都・嵐山、伊豆大島では台風による大規模な土砂災害など、自然災害が相次いだ今年。強い太平洋高気圧が異常気象の大きな要因となっている。

今年、熱中症で搬送された人は最多の5万9,000人余。山梨・甲府市では過去最高の40.7度、高知・四万十市では41度を記録。国内最高気温を6年ぶりに更新する猛暑となった。太平洋高気圧が日本列島を覆ったのが異常気象の原因で、気象庁異常気象分析検討会の東京大学・木本昌秀教授は異常気象と断言した。福井・小浜市では初の特別警報が発表。京都・嵐山は浸水被害に見舞われた。伊豆大島では大規模な土砂災害が発生。36人死亡、行方不明3人となっている。

台風30号が上陸したフィリピンでは6,000人超が死亡、約2,000人が行方不明になっている。大津波のように押し寄せる高潮は最高7mに達し、家屋などを次々と破壊した。壊滅した沿岸部の町はがれきが残されたままになっている。今でも400万人超が避難生活を余儀なくされている。気象庁異常気象分析検討会の東京大学教授は「今後地球温暖化が進むと、同規模の台風が日本に上陸するおそれがある」と警告する。

キーワード
越谷市(埼玉)
矢板市(栃木)
嵐山(京都)
伊豆大島(東京)
竜巻
大雨
台風
太平洋高気圧
四万十市(高知)
甲府市(山梨)
小浜市(福井)
猛暑
土砂災害
東京大学
浸水
特別警報
木本昌秀教授
台風30号
フィリピン
大津波
高潮
地球温暖化

この1年 世界で 日本で (ニュース)
08:54~

横浜市緑区の踏切で、男性を助けた女性が電車にはねられ犠牲になった。女性の父は「(行ったら)だめだと言ったが、助けなきゃと言って一目散に行った」と話した。女性の勇気ある行動は多くの人の心に響いた。

激しい内戦が続くシリア。これまでの死者は12万人、難民は約233万人にのぼっている。レバノン東部にある難民キャンプには寒波が押し寄せ、避難生活に厳しさを増している。

バナメイエビを芝エビと表記するなど、デパートやホテルなどでメニューの偽装表示が相次いだ。

京都・福知山市の花火大会会場で起きた爆発事故では3人が死亡、55人が重軽傷を負った。露店店主がガソリンのキャップを開けたことが事故につながったとして、業務上過失致死傷罪で起訴された。

2月、ロシアに巨大隕石が落下した。落下の衝撃によるけが人は約1,500人となった。

中国・北京では、今年1月からPM2.5の濃度が高い状態が続いている。2月には福岡市が、大気中の濃度が国の環境基準を超えたと発表。初の予報を出した。

ことし1月、アルジェリアの天然ガス施設でイスラム武装勢力による人質拘束事件が発生。日本企業の関係者10人を含む40人が死亡した。海外で働く日本人がテロの脅威に晒された事件だった。

キーワード
横浜市緑区(神奈川)
シリア
レバノン
難民キャンプ
内戦
バナメイエビ
芝エビ
福知山市(京都)
花火大会
業務上過失致死傷罪
隕石
ロシア
北京(中国)
福岡市(福岡)
PM2.5
アルジェリア
人質拘束事件
イスラム武装勢力
テロ

記憶をのこして~亡くなられた方々~ (ニュース)
08:58~

ことし亡くなられた方々を振り返った。アンパンマンシリーズを生み出したやなせたかしさん、亡くなる3日前に新曲を収録した演歌歌手の島倉千代子さん、巨人の監督として日本シリーズ9連覇を達成した川上哲治さん、史上最多32回の優勝を誇る元横綱大鵬の納谷幸喜さん、人種隔離政策を撤廃し南アフリカ初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ元大統領ら の生前のVTRが流れた。

