今夜も生でさだまさし ああ 津軽海峡・さだ景色

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年2月1日(日) 0:05~ 1:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

今夜は青森放送局から放送。さだまさしと井上和幸は現在の気温は1℃、寒い中集まったギャラリーに感謝を述べ、タイトルコール。

キーワード
NHK青森放送局

ああ 津軽海峡・さだ景色 (バラエティ/情報)
00:07~

青森放送局から生放送。今回の放送で全都道府県制覇となった。井上知幸がお祝いのくす玉割りに失敗すると、さだまさしは「マラソンのスタートにコケた感じ」とツッコミ。さらに「きょうはひどい声ですみません、ライブで盛り上がり過ぎて」と前置きし、「歌はCDでお楽しみください」と謝罪。また、全都道府県制覇を受け、「今後は行ってない放送局特集をやろう」と意気込んだ。

視聴者からのハガキを紹介、毎年2月の第1日曜日は全国的に有名な旧正マッコ市、今年は2月1日、その日は早朝4時から仕事ですと旧正マッコ市について紹介された。放送が終わったらさだまさしさんも是非、マッコ市に来てくださいと書かれていた。一定金額以上購入した際に引けるマッコ箱を見てみたいとトークした。

青森市内のライブ映像を背景に、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」が流れた。

視聴者からのハガキを紹介、生まれて初めて番組へのお便りを書いている65歳です、青森でも太平洋側は由岐が少なく弘前生まれ、弘前育ちの私ももうダメです、雪かきをしない幸せに浸っていますと青森の雪などについて書かれていた。さだまさしが生活に関わる雪かきって体悪くするよねと雪かきについてトークした。

視聴者からのハガキを紹介、青森の思い出といえば食べ物と景色です、青函連絡船が廃止になる直前の昭和63年1月に待ち時間に食べたじゃっぱ汁とイカソーメンの納豆和えを食べ店の人にどこから来たか聞かれたことを覚えていると青森の思い出について書かれていた。さだまさしがじゃっぱ汁について会場の人に聞くなどした。

視聴者からのハガキを紹介、ようこそお越しくださいました、待っていたんですよ、青森を飛び越え北海道には何度も行っているのでさすがはさださん、青森は有名なものがいっぱいあるあるんですよと青森の魅力などについて書かれていた。ハガキに書かれていた鱈の白子の刺し身など土地の食べ物についてトークした。

視聴者からのハガキを紹介、念願の生さだ、放送局から徒歩数分の所に住む自分としては是非観覧したいと応募したが東京に出かける前日の夜でした、せっかくなのでハガキを東京から送ってみますとハガキについて書かれていた。さだまさしが会場でいるのか聞くとハガキを出した方が当選していて来ていた。東京駅から送られてきた証のハガキの消印を紹介した。ハガキを出した本人に次のハガキにいっていいか聞いて次のハガキを紹介。

視聴者からのハガキを紹介、青森といえば温泉、銭湯のようにそこら中に天然温泉があって手頃な料金で入湯でき、また早朝から開いている温泉も多く朝風呂を楽しむ人も多いですと温泉について書かれていた。

視聴者からのハガキを紹介、ここ何年か生さだが入るたびに青森にいつ着てくれるのか母と言い合っていたがお正月の放送で青森の文字があって母と喜んだ、当日は同窓会で関東に居るので次の来青は早めにお願いしますと番組の再来訪について書かれていた。入るというのは放送するという意味があるのと会場に聞くとみんなが頷いた、さだはそういう共通語があるのはいいなとコメントした。

視聴者からのハガキを紹介、寒くなるとおばちゃんの言葉を思い出します、朝学校に行くとき方言で頭にしっかり帽子を被っていくよう言われたなど書かれていた。さだまさしがハガキに書かれていた方言などについてトークした。また方言詩人の高木恭造に憧れていたとエピソードを話した。さだまさしはみんなも津軽の人になったつもりで高木さんの詩を声を出して読むといいと詩を詠み上げ方言詩について解説した。また小説を連載しているときにも高木先生のことを思い出して書き上げることが出来たと話した。

視聴者からのハガキを紹介、私の青森といえば青函連絡船、学生の頃の3時間50分の船旅は近づく北海道の大地と遠ざかる自宅との距離を感じさせる旅情満点の趣があったと連絡船について書かれていた。さだまさしが自身が飛行機に乗るのが嫌な時期があってと青函連絡船についてのエピソードを話した。

