今夜も生でさだまさし 「〜平成最後のさだ祭り〜」

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月31日(日) 0:05~ 4:02
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

さだまさしは「東日本大震災から8回目、熊本地震からは3度目、西日本豪雨からは初めての桜が咲くこと、平成という時代が終わろうとするなかで、生さだスペシャルを迎えられたことを嬉しく思う」と語った。

さだまさしは「桜ひとり」を披露し、観覧客とともにタイトルコール。

オープニング映像。

キーワード
東日本大震災
熊本地震
西日本豪雨
桜ひとり

今夜も生でさだまさし 〜平成最後のさだ祭り〜 (バラエティ/情報)
00:11~

さだまさしは御年86歳の高木ブーを紹介し、高木はウクレレで「ブルーメモリー」を披露することになった。

高木ブーは「ブルーメモリー」を披露した。

さだまさしは高木ブーがカメハメハ大王の末裔からハワイアンネームを貰っていること、ブルーノート・ハワイでライブをしたことを紹介。そんな高木のご息女は中学生の頃、さだまさしに熱中し、ライブを見に長崎へ父親と二人旅したという。その後、放送作家の井上知幸、音響効果の住吉と座席へ移動。ベトナム・ハノイにいる夏川りみ、ゴックリポーターと中継が結ばれた。後ほど、美しい桜と夏川によるライブをお届けする。

6倍の倍率を勝ち抜いた観覧客たちの前で、さだまさしがお便りを紹介。最初のお便りの投稿者は24歳女性で、スタジオにて観覧していた。明日から医学関係の社会人としてデビューするということで、さだは「体さえ壊さなければどうにかなる」とエールを送った。2通目の方は娘さんと観覧していて、宮城・石巻市で東日本大震災に見舞われた。震災後、さだまさしと鶴瓶、井上が足を運んでくれ、嬉しかったという。3通目の方は匿名希望だったが、スタジオにいた。さだは「匿名希望なのに顔だしていいんだ?」とコメント。女性は仕事をしながら川崎医療福祉大学の大学院に通学していて、さだは卒業歌、学生歌を手がけた他、客員教授を務めていた。

さだは続いてのお便りで、「子供は親の悪いところを思っておいた方がいい」と持論を語り、その方が腹を立たないという。投稿者の女性は42歳で夫は60歳、娘さんは23歳年上の男性に好意を寄せているとか。ここで、ゲストとして渡辺美里が登場。当番組の出演をかねてから希望していたという。さだと渡辺は開幕したばかりのプロ野球について語り合い、さだは「4月2日に国歌独唱とヤクルトの始球式がある」と告知。心配なのはちゃんとした服装で国歌を歌った後、その服装で始球式に臨むことになるのかどうかだという。

渡辺美里は30年来のファンの方からのお便りを紹介。思い出深いのは熊本城でのライブだったという。今回、渡辺はいつかカバーしたかったというさだまさしの曲を歌うことになった。

さだまさしと渡辺美里が「片恋」を披露した。

母親と共にスタジオで観覧していた女性からのお便りを朗読。女性は4月で大学4年生になり、さだは「必ずいい仕事見つけて」とエールを送った。次にさだは新潟中越地震に見舞われた新潟・山古志村での思い出を語り、おはがきを紹介。

キーワード
ブルーメモリー
ブルーノート・ハワイ
NHK放送センター
ハノイ(ベトナム)
東日本大震災
石巻市(宮城)
川崎医療福祉大学
神宮球場
ヤクルトスワローズ
熊本城
片恋
山古志村(新潟)
新潟中越地震

ニュース (ニュース)
00:48~

今月26日、東京・杉並区のアパートで、32歳の保育士の女性が刃物で刺されて殺害された事件で、警察は現場から逃走していた男を殺害容疑で逮捕したことが分かった。男は被害者と同じ職場に勤務していた。警視庁は女性を狙った詳しいいきさつを調べている。

キーワード
杉並区(東京)
警視庁

今夜も生でさだまさし 〜平成最後のさだ祭り〜 (バラエティ/情報)
00:51~

ゲストとして服部隆之氏が登場。服部良一氏を祖父、服部克久氏を父に持ち、さだは「3代とお付き合いさせていただいた」と語り、隆之氏との初対面、アルバムを任せた事などを振り返った。服部家ではこれまで作曲家が多かったが、服部隆之の娘、服部百音氏は演奏家としてのキャリアをスタートさせている。さだ曰く、異彩を放っているという。

服部百音氏がラヴェルの「ツィガーヌ」を披露した。

さだまさしは服部百音氏に作曲を勧めたところ、「人の曲を弾きすぎて、自分のものが出てこない」と言われてしまった。次にさだは服部隆之氏が手がけた大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲の演奏を希望し、演奏後に「これからも2人を宜しくお願いします」と語った。

