今夜も生でさだまさし スペシャル「朝まで生でガンバランバ・東北!」

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年3月26日(土) 23:30~ 3:45
放送局 NHK総合

番組概要

朝まで生でガンバランバ・東北! (バラエティ/情報)
23:30~

さだまさしらが挨拶。今回は気仙沼から放送。普段は12時過ぎに放送しているので早くて居心地が悪いなど話した。

オープニング映像。

さだまさしらが改めて自己紹介。今回は気仙沼市民会館から放送。

名古屋市で誕生日を迎える方からのお便りを紹介。視力検査で女性が見えないで「丸です」と話していたと紹介。また、「マッサン」ファンの友人らが来たので散策していると看板に「しりをきれいにしましょう」と書いてあり、よく見ると「川」が「しり」に見えたなどのお便りを紹介。

大阪から次男が高校卒業後就職したが、休みが週1が取れないなどの状況になっていて、就職2年半頑張ったが退職。今は契約社員として頑張っているというお便りを紹介した。また他にもアルゼンチンにも花見の文化があるや番組を録画して見ているという親子からお便りでハンカチ落としを最近やったなど紹介。

会館には復興祈願を願った松明を毎年贈っているが、一番最初の年には軽トラで運ぶ時はみ出すためランプを付けなければいけないが、それを知らなかったさだまさしはパトカーに止められたなど話した。

ゲストとして糸井重里らが紹介された。

ナオト・インティライミが「together」を披露した。

ゲストのサンドウィッチマンが到着した。また、サンドウィッチマンはDVDをさだまさしにプレゼントした。

毎月見ているという保育士の方からのお便り。番組に出会った頃は友人に合わせてオシャレなど少し背伸びしていた時期で疲れている時に見て、都会での生活で無くしたものを取り戻せた気がするなど紹介。

キーワード
気仙沼(宮城)
マッサン
名古屋市(愛知)
大阪
アルゼンチン
サンドウィッチマン
together

ニュース (ニュース)
00:00~

26日夕方、大阪・八尾市の八尾空港で小型機が墜落し乗っていた男性4人が死亡した。八尾空港事務局の空港長は機長の名前は「Y・NISHIMOTO」だと話した。目撃した人は立て直す前にまっすぐ頭から落ちたと話した。国土交通省によると墜落した小型機は「ムーニー式 M20C」で午後4時3分に神戸空港を離陸し、着陸をやり直そうとして墜落したとみられる。運輸安全委員会は調査官2人を現地に派遣し原因を調査することを決めた。

脱北者の団体が北朝鮮を避難するビラを飛ばした。韓国の軍事境界線近くに住む人達は「ビラ飛ばしが続けば北朝鮮が銃撃などするおそれ」があるとし不安感を募らせている。

全国の天気予報を伝えた。

キーワード
八尾空港
八尾市(大阪)
ムーニー式M20C
墜落
北朝鮮
韓国

朝まで生でガンバランバ・東北! (バラエティ/情報)
00:05~

今年も水を取りに行った人からのお便りを紹介。あるDVDで一文字変えると父の名前と一緒になるので縁を感じたなど紹介。他にも「東日本大震災」で世界とのつながりを感じたなどのお便りを紹介。

「東日本大震災」の際にはさだまさしらも途方にくれていて、震災時には電源が無くて放送が出来ないと言われてたが急遽放送が決まったなど説明。その時に佐渡裕が電話して涙ぐんでいたなど当時の状況を話す。そして、警察などが誰かのために頑張っていたなど話した。

さだまさしと佐渡裕が気仙沼高等学校を訪問したと紹介。校内には生徒の作品が慣れべていた。そして、吹奏楽部を訪問し、演奏を聞いた。そして、さだまさしらに楽器のお礼を言った。

さだまさしは感激したなど感想を述べ、自身らが贈った楽器がなっているのに少しキュンとしたなど述べた。また、世界に行くと周りから「大丈夫か」など心配してくれたなど話、佐渡裕は「東北の復興がなければ日本の未来はないかもしれない」など話した。

さだまさしと佐渡裕が「雨やどり」を披露した。その後、メッセージボードに佐渡裕がメッセージを書き込んだ。

真面目にテーマはがきを書いてきた方のお便りを紹介。「ダイヤルを回す」、「焼き増しをする」など最近では使われていない言葉を紹介した。また、サッカーの試合を見に行き主人が「ロスタイム」と言うが最近では「アディショナルタイム」であるなど紹介した。

サンドウィッチマンのファンであるという方からのお便りを紹介。お便りには毎年単独ライブを楽しみにしているなど記載されていた。

サンドウィッチマンが漫才を披露した。

サンドウィッチマンとトーク。さだまさしはある番組でサンドウィッチマンは上京後とても苦しんだなど話していたなど紹介。また、伊達についていいところの出で最初は「道を踏み外した」と言われていた事もあるなど話した。また、当時についていろんなアルバイトをしていたなど話し、ブレイクしたきっかけは「M-1」であるなど話す。