視聴者からのハガキを紹介、私が村おこしの演劇に参加している弘前市の鬼沢地区には節分になると普通の掛け声でなく「鬼は内、福は内」と豆をまくと地区独自の伝承や文化について書かれていた。ハガキで紹介された鬼沢のハダカ参りにさださんもぜひ参加してくださいと書かれていたことにさだまさしがとツッコミをいれた。

午前0時42分頃、北陸地方でやや強い地震があった。震源は能登地方で地震による津波の心配はないという。各地の震度を伝えた。地震発生時の輪島の映像。

視聴者からのハガキを紹介、ハガキに見開きで書かれている「さだだ」という方言と絵を紹介、さだまさしがハガキに書かれていた「さだだ」など会場の人たちに方言について聞いた。

石川さゆり「津軽海峡・冬景色」について情景が浮かぶようだとトーク。

視聴者からのハガキを紹介した。傘寿を迎えた母が自分の代わりにさださんのコンサートにいき、それ以来さだのファンになったという。「あの人歌も上手いけど、話しが面白い」という。ある日さだのテレビ番組を見つけ「今夜も生きてさだまさし」と言ったという。

視聴者からのハガキを紹介した。未熟児で生まれた姪体重の話をしていた時、母が円とグラムを間違えて言った。「1370円だったねぇ」と言ったらしい。さだは「どっかで売ったのを買ってきたみたい」と話した。

視聴者からのハガキを紹介した。まほろばのパロディですお風呂場というもの。次に1勝2敗のハガキが紹介され、甥っ子とのやりとりで、誰か可愛い子おるかとの質問に甥っ子が「子どもはみんなかわいいで」と答えたという。

青森放送局の成田りえが登場、弘前市の風物詩を紹介する。弘前市土手町にある市場にある大学いもを紹介。この大学いもは9月から4月までの限定で弘前市の市民には冬の風物詩として人気と解説。大学いも作っている山田修三さんを紹介、山田さんは商売人は目立ってなんぼだと毎日赤一色の服装をしている。山田さんはサービスとしてグラム販売している大学いもを倍くらい入れてくれる。さだも「俺もサービスしすぎて声が出なくなる」とコメント。山田さんが大学いもを作り始めた理由を解説した。

視聴者からのハガキを紹介した。職員室でのインフルエンザの「通学の許可証」と「数学の教科書」を先生が聴き間違えたという。「インフルエンザは今はB型に移りつつあるといい、パンデミックにならないでほしい」とさだが話した。さだの声はインフルエンザでなく、武道館で歌いすぎたからだという。青森でアップルストアに入ったらりんごしかなかく、ハンバーガー屋を紹介されたというエピソードを話した。

山田さんが作る大学いもは他の大学いもと違うと大学いもが登場、試食して感想を述べた。住吉昇が冷めても美味しい芋けんぴのような大学いもとコメント。他の大学いもとは水や砂糖の分量が違い、また山田さん独自の作り方があると話した。今の時期は高校生もゲン担ぎに買いに来るという。今は息子と2人で製造販売していると山田家の写真を紹介した。大学いもは発送はしていないので市場にいって山田さんとの会話を楽しみながら大学いもを味わって下さいとのこと。放送中に起きた地震についてトークした。

視聴者からのハガキを紹介した。ふりかけの話から振分親方となり、さだがものまねした。期間限定のふりかけを夫と初めて使った話しで、先に夫がかけたふりかけは漢方薬だったという。食用に服用する予定の漢方薬をふりかけ見事完食し、気付かなかったという。漢方薬はごぼうみたいな味だったという。

増子と宮川が登場し自己紹介した。あっぷる体操を作り活動してきた、理由は都道府県で平均寿命が最下位の青森、脱短命プロジェクトのためと解説した。老若男女問わず県内で体操を広めてきたと紹介した。さだまさしも参加して元気あっぷる体操を行なった。NHK青森放送局のHPと番組を宣伝した。

視聴者からのハガキを紹介した。本屋に行くと便秘が治るというハガキが多く寄せれれた。探しものをする時の視線の角度が重要らしい。インクとかの匂いもあるのではという。青木まり子現象ではないかともいう。さだは森のなかで便意を催すという。買っていたビーグル犬と山に行き、ビーグル犬の一定の吠え方で狩猟犬と感じたという。

視聴者からのハガキを紹介した。 全回のオオバ金物店の話があったが、主人の苗字が加田(カダ)でクラスメイトにオオバ君がいて、2人が教室でふざけていると先生が「2人揃ってオオバカダ」と怒られ、それから2人セットでオオバカダと呼ばれていたという。息子が2人いるがオオバという苗字の子とクラスメイトになったことはなくちょっと残念だという。鶴瓶の家族に乾杯でオオバさんというディレクターがいて、かなこと名付けられそうになったという。