さだまさしがお便りを紹介しようとしたところ、TV屋?唐沢佐吉こと秋山竜次が登場。唐沢による昔のテレビトークに破顔したさだまさしは「会えて嬉しかった」と話した上で、「押してるんで帰って下さい」とコメント。だが、唐沢はその後もトークを展開したところで、秋山に戻った。さだは観客席に座っていてくれるだけで良かったというが、秋山は唐沢に戻り、「昔だったら電流を流された」とコメント。

南利幸気象予報士が日曜日の全国の天気予報を伝えると、唐沢は「言っときゃ当たる感じのやつじゃぁねぇか」とコメント。さらにサクラの開花予想をオヤジギャグとともにお伝えすると、唐沢は「バブルの時代だったら、蹴飛ばしてやった。俺たちの時代はそれができた時代、今は捕まる」とコメント。

お便り紹介に戻り、さだまさしは早稲田大学さだまさし研究会の元幹事長からのお便りを紹介。同研究会は来年、40周年を迎えるという。続いてのお便りの投稿者はスタジオで観覧し、秋山のファンだった。

半死半生語のコーナーで、さだは「駅の伝言板を見かけなくなった」、「『板の間?』と聴いたら、『フローリング』と言われた」、「クルマの送迎なので置き傘がない」などと綴られたお便りを読み上げた。その中でさだは唐沢に話しを振り、思わず「振っちゃったよ」と吐露。

お孫さんが國學院高等学校に合格したという、お便りを紹介。さだは「偏差値は女は高い。俺たちの頃は男は阿呆だった」と語った。投稿者はお孫さんが中学1年の時、読書感想文の本に「ちゃんぽん食べたかっ!」を勧めたという。続いてのお便りは昨夏にエクアドルで公開収録が行われた際、旦那さんが現地で観覧していたという内容で、夫人はテレビを通して旦那さんの姿を目にしたという。

ベトナムから中継で、夏川りみが前日のイベントに出演した時の写真を紹介。今日はリポーターとハノイ市内を観光したといい、写真もお披露目した。

ベトナム・ハノイから中継で、夏川りみが「涙そうそう」を披露した。

小野文惠キャスターと戸張捷氏は日曜日の夜に放送される「NHKスペシャル」をはじめ、「ガッテン!」、「鶴瓶の家族に乾杯」などオススメの番組を宣伝した。「サンドのお風呂いただきます」には秋山も出演している。

谷本道哉氏は腕立て伏せについて説明し、武田真治らが1分間に渡って実演。最後、谷本氏は「筋肉は裏切らない」と語った。

武田真治は谷本道哉氏が考案した筋トレメニューは初心者から上級者まで効率よくこなせるものとなっていると説明し、さだまさしは「脅迫がいいですよね。あと5秒しかできませんとか」とコメント。武田の他、小林航太氏は弁護士、村雨辰剛氏は日本庭園の庭師を務めている。

鈴木大輔は7月28日に駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で生中継される「1000万人ラジオ体操 みんなの体操祭」を告知し、さだまさしら出演者、観覧客とともにピアノの演奏に合わせてラジオ体操を行った。

さだまさしは親による体罰禁止の法制化を閣議決定したことを綴られた内容のお便りを紹介。投稿者は次女とスタジオに観覧していた。続いては新元号について綴られ、さだは「新元号を予測するって楽しい?」と疑問を呈した。また、体罰の話に戻り、さだは「両親に顔は叩かれたことはないが、学校の先生には叩かれた」と明かし、「暴力はいけないが、法律にする次元のことなのか」と語った。かつては高齢者が体罰を振るう親を諌めていたということで、周囲とともにスクラムを組んで子供を育てていかねばならないという。3枚目は昨年末に膵臓がんで父親を亡くした女性が「膵臓がんは遺伝しやすいですか?」と医師に尋ねたところ、「数%をスーパー銭湯と聞き間違えた」という内容。井上は「純烈が好きなんでしょう」とコメント。

Play.Gooseがパフォーマンス、筋肉体操の出演者らはポージングを披露した。

さだまさしは「筋肉ってあんなに面白かったけ」と語り、Play.Gooseを応援するお便りを読み上げた。投稿者は高校3年生のさだまさしファンでで、落語にもハマっているという。今回、柳家三三が生落語を見せてくれるといい、さだは「将来の人間国宝ですから、今のうち覚えておいて下さい」とコメント。

柳家三三が落語「たけのこ」を披露した。

ゲストの石川さゆりが登場。約47年の歌手生活の中で深夜に歌うのは初めてだといい、

キーワード
山古志村(新潟)
新潟中越地震
服部良一
服部克久
谷村新司
服部百音
モーリス・ラヴェル
ツィガーヌ
真田丸
早稲田大学さだまさし研究会
ちゃんぽん食べたかっ!
エクアドル
JICA
ハノイ(ベトナム)
涙そうそう
イチロー
芸人先生
バリバラ
みんなで筋肉体操
体罰
膵臓がん
純烈
Play.Goose
落語
たけのこ
  1. 前回の放送
  2. 3月31日 放送
  3. 次回の放送