キーワード
やなせたかしさん
島倉千代子さん
川上哲治さん
納谷幸喜さん
ネルソン・マンデラ元大統領

福島第一原発・被災地の今 (ニュース)
09:01~

視聴者から寄せられた意見を紹介した。

佐藤真海は楽天優勝の瞬間に立ち会った。「元気を発信していく時期になったんだなと感じた」などと話した。また、7年後にやってくるソチ五輪やパラリンピックに対し、「一人1人の個性を尊重しあう、本当の意味でおもてなしのある社会になっていくと良いなと思います。」などと話した。

被災地に一番の勇気を呼んだのは、楽天優勝。被災地を元気づけるため、子どもたちの夢の為、選手たちは優勝を掴んだ。

震災から間もなく3年。宮城・宮古で花見かきの出荷が再開するなど、各地で復興に向けた動きが進んでいる。

連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県沿岸の被災地には多くの人が訪れ、「じぇじぇじぇ」は新語・流行語大賞にもなり、釜石には中学生からの手紙がキッカケでファッションビルが夏休みの3日間限定オープンした。

10月末にがれき処理が約90%終了したが、11月末の段階で仮設住宅では未だ20万人以上が生活している。そんな中、震災遺構を保存するか解体するかの議論が続いてきた。南三陸町の防災対策庁舎では、最後まで津波の調査をし非難を呼びかけていた職員が亡くなっている。その母遠藤美恵子さんは、「建物を見るのは辛いが、なくなってしまうと娘に対して今までのように何か言いたいときになくなる寂しさがある」などと話した。

9月、町は防災対策庁舎を解体する方針を決めた。美恵子さんは、焦燥感を日記に綴った。そして、娘が好きだった景色が見える場所に小さな民宿を建てる準備を始めた。

武田キャスターは「“今が一番辛い”と、仮設住宅で出会った方々はこの言葉を一番多く口にした」などと話した。

武田キャスターが福島第一原発を訪れた。現在、1号機の建屋に流れ込む地下水が新たな汚染水となっている。東京電力はこうした汚染水の海への流出を押さえる対策を始めたが、今も流出は続いていると見られる。9月に政府はこれまでの方針を大きく転換。汚染水対策として、地下水が流れこむのを防ぐため、原子炉建屋を囲むように地盤を凍らせ壁を作る計画を立てた。

飯舘村など避難区域一部では除染作業が続いているが、来年3月未までに終える目標を立てていたが、大幅に遅れている。原発事故後で非難を続ける人たちは、先が見えないという現状に苦悩を深めていた。

早く故郷に帰りたいという人がいる反面、自宅に帰らないことを決めた人もいた。柴田さんは子どもを育てる為に避難生活を続け仮設住宅に住んでいたが、子どもと親の為に一つ屋根の下で暮らしたいと、中古の家を買うことを決意したという。

キーワード
楽天
東日本大震災
ソチ五輪
パラリンピック
嶋基宏選手
仙台(宮崎)
田中将大投手
日本シリーズ
星野仙一監督
広野町(福島)
宮古(宮城)
花見かき
釜石(岩手)
あまちゃん
新語・流行語大賞
打越佳奈さん
南三陸町(宮城)
震災遺構
気仙沼(宮城)
防災対策庁舎
佐藤仁町長
東日本大震
安倍首相
汚染水
東京電力
飯舘村(福島)
除染

エンディング (その他)
09:24~

エンディングトーク。ゲストの佐藤真海さんは「アスリートとして、社会人として、女性としても叶えたい夢はたくさんある。限界を作らずチャレンジを続けたい」と、未来の夢について話した。武田アナは五輪開催都市決定の一方、原発事故や震災からの復興などが改めて問われた1年だったと締めくくった。

東京五輪を目指し、ナショナルトレーニングセンターで練習する選手達のインタビューを伝えた。

キーワード
五輪開催都市決定
復興
原発事故
ナショナルトレーニングセンター
東京五輪
  1. 前回の放送
  2. 12月28日 放送
  3. 次回の放送