また、マギー審司の赤いジャケットは5着あるなど話す。サンドウィッチマンは生さだに来る前別の番組収録で狩野英孝と共演していたと話す。狩野英孝はさだまさしのファンでディナーショーにも来てくれていたとさだまさしが明かした。

今回のホワイトボードの絵は5時間かけて描き上げたと紹介。また、マギー審司が後ほどネタを披露をするなど話した。

熊谷育美と畠山美由紀が合流。2人はご当地出身であり、震災時、熊谷育美はサンドウィッチマンとロケを終えてすぐに被害があったなど話す。当時についてさだまさしは抜け殻になったなど心境を語った。

熊谷育美が「雲の遥か」を披露した。演奏後メッセージボードにメッセージを書いた。

さだまさしは表情で悩んでいるなと思う人がいるが、その一方でとても嬉しそうな顔をした人もいて、それを見てこっちも嬉しくなれるなど話した。

畠山美由紀が「わが美しき故郷よ」を披露した。その後メッセージボードにメッセージを書き込んだ。

渡辺謙さんからのFAXを紹介。渡辺謙さんは現在NYで年内中に生さだに突撃したいなどのメッセージが記載されていた。

言葉についてお便りにて1時55分をアナログ世代は「2時5分前」と言うがデジタル世代は既に数字で表記されてためそう言った言い方をしないという。その内教習所での「~時方向にハンドルを切ってくださいがなくなるかもしれない」など紹介。さだまさしらは回転する時計などで仕事を進めるなど話した。

息子が気仙沼で仕事で働くという方のお便りを紹介。息子が3歳の頃「大きくなったら鮭になる」と突然言い放ち、スイミングスクールに通いたいと話した。スイミングに通ったが水が怖くて「鮭になれない」と落ち込んでいたという。そんな息子は大学は海洋学部で気仙沼の水産加工会社に就職が決まったという。

お便りでMay J.について実は結構な苦労人であるやズボラな性格であるなど紹介された。

さだまさしとMay J.が「北の国から」を披露した。

May J.が「Let It Go~ありのままで~」を披露した。その後メッセージボードにメッセージを書いた。

半死半生語関連のお便り。あるスーパーで新人に対して「帳面に書いといて」と言うと意味が伝わらず、「ノート」ではなく現在は「キャンパス」と呼ぶと紹介。その他にも「ハンサム」で最近では「イケメン」が多いなど話す。また、息子が生さだを見てさだまさしの事を面白いおじさんと認識されているというお便りを紹介。最近では母親が笑っていいることが大事だと思うなど紹介。

高校1年生の方からお便り。年中の5歳の弟は「東日本大震災」当時。まだ首が座っていない状態で必至に守った記憶があるという。そんな高1の方は今年、生さだが毎月ある事に驚いたなど話す。生さだが気仙沼で放送することが決まった時に友人に伝えたが反応がいまいちだったなど紹介。

さだまさしが「Birthday」を披露した。

箭内道彦が壇上に登場。お便りで箭内さんの「福島の誤解を理解に」と提言していのを見て忘れないを思い続けるなど紹介。原発事故は震災の痛みとはまた異なっているとさだまさしらは話す。そして、被爆によっていわれのない差別を受けることがあるなど話す。そして、箭内さんはきちんと知るということが大きな支援に繋がるなど話した。

生さだにトワ・エ・モワが出演おめでとうございますというお便りを紹介。

トワ・エ・モワが「空よ」を披露した。

トワ・エ・モワについてさだまさしは当時からトップランナーであるなど話す。また、過去にはライブに登場した事もあり、さだまさしは晴れ男であると表彰された事があるなど話す。トワ・エ・モワとしては新曲をさだまさしにお願いしたなど紹介。

トワ・エ・モワが「桜紅葉」を披露した。その後、メッセージボードにメッセージを書き込んだ。

毎年の体操を楽しみにしているという方からお便り。過去に友人が体操に参加していたなどという。

「みんなの体操」から西川佳克らが登場。会場で体操を行った。また「第55回 1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭IN」を告知した。

いい感じに汗をかいたなど話をした。長野県からのお便りを紹介。何回も落選していたが今回は当たり、娘はホテルで生視聴をしているなど紹介。次回気仙沼で放送するときは後ろの席も開放するとさだまさしは話した。

ナオト・インティライミのライブ前に行ってきてほしいと観覧募集に応募した人からのお便り。応募した人は今回は落選だったが、ナオト友が増えてナオト・インティライミに感謝の言葉が伝えられた。また、ナオト・インティライミに「日本の良さ」について質問されると「気配り」など話した。

