今夜も生でさだまさし 「〜まさしA型ここは新潟〜」

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月23日(日) 0:35~ 2:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:35~

オープニング映像。

ゲストの小林幸子を迎え、さだまさしらが挨拶。さだは地震で強い揺れに見舞われたことに言及すると、小林は「山形・鶴岡市のホテルで滞在していて、本当に怖かった」と明かした。さだは今後も余震に注意していただきたいと呼びかけ、タイトルコール。

キーワード
地震
鶴岡市(山形)
NHK新潟放送局

今夜も生でさだまさし 〜まさしA型ここは新潟〜 (バラエティ/情報)
00:37~

ゲストの小林幸子を迎え、さだまさしらが挨拶。さだは地震で強い揺れに見舞われたことに言及すると、小林は「山形・鶴岡市のホテルで滞在していて、本当に怖かった」と明かした。さだは今後も余震に注意していただきたいと呼びかけ、タイトルコール。

さだまさしら出演者が挨拶。当初はNHK新潟放送局のスタジオではなく、港で収録が行われる予定だったが、先の地震を考慮して変更された。

さだまさしは「バス停から500m先に家があるのに、豪雪のおかげで家の場所が分からなかった」という思い出が綴られたお便りを紹介。今ではスノーダンプとスコップで闘っているという。さだは「高い所に上がって危ないなかでの雪下ろし、軒下を歩いていたら埋まっちゃう、本当に命がけ」と慮った。続いてのお便りの差出人は息子さんと観覧していて、現在、54歳のお母さんは8歳からさだのファンだという。その後のお便りにはさだが出演した「木を植えた男 -緑百年物語-」について記され、さだ曰く、共演した渡辺謙は時間があれば当番組を視聴しているという。笹団子に関する記載もあり、小林幸子が持論を語った。

さだは以前の放送で誰かのハガキを読み始めたのにゲストの方を優先したことをやんわりと批判した手紙を紹介。「ハガキファーストでお願いしたい」といい、さだは「以後、気をつけたいと思います」とコメント。その後、さだは笹団子に関する内容、新潟のお雑煮はいくら入りといったお便りを読み上げ、小林とはミネラル分が豊富な塩引き鮭について語り合った。また、さだは「食わず嫌い王決定戦で負けた時、茄子を生まれて初めて食べたら、美味かった。それ以来、茄子は食べます」と明かした。他にも新潟あるある、「新潟弁では『い』と『え』が逆で、色鉛筆はエロいんぴつになる」といったお便りも紹介し、小林幸子が共感した。長崎出身のさだは雪国に憧れていたという。

さだまさしは収録前日に小林幸子が番組に出演することを聞かされたといい、小林は「会いたかった」と明かした。続いて、さだは運転、中学校時代のクラス会について語り、「盛り上がって、翌日に仕事があったのに養老の滝に行った」と明かした。小林は「そういうところに平気で行っちゃう人、素晴らしい」と称賛。なお、さだは学友からは普通以下の扱いだといい、私物を足蹴にされたらしい。次にさだは6歳の男児からのお便り「食べるのが遅いのでママは困っています。どうすれば早く食べることができますか?」を紹介。さだは「早く食べようかなという思いを懐きつつ、きちんと咀嚼をしなさい。ゆっくり食べると太らないそうです」と助言した。

さだは前回の放送でお伝えした高校生との対談に関する視聴者からのお便りを紹介。今回も収録前に新潟の高校生たちと対談してきたが、応募総数は4人。うち2人は当番組を視聴、さだまさしのファンは1人、親がファンは1人。さだは「やっぱ、粘るもんだね」とコメント。

さだまさしと女子高校生4人の対談の映像をダイジェストで紹介。4人とも別の高校出身だが、さだ曰く、挨拶をした頃には生徒たちはLINEの交換を済ませていたという。また、前回の放送前に対談した鹿児島の高校生からのお便りが番組に寄せられ、さだが紹介した。その上で、さだは「高校を卒業したら、町のおばちゃんになって町内を盛り上げたいと話していた女の子がいた。彼女に今回の女子高校生たちを紹介しますから」と語った。県の垣根を超えた連携に期待したいという。番組では「生さだ学園」の参加高校生を募集中。8月24日にNHK宮崎放送局にて。

NHK新潟放送局の森田茉里恵アナウンサー、赤星貴晃ディレクターが登場し、新潟開港150週年を発表。江戸時代に開港を要求された歴史がある。新潟港をPRするため、クルーズ船が入港した時には杉の木で作られた記念の盾を贈呈している。またに新潟西港からのアクセス情報を紹介。新潟出身の小林幸子も様々な肩書を持ち、新潟の知名度アップに貢献していきたいという。

さだまさしは出演してくれた小林幸子に歌声を披露して欲しいと期待を寄せ、スタジオでは機材をセッティング。小林は「何を歌うの、私?」と尋ねると、さだは「寒椿」と答えるも、雪椿と勘違い。

小林幸子が「雪椿」を披露。

小林幸子は自著を告知。さだまさしからのアドバイスも本の中に書いてあるといい、さだは「読ませていただきます」とコメント。

紹介したおはがきには若き日のさだがタバコを吸っている写真が貼られ、さだは「喫煙者って不幸だよね、税金あんだけ払ってんのに、みんなに煙たがられて」と語りつつ、「麺類の脇で吸われるとツライ」と吐露。続いてのお便りは10連休だったゴールデンウイーク、新婚夫婦がヒッチハイクで旅行したことが綴られ、ロールスロイスに乗せて貰ったり、新聞やテレビ局から取材を受けたという。さだまさし、小林幸子は映画の同時上映に、人に懐くネコについて語り合った。さだはネコについて、「向こうから話しかけてきたら鬱陶しいだろうね。しつこいとはたきたくなる」と語った。

もうすぐで70歳を迎える方は葬式でさだまさしの曲を流したいが、選曲に悩んでいるという。1曲目は「道化師のソネット」だというが、さだは「笑ってよと言われてもね」とツッコミ。投稿者はさだに作曲を依頼していた。

さだまさしは「落日」を披露し、佐渡の夕日について歌った歌と紹介した。

さだまさしが読み上げたお便りには新潟の方に向けた感謝の言葉が記されていた。投稿者の父親は血液のがんを患い、平成22年に旅先の新潟の駅で倒れてしまった。周囲の人や駅職員のおかげで病院に搬送されて事なきを得たが、翌年5月に死去。当番組を通じ、亡父に代わって感謝したいという。また、さだは母親と同級生の方からのお便りを朗読し、「亡き母親も喜んでいると思います」と語った。そして、夫と死別して塞ぎ込んでいたが、ファンであるさだのコンサートに行けたという内容のお手紙、95歳で亡くなった母の書斎にポチ袋を見つけ、曾孫に渡すつもりだったお年玉が納められ、母の心遣いをしみじみと感じたといったお便りを紹介し、8月の放送日を告知した。

キーワード
地震
鶴岡市(山形)
NHK新潟放送局
渡辺謙
木を植えた男 -緑百年物語-
笹団子
大竹しのぶ
お雑煮
茄子
養老の滝
LINE
NHK宮崎放送局
新潟港
新潟西港
雪椿
ラスボスの伝言
ゴールデンウイーク
ロールスロイス
道化師のソネット
落日
防人の詩
母親の日

エンディング (その他)
02:04~

小林幸子の歌声とともにエンディング。

  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送