視聴者からのハガキを紹介、さださん30歳以下の人のためオールスタンディングコンサートするんですねとコンサートについて書かれていた。さだは「コンサートがらっがらだとオモシロイね」と話した。さだはどうせ若者が集まるのならみんなでいろいろな人を応援するきっかけになるコンサートにしたいと話した。

視聴者からのハガキを紹介した。 ボトル1本で300回分のうがいできる薬をお兄ちゃんが1回で300回分うがいしたと間違えて捉えているハガキを紹介した。

視聴者からのハガキを紹介、コンサートで横断幕を設置してチラシを配ることが出来ました、那智勝浦に行くよと温かい言葉をたくさん掛けてもらいましたなど書かれていた。さだは「3月に那智勝浦でまじめにコンサートをやろうと盛り上がっているので私も頑張ろうと想いますね」と話した。

視聴者からのハガキを紹介した。母がグレープ時代からにファンで、2代目さだファンとして、長崎やカウントダウンコンサートなどに連れて行ってもらい感謝しているという。さだにも歌い続けてくれて感謝しているという。まだ結婚はしないが子どもができたら連れて行くという。

視聴者からのハガキを紹介、立川談春からお知らせしたいことがあり筆を取りましたと次回の生さだは京都から、当日にあるNHKの番組について書かれていた。NHK-FMで放送予定の「今日(京)は一日 さだまさし 三昧」を宣伝した。

視聴者からのハガキを紹介、ある日の駆け込み乗車してきた就活生らしい青年、路線図を確認しガラスで髪を整え気合を入れていたが女性車両と教えるべきだったかななど電車について書かれていた。

視聴者からのハガキを紹介、先月の放送でハガキを読まれてから生さだに投稿するのがすっかり楽しくなり日々ネタを探しているなど書かれていた。さだも作詞作曲するときによくある経験だとトークした。

視聴者からのハガキを紹介、前回、東京国際フォーラムで観覧しハガキを読んでもらったと自己紹介し東京国際フォーラムでの生さだについて書かれていた。さだは特徴的な服を来ていた人だとハガキを出した人を覚えていた。

視聴者からのハガキを紹介、さださん青森に来てくれてありがとう、母と2人で東京に旅行したときお上りさん状態でハイテンションでしたと東京に旅行した時の思い出について書かれていた。

視聴者からのハガキを紹介、年末に初詣の帰りに買い忘れたみりんをコンビニに買いに行くと年齢確認ボタンを押すことになり、みりんも年齢確認されることを初めて知ったと書かれていた。年齢確認ボタンについてトークした。

視聴者からのハガキを紹介、2015年が始まり告白したいことがありますと過去の嘘の告白について書かれていた。

視聴者からのハガキを紹介、NHKの放送で元旦にアナウンサーが「あけましておめでとうございます」と言ったことについて書かれていた。さだが会場のNHKの人に言うのか質問しトークした。

過去に番組で紹介した「こだいら」さんと1回飲みたいと話したらハガキがいっぱい来たとハガキを紹介した。またその飲み会をやるならウチでやってくれと居酒屋からも手紙が地図付きで届いた。さだは「もし飲み会が実現するときはハガキの人たちみんなに声をかけましょう」と話した。ゆるキャラなども届いていたと紹介できなかったハガキを簡単に紹介した。

視聴者からのハガキを紹介、埼玉県の外科医をして勤務しいています、3年前から国境なき医師団として活動してるがさださんの歌に支えられて活動しているなど書かれていた。さだが「ひとつの歌がその人の人生に影響を与えるというのは責任を感じる」とコメント。さだが声の調子が悪いことを謝罪した。

キーワード
旧正マッコ市
津軽海峡冬景色
石川さゆり
じゃっぱ汁
青函連絡船
高木恭造
津軽弁
裸祭り
輪島市(石川)
能登町(石川)
青森市(青森県)
津軽海峡・冬景色
山田修三
弘前中央食品市場
森放送局
インフルエンザ
パンデミック
アップルストア
りんご
大学いも
振分親方
あっぷるワイド
NHK青森放送局 HP
青木まり子現象
ビーグル犬
あっぷる体操
桜田マコト
青森大学
鶴瓶の家族に乾杯
グレープ
立川談春
国境なき医師
風に立つライオン

エンディング (その他)
01:33~

今夜も生でさだまさしの次回予告。

次回の番組宣伝。番組HPのURLとハガキのあて先を紹介、募集した。出演者が挨拶して終了。

キーワード
今夜も生でさだまさし
  1. 前回の放送
  2. 2月1日 放送
  3. 次回の放送