2012年9月の岩手・大船渡でさだまさしとナオトが訪れた時の映像を放映。映像では大船渡にある「ライブハウス フリークス」でのライブ映像が流れた。「ライブハウス フリークス」はかさ上げ工事のため建物は撤去され、仮設商店街で活動している。

会場にはLOWBOWの2人と金野政利がおり、27日の午後には仮設商店街のフリークスにてライブを行うと紹介した。

「東日本大震災」で未だに復興が進んでいない所があるなど書かれたお便りを紹介。日本には50基以上の原発があり、地震大国の日本では同様の被害が出てもおかしくない状況であるなど説明した。また、さだまさしはナオトと飲みに行って歌を作りましょうと提案され曲を作ったなどの話をした。

「きみのとなりに」が披露された。

糸井重里らが壇上に登場。糸井さんは「眠くないぞ」と話すが、さだまさしは「そういうことを時は眠い時」など話した。さらにさだまさしは「こんな時間に歌って、目は霞むし歌詞を間違える」など話した。また、東北ツリーハウス観光協会の斉藤さんはツリーハウスを建てようという企画をしている。この活動について、今まで海ばかりを見ていたが山にも目を向ける機会が出たなど話した。

斉藤さんの奥さんは漫画家でも活動していると説明し、実際に描いたマンガが公開された。

生きることは修行と思っている方からのお便り。きっかけは母親が無理をして自身を産んだなど紹介。さだまさしはお便りを読んで「前世は全く働かなかったのでは」など話した。さらに詩集で感動したものがあるなど話した。

番組3回目の登場となる元ちとせが壇上に登場。さだまさしはトーク中に時々ふっと意識がなくなることがあるなど話した。

元ちとせが「ケ・サラ」を披露した。その後メッセージボードにメッセージを書き込んだ。

震災後に串本町長が宮古市長に必要な物を聞いた際「炊き出し用のお米」と答え、町民に呼びかけ支援をしたなどお便りを紹介した。

前回の放送で介護職の大変さなどをさだまさしが伝え、介護職の人からお便りが届いた。その他、お金を貯めて手紙を出したという子どもからのお便りなどを紹介。

マギー審司がマジックなどをネタを披露した。

マギー審司は番組について「見てても出ても楽しい」と感想を述べ、こんなに「ゆるい番組は初めて」と話す。スタッフから説明を受けた際には「前に席が用意されています。いてもいなくても良い」と言われたなど話す。また、師匠のマギー司郎と仕事をすることが多く打ち合わせは電話でするが練習はしないなど説明。

身内が地震被害にあった方からのお便り。お便りでは地震予知は出来ないと明言する学者もいるがそれは何のための研究をしているのかと疑問に持つなど記載されていた。地震余地についてさだまさしはこれらができれば戦争もなくなるのではなど話した。

若旦那のようなタイプは苦手意識を持っていたが、若旦那のさだまさしへの思いを知って認識が変わったなど紹介し、若い人もさだまさしに興味を持ってくれると嬉しいなど紹介。サングラスをかけている理由について目が白目を向いている時が多いなど話す。また、初めて会った時にさだまさしについて語られたなど話した。

若旦那が「ハル~feat.HiroyaOzaki~」を披露した。その後、メッセージボードにメッセージを書いた。

「NHK仙台放送局」のPRを行う。壇上には仙台で人気のキャラ「やっぺぇ」が登場。「やっぺぇ」は「てれまさむね」のお天気キャスターを勤めている。「やっぺぇ」が誕生したのは東日本大震災から1年後で宮城の人達のやる気など声から生まれたなど説明した。

やっぺぇ体操が行われた。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

さだまさしファンが一向増えないためというお便りを前回貰い、今回は披露すると話した。

さだまさしが「戦友会」を披露した。

妻を亡くし、悲しみに明け暮れているという方からお便りを紹介。さだまさしは交通表記を守っていても事故に合うことがあるなど話す。

壇上にゲストなどらが上がり、「Smile Again」を披露した。

キーワード
東日本大震災
雨やどり
横浜
サンドウィッチマン
M-1
狩野英孝
マギー司郎
雲の遥か
わが美しき故郷よ
渡辺謙さん
NY(アメリカ)
北の国から
Let It Go~ありのままで~
Birthday
原発事故
空よ
桜紅葉
テレビ体操
みんなの体操
ライブハウス フリークス
大船渡(岩手)
きみのとなりに
東北ツリーハウス観光協会
ケ・サラ
福井地震
阪神淡路大震災
ハル~feat.HiroyaOzaki~
てれまさむね
やっぺぇ体操
戦友会
Smile Again
  1. 前回の放送
  2. 3月26日 放送
  3. 次回の放送