今夜も生でさだまさし 「〜南国宮崎てげてげナイト〜」

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月25日(日) 0:35~ 2:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:35~

久方ぶりに傘を差した状態からのスタート。NHK宮崎放送局のエントランスに集まってくれた人々とタイトルコールを行った。

オープニング映像。

キーワード
地震
鶴岡市(山形)
NHK新潟放送局
NHK宮崎放送局

今夜も生でさだまさし (バラエティ/情報)
00:36~

さだまさしら出演者が挨拶。今回はNHK宮崎放送局の第一スタジオから生放送。

さだまさしは結納の席で義父が歌ってくれた歌が思い出に残っているという女性からのお便りを紹介。女性の旦那さんにとっても重要な歌だったが、4年前に旅立たれたという。当番組のファンだという宮崎出身の大学生からのお便りは地鶏や冷や汁が好きだといい、さだは好きな宮崎グルメに「金柑」を挙げた。マンゴーや養殖キャビア、宮崎牛も捨てがたいという。また、男性はアミュプラザが宮崎にできることに期待を寄せていた。さだは「宮崎には宮崎の良さがある。それを誇りに思っていきましょうよ」などと語った。また、さだは転校エピソードが綴られた手紙から自身の経験を思い出していた。この手紙には学生時代、女子生徒はスカートの上に作業着を着ていたという慣習があり、驚いたさだは観覧客に学生時代はどうだったかと尋ねていた。

続いてのお便りには熱々のご飯に削りたての鰹節を乗せ、醤油をかけるというのが定番の朝ごはんだったと記され、井上知幸は投稿内容から所在地を予想した。さだは熊本から宮崎までレンタカーで移動した思い出を話した。また、上記の思い出の料理からさだはうまい一品にからすみを挙げ、どのくらいの厚さにするか、どのように食べるかなどで盛り上がった。さらに他局の24時間テレビとどっちを見ているか分からなくしてやろうと悪戯心からサライを流し、視聴率をかすめ取ることを目標にした。

夏の全国高校野球、各地の訛りについてトークしたさだまさしはエクアドルの公開収録に出演してくれた大使の細君からの手紙を紹介。近況などが記され、大使はルーマニアに転任し、現地では低価格だが良質なワイン、ヒマワリなどが魅力だという。その他、小説家としてのさだを応援していると綴られた手紙などを紹介し、さだらは歩きスマホについてトーク。横断歩道を渡っている時には画面から目を離して安全確認するべきと訴えた。9歳の女の子からのお手紙は永瀬廉とさだまさしが好きと綴られ、さだは「面食いだな」と語った。小学6年生の投稿者は敬老の日に父のお祝いとして須賀芸術劇場でコンサートをしてほしいという内容だった。さだは「11月3日に横須賀芸術劇場に行きます」と語った。10歳以下の子どもたちからのお手紙は「まほろば」という曲の意味を教えて貰いたいなどの内容で、さだは「まほろばから入る6歳児には驚かされた」と吐露。

さだまさしは宮崎県にて、7人の高校生たちと対談。警察官を志望する190cm以上の高校生や、お笑い芸人、能楽師になりたいとすでに進路を決めていた人もいた。家族の背中を見て、同じ職種を目指す方、宮崎県に貢献したいという生徒もいた。さだは能楽師を志望する女子生徒について、若いのに着物を着た状態で美しい所作をしていて、驚かされたという。対談でいじめについて俎上に上がると、ある女子生徒は辛い経験を話した。行きたくなければ行かなくてもいいと両親、教師に支えられて乗り越えられたという。さだは「親御さんとの付き合い方でその子の人生がかわってくる。ちゃんと会話しなければと思った」と話した。そして、出身県に貢献したいと話していた生徒が県知事になるまで、さだは見届けたいという。

宮崎放送局のディレクターで、さだと同じスワローズファンの川越真菜美さん、広報担当の土井迫藍さんがサーフスポットを紹介。木崎浜では9月から「ISAFワールドサーフィンゲームス」が開催される。東京五輪の代表選考会でもあり、五十嵐カノアも出場する。宮崎で熱いサーフィンの魅力、疑問にお答えする「そうだ、波に乗ろう! ~サーフィン天国 MIYAZAKI~ 」、宮崎発の地域ドラマ「ひなたの佐和ちゃん、波に乗る! 」の番組宣伝。

「サライ」で仕切り直したところで、「この世界の片隅に」の特集。NHKスペシャル、クローズアップ現代などで放送されたように、戦時中の生活についてのお便りを番組で紹介。空襲が迫るなか、祖母は家族のために食べさせてあげたいと生命をとしてアサリを取っていたという。この投稿は「NHKスペシャル」のホームページでイラスト付きで掲載されている。焼夷弾の破片を屋根として代用するなど戦後をたくましく生き抜いた女性のエピソードも紹介。さだは戦地に派遣された父親のエピソードを話し、敵国の兵士を監視しながらあだ名をつけ、戦闘毎に無事かどうか確認していたという。

戦時下でも学校に香水を持参していたというエピソードから、戦争にも青春はそこにあったと実感したというお便りなどを紹介。さだは長崎市長による平和記念式典でのスピーチが印象に残っていて、「1人1人の力を結集すれば大きなことができると思う。ただ、だれが旗を振るかで変わってしまう」と話した。

次回の熱血!生さだ学園の参加高校生を募集。舞台は滋賀県で、28日17時30分に信楽産業展示館まで。今、抱える悩み、伝えたいことがあれば、ご応募を。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

さだまさしコンサートの次回予告。

さだまさしは「茅蜩」を披露した。

さだまさしは言葉のイントネーションやアクセントが気になっていて、緊急ニュースなどに備えて待機していたNHKのアナウンサーに確認。その後、お便りを紹介しようとしたところで、24時間テレビがCMに入ったため、「サライ」が流れた。次に紹介したお便りは「勤務する会社のパート長の名前を唱えると紛失したものが見つかるようになった」という内容で、成功率は99%。探すことに手間をかけるなら、買い直した方がいいという昨今の風潮に逆行するお便りだった。さだはファンクラブ用のホームページで読んだ本、音楽などについてコラムを掲載しているが、スタッフがさだの姿を追ったコーナーができていたと打ち明けた。気がつけば背後に立ち、動画などを撮影して勝手に投稿しているという。

恋情を表現する言葉が多く存在する日本語の魅力について語ったさだまさしは広島の灯篭流しを描いたおハガキを紹介。最後のお便りはがんと戦う69歳の母親が8月に開かれるさだのコンサートを楽しみにしているというもので、さだはエールを送った。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

キーワード
NHK宮崎放送局
真名井の滝
金柑
宮崎牛
アミュプラザ
からすみ
サライ
夏の全国高校野球
エクアドル
ルーマニア
永瀬廉
横須賀芸術劇場
まほろば
いじめ
スワローズ
宮崎放送局
木崎浜
ISAFワールドサーフィンゲームス
五十嵐カノア
この世界の片隅に
クローズアップ現代+
NHKスペシャル
信楽産業展示館
今夜も生でさだまさし
茅蜩
インスタグラム

エンディング (その他)
02:04~

「サライ」が流れるなか、番組はエンディングを迎えた。

キーワード
サライ
  1. 前回の放送
  2. 8月25日 放送
  3. 次回の放送